旬どき うまいもの自慢会 みやぎ

第50回【春の集い】を開催しました

こんにちは。企画部の尾形です!先日、旬どきうまいもの自慢会みやぎ~春の集い~を開催致しました。今回で第50回目を数える旬どきイベントは、仙台駅西口から徒歩5分「仙臺居酒屋おはな」様を会場に、有機農業に取り組むボンディファーム様(柴田郡村田町)の旬の野菜をお楽しみ頂きました。

フレンチ出身の料理長が創り出す独創的なお料理はどれも絶品!自然の中で伸び伸び育ったボンディファームの野菜たちの特徴を引き出し、表現頂きました。ご参加された皆さまには「平成」最後の旬どきイベントを「浦霞」とのペアリングでご堪能頂きました。
IMG_5467.jpg

◎日 時 2019年3月16日(土) お昼12時より
◎場 所 「仙臺居酒屋おはな」(仙台市青葉区中央)
◎参加費 6,400円

IMG_5481.jpg

春の集いは社長の佐浦、続いて「仙臺居酒屋おはな」の佐々木店長より挨拶を頂き、「蔵の華純米大吟醸 浦霞」で乾杯して会がスタート!

IMG_5508.jpg

IMG_5497.jpg

【ジャガイモとルッコラのスフレ】×【蔵の華純米大吟醸 浦霞】
クリーミィーなマッシュポテトにはカリカリのグリッシーニが添えられ、ほろ苦さと香りが特徴的なルッコラのスフレは鮮やかなグリーンで春の一品目を飾ります。「蔵の華純米大吟醸 浦霞」と合わせると、野菜の美味しさを大吟醸の甘味が優しく包み込む味わいが感じられるペアリングでした。

IMG_5518.jpg

蔵の華純米大吟醸 浦霞.jpg
「蔵の華純米大吟醸 浦霞」

IMG_5530.jpg

一品目から野菜の美味しさに魅せられ、早速生産者であるボンディファームの鹿股国弘(かのまたくにひろ)さんにお話を伺いました。鹿股さんは村田町で自然環境型循環農法に取り組まれていらっしゃいます。鹿股さんの農業方法は、自然に生えてくる野の草(緑肥)や完全発酵させた鶏の糞を土に混ぜ込み、農薬や化学肥料をいっさい使わずに野菜を育てています。野菜作りにおける「土」は、酒造りにおける「水」と一緒。土の味は野菜に反映されるので、土の味が野菜の味になる。土が良くなければどんなに野菜の生育条件がそろっても野菜は美味しくならないと鹿股さんは言います。そんなボンディファームでは少量多品種生産で年間150種類を越える野菜を作っており、随時30種類程が旬を迎えます。今回の旬どきでは10種類程の野菜が私たちを楽しませてくれました!

【前菜3品】×【純米吟醸生酒 浦霞 春酣
前菜の3品は、ホタルイカとヤーコンの酢味噌和え、白菜のゼリー寄せ、里芋と自家製ベーコンのコンフィ。こちらの前菜ではそれぞれに野菜を使っていますが、白菜、ヤーコン、里芋とも野菜の味や甘味がしっかりと感じられるものでした。素材の良さはもちろん、シェフの野菜の味の引き出し方にも感嘆する素晴らしい前菜でした。IMG_5540.jpg

IMG_5544.jpg

ここで八木橋シェフよりお料理とお酒のペアリングポイントを中心に一言頂きました。前菜、蒸し物、魚料理は春のお酒「純米吟醸生酒 浦霞 春酣」とペアリング。フレッシュ感のある「純米吟醸生酒 浦霞 春酣」は野菜や魚の旨味をよく引き出すことから。そして当会初お披露目の「純米吟醸原酒 浦霞 協会12号酵母仕込み」と合わせたのが桜鱒のグリル。酸味を感じるお酒は塩味のある料理とよく合うことから、も塩をアクセントに使い、酒粕ソースとのバランスが楽しめる一品に仕上げたそう。鴨肉には米の旨味とほどよい酸味のある「特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞」を合わせることで鴨の脂を切り、一緒に食べ合わせた時のハーモニーが互いを引き立てる相性を楽しめるとのこと。そして「純米吟醸 浦霞禅」はどんな料理にも合うオールマイティなお酒なのでそれぞれの料理とのペアリングを試し、楽しんで欲しいとのことでした!シェフに美味しいポイント聞いてお料理とお酒は次々と進みます。

純米吟醸 浦霞禅+C300.jpg
純米吟醸 浦霞禅

【あやめ雪蕪の揚げ出し 桜海老のすり流し】×【純米吟醸生酒 浦霞 春酣
IMG_5550.jpg

【マグロと三色大根のサラダ仕立て生海苔ゼリー】×【純米吟醸生酒 浦霞 春酣
IMG_5567s.jpg

season_harutake_new.jpg

純米吟醸生酒 浦霞 春酣(季節限定)

【桜鱒のグリル】×【純米吟醸原酒 浦霞 協会12号酵母仕込み】
肉厚の桜鱒は皮はパリッとしかしながら身はふっくらジューシーな焼き加減。浦霞の酒粕とクリームチーズを合わせたソースがコクと風味をプラスします。ソースは酒粕の風味とチーズの爽やかな酸味がほのかに感じられ、お酒との調和を促し、お酒がより美味しく感じられる一品でした!
IMG_5573.jpg

CIMG8736300.jpg

【野田鴨の香味蒸し】×【特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞
鴨肉にボンディファームの野菜を合わせ、ホースラディッシュのビネグレットで頂きます。力強い鴨肉ではありますが、味がしっかりと感じられるボンディファームの野菜、酸味がほど良いホースラディッシュのビネグレット、ピンクペッパーが味にアクセントを持たせつつも調和させ、満足感のある一品。「特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞」との相性も抜群に良い味わいでした。

IMG_5593.jpg

junmai_kiippon720.jpg

特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞


【小松菜とシラスのご飯&蛤汁】
IMG_5603.jpg

本日の提供酒
・蔵の華純米大吟醸 浦霞
純米吟醸生酒 浦霞 春酣(季節限定)
純米吟醸 浦霞禅
・純米吟醸原酒 浦霞 協会12号酵母仕込み
特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞
IMG_5583.jpg

イベントに参加アンケートより一部抜粋
・料理、お酒に加えて同席出来た参加者とのつながり、コミュニケーションが最高でした。
・ルッコラやカブ等、説明を受けながら頂くとより一層おいしく感じました。味が濃く、とてもおいしかったです。
・お野菜のおいしさがひきたつ、お酒にもとても合うお料理、最高でした。

IMG_5577.jpg

IMG_5555.jpg

お料理もお酒もとても春らしく、自慢したくなる美味しいひとときでした。次回は新元号の旬どきうまいもの自慢会です!どうぞお楽しみに!!

第50回【春の集い】開催案内

こんにちは。企画部の尾形です。旬どき春の集いをご案内致します!

今回の春の集いは、旬どき第50回目の節目を迎えます。仙台駅西口から徒歩5分「仙臺居酒屋おはな」様を会場に、ボンディファーム様(柴田郡村田町)の旬の野菜をお楽しみ頂きます。また、お酒は旬どき開催50回目を祝して春を彩る「純米吟醸酒生酒 浦霞 春酣」、当会初お披露目する協会12号酵母を使用した「純米吟醸原酒」などのお酒をご堪能頂けます!皆さまのお申込を心よりお待ちしておりますので是非ご応募下さい。

170624_01.jpg

=====
開催日時: 2019年3月16日(土) お昼 12:00~
開催場所:「仙臺居酒屋おはな」 仙台市青葉区中央2-5-1
参 加 費 : 6,400円
定 員 30名様(応募多数の場合は抽選
=====

※応募の当否を3月4日(月)までに連絡致します
応募期間:2月18日(月)~ 2月28日(木)必着
申込み内容: 代表者氏名・住所・電話番号・人数(4名迄)
申込み先: 電話、Eメール、FAXにてお申込み下さい

浦霞醸造元 株式会社佐浦 企画部
 受付TEL 090-5235-3141(平日9時~17時)
 FAX番号 022-362-7895
 Eメール  info@urakasumi.com

※20歳未満の方とのご参加、お車でのご来場はご遠慮下さい。
※座席の都合上、4名様1グループを2名様2グループに分けてご案内させて頂く場合もありますことを予めご了承願います。

過去の開催一覧はこちらをご覧下さい
http://urakasumi.com/blog/cat100122/



旬どき うまいもの自慢会 みやぎ 開催一覧

「旬」の食材を「旬」に食すことは理に適ったこと。
そして数あるアルコール類の中でも「季節感」があるのは日本酒だけではないでしょうか。
この「旬どき・うまいもの自慢会」の主張に賛同する日本全国の蔵元と共に、年に4回(春分、夏至、秋分、冬至)自然の恩恵である「旬」の食とその季節ならではの日本酒を楽しむ集いを開催しています。


旬どき うまいもの自慢会 みやぎ 開催一覧

第1回 【秋の集い】
 平成18年9月23日(土)/塩竈料理 翠松亭(宮城県塩竈市)
第2回 【冬の集い】
 平成18年12月12日(金)/松木かき店直営レストラン 塩釜亭(宮城県塩竈市)
第3回 【春の集い】
 平成19年3月21日(水)/田里津庵(宮城県宮城郡利府町)
第4回 【夏の集い】
 平成19年6月23日(土)/懐石料理 東洋館(宮城県仙台市)
第5回 【秋の集い】
 平成19年9月22日(土)/手料理きくち(宮城県塩竈市)
第6回 【冬の集い】
 平成19年12月22日(土)/旬 牡蠣庵(宮城県松島町)
第7回 【春の集い】
 平成20年3月20日(木)/フランス料理 ル・シエル(宮城県仙台市)
第8回 【夏の集い】
 平成20年6月21日(土)/フランス料理 シェヌー(宮城県塩竈市)
第9回 【秋の集い】
 平成20年9月23日(火)/「手料理きくち」(宮城県塩竈市)
第10回 【冬の集い】
 平成20年12月21日(日)/シーフードレストラン「ボースン」(宮城県塩竈市)
第11回 【春の集い】
 平成21年3月20日(金)/かまど料理「銀兵衛」(宮城県仙台市)
第12回 【夏の集い】
 平成21年6月28日(日)/塩竈料理「翠松亭」(宮城県塩竈市)
第13回 【秋の集い】
 平成21年10月10日(土)/シーフードレストラン「ボースン」(宮城県塩竈市)
第14回 【冬の集い】
 平成21年12月20日(日)/ 「ホテルニュー小松 好風亭」(宮城県松島町)
第15回 【春の集い】
 平成22年3月20日(土)/仙台地物屋「炉だん」(宮城県仙台市)
第16回 【夏の集い】
 平成22年6月19日(土)/懐石料理「東洋館」(宮城県仙台市)
第17回 【秋の集い】
 平成22年9月23日(木・祝)/「和食波奈 仙台店」(宮城県仙台市)
第18回 【冬の集い】
 平成22年12月18日(土)/「田里津庵」(宮城県宮城郡利府町)

 ※東日本大震災の影響で【春の集い】は中止

第19回 【夏の集い】
 平成23年6月25日(土)/「亀喜寿司」(宮城県塩竈市)
第20回 【秋の集い】
 平成23年9月19日(月・祝)/「伊達のいろり焼き 蔵の庄」(宮城県仙台市)
第21回 【冬の集い】
 平成23年12月17日(土)/「田里津庵」(宮城郡利府町)
第22回 【春の集い】
 平成24年3月20日(火・祝)/「仙臺居酒屋 おはな」(宮城県仙台市)
第23回 【夏の集い】
 平成24年6月23日(土)/「仙台地物屋 炉だん」(宮城県仙台市)
第24回 【秋の集い】
 平成24年10月6日(土)/「大黒寿司」(宮城県塩竈市)
第25回 【冬の集い】
 平成24年12月21日(土)/「ございんや 牡蠣庵」(宮城県松島町)
第26回 【春の集い】
 平成25年4月13日(土)/「和食 波奈 定禅寺通店」(宮城県仙台市)
第27回 【夏の集い】
 平成25年6月23日(日)/「塩竈料理 翠松亭」(宮城県塩竈市)
第28回 【秋の集い】
 平成25年9月23日(月・祝)/「伊達のいろり焼 蔵の庄 一番町本店」(宮城県仙台市)
第29回 【冬の集い】
 平成25年12月21日(土)/「ホテル海風土」(宮城県松島町)
第30回 【春の集い】 
 平成26年3月1日(土)/「ございんや 旬 牡蠣庵」(宮城県松島町)
第31回 【夏の集い】
 平成26年7月5日(土)/「亀喜寿司」(宮城県塩竈市) 
第32回 【秋の集い】
 平成26年9月20日(土)/「無垢とうや」(宮城県仙台市) 
第33回 【冬の集い】
 平成26年12月20日(土)/「みやぎ純米酒倶楽部 さなぶり」(宮城県仙台市) 
第34回 【春の集い】
 平成27年3月28日(土)/「和旬彩 あだん」(宮城県仙台市) 
第35回 【夏の集い】
 平成27年7月4日(土)/「和食波奈 仙台店」(宮城県仙台市) 
第36回 【秋の集い】
 平成27年9月26日(土)/「亀喜寿司」(宮城県塩竈市)
第37回 【冬の集い】
 平成27年12月20日(日)/「小松館 好風亭」(宮城県松島町)
第38回 【春の集い】
 平成28年4月2日(土)/「蔵の庄 総本店」(宮城県仙台市)
第39回 【夏の集い】
 平成28年6月19日(日)/「大黒寿司」(宮城県塩竈市)
第40回 【秋の集い】
 平成28年9月24日(土)/「伊達の旬菜 みわ亭」(宮城県仙台市)
第41回 【冬の集い】
 平成28年12月18日(日)/「ございんや 旬 牡蠣庵」(宮城県松島町)
第42回 【春の集い】
 平成29年4月1日(土)/「トラットリア クチーナ オランジェリー」(宮城県仙台市)
第43回 【夏の集い】
 平成29年6月24日(土)/「仙臺居酒屋 おはな」(宮城県仙台市)
第44回 【秋の集い】
 平成29年9月23日(土)/「居酒屋 左五平」(宮城県仙台市)
第45回 【冬の集い】
 平成29年12月23日(土)/「小松館 好風亭」(宮城県松島町)
第46回 【春の集い】
 平成30年3月24日(土)/「蔵の庄 総本店」(宮城県仙台市)
第47回 【夏の集い】
 平成30年6月23日(土)/「和食波奈 仙台店」(宮城県仙台市)
第48回 【秋の集い】
 平成30年9月22日(土)/「古民家 アキウ舎」(宮城県仙台市)
第49回 【冬の集い】
 平成30年12月22日(土)/「ございんや 旬 牡蠣庵」(宮城県松島町)
第50回 【春の集い】
 平成31年3月16日(土)/「仙臺居酒屋おはな」(宮城県仙台市)

第49回【冬の集い】を開催しました


こんにちは。企画課の尾形です。先日「第49回 旬どきうまいもの自慢会 ~冬の集い~」を開催いたしましたので、その様子をご報告致します。


今回の会場は、松島の「ございんや 旬 牡蠣庵」 様。牡蠣が旬を迎えるシーズン(12月~翌年2月)のみ限定営業のお店です。旬の「牡蠣」と「浦霞」のペアリングを堪能して頂きました。

IMG_2667.jpg

 ■日時 2018年12月22日(土) お昼11時45より
 ■場所 「ございんや 旬 牡蠣庵
 ■参加費 6,400円
 ■参加者数 30名様

当日は天気に恵まれ、波穏やかな美しい松島湾を望む絶好のロケーションで会を行うことができました。

IMG_2671.jpg

まずは社長の佐浦、そして「ございんや 旬 牡蠣庵」 渡辺店長からご挨拶を頂き、乾杯にて会は始まりました。

IMG_2674.jpg


乾杯酒は、冬の訪れとともにお届けする宮城県限定の新酒「本醸造しぼりたて 浦霞」(季節限定/宮城県限定)。
フレッシュ感があり、ほど良い吟醸香とやわらかい旨味のある生酒です。
season_nshiboritate720.jpg


乾杯酒「本醸造しぼりたて 浦霞」に合わせてお楽しみ頂いたのは
【前菜】牡蠣と野菜のきらきらマリネと牡蠣のクリームチーズパテ
CIMG8631.jpg 

CIMG8632.jpg
===
ほどよくマリネされた牡蠣はきらきらのジュレと相まり、あっさりとした牡蠣の味わいを感じる一品。一方の牡蠣とクリームチーズのパテは双方クリーミィーで濃厚な強めの旨味がありますが、「本醸造しぼりたて 浦霞」とともに食することですっきりと美味しく頂きました!

続いて【牡蠣アラカルト】生牡蠣の食べ比べ(北海道・浜中産/宮城県・奥松島産/岩手県・山田産)
IMG_3393.jpg
===
牡蠣は産地ごとに大きさ、厚み、クリーミィーさ、風味が異なり、それぞれに味わいが楽しい食べ比べでした。牡蠣は海流やプランクトンの種類など、生育する海の環境によって大きさや味わいが異なります。産地が育てる個性ある牡蠣の食べ比べは、食べて美味しく、学んで面白いひと時となりました。

新鮮な牡蠣の美味しさに舌鼓を打ちつつ、ゲストからのお話。今回のゲストは株式会社和がき代表取締役 阿部年巳さんです。若くして牡蠣生産業の経営者となった阿部さんの理念や経緯、宮城県産の牡蠣生産復活にかける想い、渡仏して感じた牡蠣ビジネスの違いなどをお話頂きました。

IMG_2697.jpg


お話の後、続いてお楽しみ頂いたお酒は、「発泡性純米吟醸酒 浦霞」。こちらのお酒は今回のために特別にご用意したお酒で一般販売しておりません。心地良い発泡感が口の中に拡がる、微発砲性の純米吟醸酒です。焼き牡蠣にも一振りし、風味・味わいをお楽しみ頂きました。

IMG_2722.jpg

3品目のお料理は【殻付き牡蠣の海水焼き】

IMG_2715.jpg

IMG_2720.jpg
===
殻付き牡蠣は膨らんでいる方を下にして炭火で焼き、焼きあがったところでレモンをひと絞り、もしくは発泡性純米吟醸酒 浦霞をさっと回しかけて頂きました。炭火が牡蠣を香ばしく焼きあげ、火を通すことで旨味が凝縮、辛口の微発泡酒が皆さん進んでおりました!落ち着いた炭火でかまぼこを炙り、同じ七輪を囲んで参加者の会話も弾みます。

ここで再度ゲストの阿部さんにご登場頂き、牡蠣の美味しい食べ方を教えて頂きました。牡蠣は酢牡蠣、牡蠣鍋、牡蠣フライと調理方法が幅広く、色々な味のバリエーションで楽しむことが出来る食材ですが、断然おすすめの食べ方は「蒸し焼き牡蠣」だそう。牡蠣は殻付きが新鮮ですが殻を開けるのが難しい、生の牡蠣はちょっと苦手という方にも試して欲しい美味しい牡蠣の食べ方ということでした。


家庭では深めのホットプレートや鍋に殻付のまま牡蠣を入れ、水、もしくは日本酒を振りかけて蓋をします。10-15分程強火で加熱すると旨味の凝縮した美味しい「蒸し焼き牡蠣」が出来上がり!です。新鮮な殻付き牡蠣が手に入った際には是非試してみたいですね!!

お料理4品目は【牡蠣フライ】へと続き、お酒は3種類目「山田錦純米大吟醸 浦霞」です。

j-d-ginjo_yamada.jpg


【牡蠣フライ】牡蠣フライと自家製カクテルソース
IMG_0101.JPG
===
牡蠣フライに添えた自家製カクテルソースは、トマト、ウスターソース、ケチャップ、レモンなどを混ぜ合わせたほどよい酸味のあるソースで牡蠣フライのコク、ほのかな苦味、サクサクとした食感と相性抜群でした。合わせたお酒「山田錦純米大吟醸 浦霞」は熟した果実のような華やかな吟醸香、米の旨味と酸味がほどよく調和した純米大吟醸酒。牡蠣フライの美味しさを増長し、スッキリとした味わいを残してくれる最高のペアリングでした。

5品目【牡蠣プリン】
CIMG8634.jpg
===
牡蠣プリンは、白ワインでじっくりと煮込んだ牡蠣とタマネギをミキサーでペースト状にし、牛乳・生クリームを加えて蒸し、コンソメあんをかけた洋風テイストの蒸し物です。口当たりはとってもなめらかですが余韻にしっかりと牡蠣の風味を感じられる一品です。牡蠣の美味しさを意外な演出で味わうことが出来ました。

6品目【牡蠣のソテー】バルサミコ酢を牡蠣のソテーに絡ませて
IMG_2737.jpg
===
こちらも洋風な味わいの牡蠣料理。バルサミコ酢の酸味がアクセントになったソースは濃厚でコクがあり、牡蠣のほろ苦さとやわらかさがとても美味しい一品でした。添えられたゴボウのチップスは食感良く、噛みしめる程に甘さが加わり、ふくよかな味わいを頂きました。華やかな「山田錦純米大吟醸 浦霞」とうまく味わいが重なり双方を引き立て合うペアリングでした。

最後7品目【牡蠣鍋 仙台味噌仕立て】
IMG_2744.jpg
===
ぷりぷりととした大粒の牡蠣がたくさん入ったひとり鍋は、風味豊かな仙台味噌仕立てで頂きました。濃縮された牡蠣の旨味に合わせて頂くのは「純米辛口 浦霞」のお燗酒。ここまで全6品、色々な調理方法で牡蠣の美味しさを堪能し、お腹もだいぶ満足感を増してきた終盤ではありましたが、お酒も燗酒に切り替わり、お酒もお料理も最後まで楽しみました。

junmai_kara720.jpg
純米辛口 浦霞」は心地よい香りと米の旨み、飲み飽きしない後味のキレのある純米酒です。お燗酒にすると甘い口当たりになり体が温まります。

【牡蠣ご飯】のおにぎりもご用意頂きました。
IMG_2749.jpg

以上でお料理とお酒は終了。最後まで牡蠣づくしの会でした。この会をとても楽しみにご参加頂いた皆さま、ゲストの阿部さん、「ございんや 旬 牡蠣庵」 の皆さま、ありがとうございました。次回「旬どきうまいもの自慢会~春の集い~」は3月下旬の開催を予定しています。「春の集い」もどうぞよろしくお願い致します。


本日の提供酒
IMG_2753.jpg
写真左から
本醸造しぼりたて 浦霞(季節限定/宮城県限定)
山田錦純米大吟醸 浦霞
純米辛口 浦霞
・発泡性純米吟醸酒 浦霞(非売品)


アンケートより一部抜粋
・牡蠣、どれもおいしく頂きました。調理の仕方もバラエティに富んでいて目でも楽しませて頂きました。
・牡蠣を食べ比べる機会はなかなかないため、新鮮だった。産地別に味が異なる驚きがあった。
・景色と味のコラボ最高です。とてもいいお店です!!
・趣味は仲間を集う。素晴らしい方々と同席出来たことに感謝致します。
・カキにまつわるお話、大変面白う御座いました。

IMG_2701.jpg

IMG_2699.jpg

第49回【冬の集い】開催案内


こんにちは、浦霞 企画課の尾形です。

第49回 旬どき うまいもの自慢会 みやぎ 【冬の集い】のご案内を致します。

今回の冬の集いのテーマは「牡蠣」。
ゲストをお迎えして、旬の食材のご紹介をして頂きます。
浦霞のお酒は弊社社長佐浦がご説明しながら、皆様にはお楽しみ頂きます。
たくさんのご応募をお待ちしております!


■日 時 平成30年12月22日(土)お昼 11時45分~

■会 場 「ございんや 旬 牡蠣庵」(宮城県松島町) 
 http://www.matsukama.jp/shop/kakian.html

■参加費 お一人様 6,400円

■定 員 30名様
 応募多数の場合、抽選となります
 応募の当否を12月5日(水)までにご連絡致します

■応募締切 11月30日(金)必着

■申込み内容 代表者氏名・住所・電話番号・人数(4名迄)

■お申込み 電話、Eメール、FAXにてお申込み下さい。

 浦霞醸造元 株式会社佐浦 企画課
  受付TEL 090-5235-3141(平日9時~17時)
  FAX番号 022-362-7895
  Eメール  info@urakasumi.com

※20歳未満の方とのご参加、お車でのご来場はご遠慮下さい。
※座席の都合上、4名様1グループを2名様2グループに分けてご案内させて頂く場合もありますことを予めご了承願います。

140301_01.jpg

161218_17.jpg