旬どき うまいもの自慢会 みやぎ

archive [2007.01]

お正月には欠かせない料理のご紹介

syun_sugidama.jpg" 
皆さん、あけましておめでとうございます。
企画課のトミヤです。2007年お正月は、全国的に天候にも恵まれたようですね。
宮城県も穏やかな良い天気でした。初日の出や初詣に出かけられた方も多いのではないでしょうか。
2007年最初のブログのご挨拶代わりに「新年らしい写真を」ということで蔵の中にある正月飾りがされた杉玉を載せました。

トミヤがお正月をどのように過ごしたかといえば、和洋折衷ではありましたが、料理にあわせてお酒もたくさん飲んでいました(結局いつもと変わりません!)。今年もきっと食べる事に執着し、「旬どき?」にも力の入る1年間になるのだと思います。

さて今回のブログは、トミヤ家の「これを食べないとお正月でない!」という代名詞「なめたがれい」をご紹介いたします(以前のブログでも簡単にご紹介しております)。

昨年12月中頃に塩釜仲卸売市場を訪れた際には、大きな駐車場がいっぱいになるほどのたくさんの人々が、正月の準備のための食材調達で賑わっていました。市場の中のお店では「なめたがれい」を目立つところに並べて、威勢よく声をかけていました。ここ宮城では、トミヤ家同様に正月用に「なめたがれい」の需要が高まり、相場が高くなるのです。「なめたがれい」は大きさにも差があり、値段も5千円をこえてくるものもあることから皆さんの目利きも真剣なまなざしでした。

syun_matsunoya.jpg" syun_matsunoya_yaki.jpg"

浦霞の近くにある仕出しなどもおこなっている魚屋さんでも「なめたがれい」を写真のような大きな看板にしていました(「なめたがれい」が2006年の流行語にもなった荒川静香選手ばりの「イナバウアー」を披露しております)。このあたりでは欠かせないなじみのある魚であるのがよくわかりますよね。
syun_karei_ina.jpg" syun_haze.jpg"

トミヤ家では、この時期には購入しないで普段の何倍にもなる前の早い時期に購入し調理します。調理後、そのまま冷凍保存して正月を待ちます。冬になってからの「なめたがれい」は、卵を持つので刺身より煮付けが美味しいのです。醤油、みりん、お酒等、しょうがも薄切りにして入れて味を調えています。

syun_karei_nitsuke.jpg"

お正月に集まった家族で切り身にされた「なめたがれい」をひとりひとり皿に分けていただきます。
「なめたがれい」の好きなところは、なめたの皮とふっくらした身です。ひとくち口に入れると、煮付けた少し甘さのある柔らかい皮とややさっぱりした身が重なり、その組合せが何とも言えず美味しい。
少し甘い感じのたれなのですが、口にいれた時に一緒に煮込まれた生姜がアクセントになり、「ササッ」とくどさが無くなります。
「こんな組合せ誰が考えたんだろう?」と感じる瞬間でもあります。
syun_kareiup.jpg" syun_kareitosake.jpg"


この味にあわせるのは、もちろん日本酒!今回は「本仕込 浦霞」をいただきました。
ちなみに「なめたがれい」の体表は、粘液を多く分泌するためヌルヌルしていることから、漢字では「滑多」と書くそうです。
これだけでも充分なお酒のお供になりますが、この日のトミヤ家の正月料理は、なます(イクラ載せてます)、くりきんとん、黒まめ、きんぴらごぼう、昆布巻き、数の子、紅白かまぼこ、たらこ、お刺身各種が並びました(写真を載せることが出来なくてすみません。リラックスしてしまい撮り忘れました)。

BGMも有線でお正月らしい音楽を選局し、食卓を包む雰囲気だけは料亭か割烹か、ってな感じになりました。それも手伝ってか、お酒も結構進んでしまいました。
昼から飲むのが公認(誰の?とかつっこまないでくださいね)される「お正月」は、ほんとうに楽しい一日です。もちろん飲んだら絶対に車の運転はしませんよ!

「数の子」も「なます」も「黒まめ」でさえ日本酒にあいますが、やはり「なめたがれい」の煮付けはキング・オブ・お正月料理でした。時間をかけて食事(料理とお酒)と会話をゆっくりと楽しみました。今年も亥々(いい)年の予感がします。
今年も浦霞醸造元、ならびに「旬どき・うまいもの自慢会・みやぎ」を宜しくお願いします。

/