旬どき うまいもの自慢会 みやぎ

archive [2011.08]

第19回【夏の集い】を開催しました


皆さん、こんにちは。企画課の芳賀です。

旬どき うまいもの自慢会 みやぎ 【夏の集い】
を開催しましたので、その様子を報告いたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

  開催日時平成23年6月25日(土)12:00から14:15
  会  場

「亀喜寿司」(宮城県塩釜市)
>>http://www.kamekisushi.jp/
  参加料6,000円
  定員30名
-----------------------------------------------------------------------------------------------





乾杯酒
蔵の華 純米大吟醸
浦霞
http://www\.urakasumi\.com/hpa/sh_kuranohana-jyundai\.html
ほど良く熟した果実のような上品なやや甘い香りとやわらかな旨味が感じられる、やさしい口当たりの純米大吟醸酒です。

http://www\.urakasumi\.com/hpa/sh_kuranohana-jyundai\.html
「IWC2011」金メダル受賞酒の
「http://www\.urakasumi\.com/hpa/sh_kuranohana-jyundai\.html」
で乾杯!
会のスタートです!!


<先付>
フカヒレ和え物
自家製塩辛
特製鮪そぼろ煮
季節限定品
純米生酒 浦霞

生酒ならではの清涼感あふれるフレッシュな味わいと純米酒らしい旨味と酸味の絶妙なバランス。

まずはさっぱりとしたものからのスタートで食欲が益々増してきます。また、どれも塩味でお酒が進むメニュー。




<お造り>
ガゼ(七ヶ浜)
車子(七ヶ浜)
<お造り>
鮪(三陸沖)、スズキ(七ヶ浜)
ツブ(北海道)、アジ(大分)
身がいっぱい入った大きなウニ。口の中でとろけて、甘味が口の中いっぱいに広がります。車子は噛めば噛むほど甘みが増してきます。身は柔らかく、甘味が余韻として口の中に広がります。
鮪はこの時期に水揚げされるのが珍しい、「奇跡」のような「三陸塩竈ひがしもの」。脂ののりが大変よく、90kgと大きなオオメバチでした(この日の一番人気でした)。半分が脂ののった身がしっかりしつつも噛むと柔らかく甘みが広がる赤身でした。七ヶ浜のスズキは、深海の「はえなわ漁」で獲れたもの。敢えて醤油ではなく、添えられた「塩」で食べると、甘味が引き立ちます。




牡蠣養殖者
内海信吉さん


亀喜寿司 店主
保志昌宏さん

東日本大震災の被災状況、今後の牡蠣養殖についてお話頂きました。内海さんは、昨年のチリ津波でも牡蠣の養殖場を失いました。そして、今回の津波では自宅をも失って、再生した養殖場を再び流される大変な状況にあります。しかし、内海さんは、残された牡蠣や船・牡蠣処理場の他にこれまでの消費者の方や支援の声で再び牡蠣の養殖業の営みを諦めず再生を誓い動き始めました。
内海さんの明るい展望を描き「宮城の牡蠣を守る!」という話に引き込まれていました。
内海さんは、この日は仮設住宅の抽選日でしたが、イベントに参加していただきました。ありがとうございます!!見事希望通りの住まいを取得されました。
震災後は海の地元食材が手に入らない中で厳しい状況が危惧されていました。でも、今回は「ひがしもの」や「うに(七ヶ浜産)」など旬の地元の海の幸を中心にご提供頂きました。食材の説明にもことのほか嬉しそうにお話してくださいました。
「海の幸は海から頂いた宝物。頂戴できて嬉しく思う。そしてその宝物を調理してお客様に食べて頂けることを本当に幸せに思う。」という言葉が印象的でした。
生産者、加工者、調理人、さまざまな方々が連携して本日弊社のお酒とともに美味しく頂戴でき、私どもも大変嬉しく思います。


<焼物>
鮪 すなずり
<酢物>
岩ガキ(新潟)、ホヤ(北海道)
小肌(七ヶ浜)
鮪のお腹の部分。筋があり、火を通すと美味しくなるそうです。脂がのってトロッとした食感で黒胡椒との相性抜群!鮪の甘味が胡椒の辛さとマッチしていました!
ほど良い苦味と塩味のきいたホヤ。みょうがのインパクトが加わり、爽やかな初夏の味わいを感じました。岩ガキの身を引き締めたレモン汁は、ぷりぷりした食感と甘味が美味しい。七ヶ浜で獲れた小ハダは引き締まった身を塩味で戴き、どれもお酒との相性は抜群でした。


純米吟醸 浦霞禅
ほどよい香りとまろやかな味わいのバランスのとれた純米吟醸酒。

<寿司>
穴子(七ヶ浜)、
トロイワシ(神奈川)、
カツオ(銚子)、巻物トロタク、
特製玉子焼
シャリの甘さがそれぞれの素材の旨味を引き出していました。「トロタク」はコリコリしたたくあんのしょっぱさとトロの甘味が見事に合っていました。


<デザート>
自家製浦霞大吟醸
酒粕ムース
新商品
浦霞のゆず酒
宮城県産ゆず(気仙沼大島産)を100%使用。
ゆずならではの爽やかな香りにバランスのとれた酸味と甘味が特長です。

弊社大吟醸の「浦霞 白鳥」の酒粕を使用した亀喜寿司さんオリジナルのムースです。ほんのり酒粕の風味を感じる大人のデザートです。


旬の海の幸と浦霞のお酒を召し上がりながら、各テーブルとも参加者同士の交流を楽しまれていました。牡蠣養殖者の内海さんのもとに話を聞きにくる参加者の皆さん。内海さんの前向きな姿勢とお話に皆さんが感動いたしました。