旬どき うまいもの自慢会 みやぎ

「塩釜」日本一!の生マグロをご紹介

 皆さん、こんにちは。「旬どき」レポートの第二弾です。
 今回は、浦霞醸造元がある街「塩釜」から生マグロのご紹介です。塩釜にある魚市場は、生マグロの水揚げ日本一を誇ることで有名です。そんな土地柄もあり、1平方?あたりの寿司店の数も日本一とも言われています。マグロが水揚げされる日に市場を取材してきました。

 塩釜の魚市場に水揚げされるマグロは、三陸沖の黒潮にのって日本近海を北上してくるマグロを巻き網や延縄で漁をおこない、捕れたマグロは冷凍しないで冷蔵されたまま塩釜港にとどけられるのが特徴です(沖縄近海で獲れたマグロも水揚げされるそうです!びっくりです!!)。最盛期は初夏から年末にかけてです。11月頃には「三陸ひがしもの」と言われる近海もので特に脂ののったメバチマグロがブランド化されています。
マグロは、魚市場に接岸された漁船からクレーンで吊り上げられ、内臓関係を素早く処理され、広いせり場に並べられせりにかけられます。この日の市場でせりにかけられていたのは、メバチマグロ、キハダマグロ、ホンマグロでした。でも、ホンマグロは数が少ないようです。

 ichiba_ue.jpg   ichiba_seri.jpg

 せり場の活気のある様子をみてください。怖くて声がかけられませんでした(笑)ほんとです!何やら数字を語りあう大きな声が飛び交いながら、たくさん並んでいるマグロの横を「あっ」と言う間に集団が通り過ぎています。次から次へと何かが決まっていっているようです。

「あの?、あれはなんて言っているんですか?」

内容がわからないのでせりをおこなっている集団から離れている人に質問しました。

「あれはよ、(マグロの)キロあたりの値段を言っているんだ。せりで落としたところがシール貼ってっぺ、ほら?」

maguro_ya.jpg maguro_sankaku.jpg


 なるほど!確かにせりの集団が通った後を見ると「や」だの「せ」だの、記号のようなものが書かれた四角いシールがペタペタと貼ってあるじゃないですか?
せりをおこなっている集団の流れが早くて気づきませんでした。

maguro_nagare.jpg maguro_3hon.jpg
 日本人が好きなマグロの身は美味しいだけでなく、血中コレステロール値を下げる働きのEPA(エイコサペンタエン酸)があったり、有名なところではマグロの目の裏にあるDHA(ドコヘキサエン酸)は、脳の活性を高めることなど健康に良い面があることもよく知られています。
 塩釜のお寿司屋さんでは、生マグロや周辺で獲れた魚をネタにした美味しいお寿司が食べられることはもちろんですが、マグロのかま焼きなども食べられたりするところもあります。
「是非、皆さんも塩釜にお越しの際は「生マグロ」をご賞味下さい。それでは、第三弾をお楽しみに!!」

ということで今回は終わりにしようと考えてました。・・・が、あるところから珍しいものが食べられることを聞き「それ」に興味を持ってしまいました。
「それ」とは、「マグロの白子」です。タラの白子なら聞いたことあるけどマグロ!?
市場でも内臓関係は処理されてからせりにかけられるのでみることはありませんでした。当然ですが、新鮮でないと食べられないと思います。入手するルートがないと食べられない食材・・・。ふ?ん、そう言うものは、誰でも一度は食べたくなりますよね?
「あぁ?、食べてみたい」そんな衝動にかられ、社長に企画追加のお願いをしました。


 「すいません。次のブログのネタにマグロの白子を追加したいんですが・・・。白子の刺身やてんぷらが食べられるんです」
 「いいよ、それで、いついくの?」と社長も行く気になるほどあっさり了解をいただきました。スケジュール帳をパラパラめくった社長の都合はつかず、同行はならず断念されました。残念そう!

 結局、身近なメンバーで「マグロの白子」が食べることができるところへ向かいました。向かった先は、前回も伺った「翠松亭(塩竈市海岸通り4-8 TEL 022-362-1777 http://www.suisyoutei.com/)」さんです。

入店後、マグロの刺身(赤身)と白子の刺身、そして、お酒は「浦霞禅( /items/2014/07/post-7.html )」を注文しました。

sui_zen.jpg
 最初に出てきたのは「赤身」。聞いてみるとこの日は、今朝市場で仕入れたばかりの市場でも入荷が少ないホンマグロでした。少しワサビをのせて醤油をつけて頂きます。

maguro_sara.jpg maguro_hitokire.jpg
「う、うまい!」
程良く冷えた切り身の赤身は、脂ものっていてとても美味しい。
 淡麗で辛口の「浦霞禅」も舌にのった赤身の脂身をきれいに包み込んでくれて、その後も喉ごしが気持ちよかったです。

shirako.jpg
 次に登場した「白子の刺身」は、写真を見ての通りひと切れがとても大きいのにびっくり!!タラの白子からは比較にならない大きさ。そして、ハシで掴み少し力をいれるとそれが「ぷるん」ときれそうな感じです。不思議でした。
 その白子の刺身にわさびをのせて醤油をつけて食べてみます。口の中でまったりした感じと醤油が合わさる感じでした。味わいは淡白ではありますが、動物系のレバー刺しとかとは違い臭みなどはまったくありませんでした。
 「白子の刺身」を口に含んだ後に「浦霞禅」をひとくち頂きます。お酒の持っているキレの良さがまったりした感じをリセットしてくれました。
「浦霞禅」は白身の刺身などには抜群にあいますが、赤身の刺身にも合い食中酒としての幅の広さを実感しました。
 今回は、珍しいネタ紹介となってしまいましたが、皆さんも塩釜へお越しの際は生マグロの水揚げ日本一!の街でマグロ料理を是非、堪能して頂きたいと思います。それでは、また!!