旬どき うまいもの自慢会 みやぎ

第41回【冬の集い】を開催しました


こんにちは。企画課の小野寺です。

先日、「第41回 旬どきうまいもの自慢会 ~冬の集い~」を
開催いたしましたので、その報告を致します。

今回の会場は、松島の「ございんや 旬 牡蠣庵」 様。
旬の「牡蠣」と「浦霞」の相性を堪能していただきました。

161218_01.jpg

 ■日時 2016年12月18日(日) お昼12時より
 ■場所 「ございんや 旬 牡蠣庵」 
 ■参加費 6,400円
 ■参加者数 30名様

ございんや 旬 牡蠣庵」さんは、牡蠣のシーズン限定(12月~翌年2月)
の営業となっています。

当日は天気に恵まれ、牡蠣庵さんにある大きな窓からは美しい松島の風景が。
店長の渡辺さん曰く、この時期にこれだけ綺麗に松島の島々が見えるのも珍しいんだとか。
絶好のロケーションで、会を行うことができました。

161218_23.jpg


まずは社長の佐浦、そして「ございんや 旬 牡蠣庵」 渡辺店長から
ご挨拶を頂き、乾杯をして会は始まりました。

161218_18.jpg


乾杯酒は、「本醸造しぼりたて 浦霞」(季節限定/宮城県限定)。
例年1月中旬に発売しておりましたが、「季節商品を早く味わいたい」
というお客様からのご要望にお応えして、今回より
発売時期を変更し11月下旬より販売しております。
season_nshiboritate720.jpg
冬の訪れとともにお届けする宮城県限定の新酒です。
生酒ならではの新鮮な味わいです。


この乾杯酒と合わせてお楽しみ頂いた1品目は、【前菜】
161218_02.jpg

【前菜】
牡蠣のカルパッチョ、マグロと野菜のサラダ

===
プリプリな牡蠣とマグロの旨みは、フレッシュですっきりとした
味わいのしぼりたてと相性抜群。
どちらも程好く酸味がきいており、食欲をそそります。

続いて、2品目は【牡蠣アラカルト】
161218_03.jpg

161218_04.jpg

【牡蠣アラカルト】
生牡蠣の食べ比べ
(岩手 山田産/兵庫 相生産/宮城 奥松島産)

===
一番大きな身の岩手県・山田産の牡蠣はとてもミルキーで、
口に入れた瞬間とろけるよう。
少し小ぶりな兵庫県・相生産の牡蠣は、ぷりっと身が締まっており、
こりこりとした歯ごたえも楽しめました。
そして宮城県・奥松島産の牡蠣は、ふたつの牡蠣の良いところを程好く楽しめる
バランスよい味わい。

実は3種類とも種は同じ松島産。海流やプランクトンの種類など育つ海の環境の
違いから、大きさも味わいも異なる個性ある牡蠣が出来上がるのだそう。
とてもおもしろい体験でした。

ここで、ゲストからのお話。
今回のゲストは宮城県水産技術総合センターの酒井敬一様です。

161218_19.jpg

宮城の水産業について、そして震災からの復興状況について
お話いただいた後、本日のテーマ「牡蠣」について
お話をして頂きました。
牡蠣の種類や貝殻の名称、殻の開け方など、
生活に身近なことをピックアップしてご説明頂きました。


お話の後、続いてお楽しみいただいたお酒は、「発泡性純米吟醸酒 浦霞」

161218_22.jpg

今回のために特別にご用意したお酒で一般販売しておりません。
心地良い発泡感が口の中に拡がる、 発砲性の純米吟醸酒です。


お料理は3品目【殻付き牡蠣の海水焼き】。
唐桑産の牡蠣と笹かまぼこを七輪でその場で焼いて
お楽しみいただきました。

161218_05.jpg


161218_06.jpg

161218_07.jpg

【殻付き牡蠣の海水焼き】
唐桑産牡蠣、笹かまぼこ

===
焼き上がった牡蠣に醤油をひと垂らし、熱々のまま頂きます。
香ばしくほろ苦い牡蠣と、発泡性純米吟醸酒のやわらかな甘味は相性抜群でした。
発泡感もまたよいアクセントとなりました。
同じ七輪を囲んで参加者の会話も弾みます。


ここで再度、ゲストの酒井さんにご登場いただき、お話いただきました。

161218_20.jpg

後半は、世界に渡った宮城の種牡蠣の輸出のお話や、
東日本大震災で被災した漁業の復活に向け養殖が始まった
新ブランド牡蠣「あまころ牡蠣」の
お話など、
酒井さんご自身の経験談をふまえ、楽しくわかりやすく
ご説明頂きました。

種牡蠣が1970年代まで宮城県の一大輸出産業で
あった話には、皆さん驚かれていました。


宮城の牡蠣について知識をつけたところで
料理は、4品目【牡蠣フライ】へ。

お酒は3種類目「山田錦純米大吟醸 浦霞
j-d-ginjo_yamada.jpg
熟した果実のような華やかな吟香、米の旨味と酸味が
ほどよく調和した純米大吟醸です。


161218_21.jpg

【牡蠣フライ】
牡蠣フライと自家製カクテルソース

===
自家製カクテルソースは、トマト、ウスターソース、ケチャップ、
レモンなどを混ぜ合わせたほどよい酸味のあるソース。
サクサクに揚げられた牡蠣フライのコクやほのかな苦味と
相性良く、「山田錦純米大吟醸 浦霞」の旨みともしっかりと
調和していました。
レモンをかけるとさらにさっぱりとし、美味しかったです。



料理は続いて、5品目【牡蠣プリン】へ
161218_09.jpg

【牡蠣プリン】
===
牡蠣プリンとは、白ワインでじっくりと煮た牡蠣とタマネギを
ミキサーでペースト状にして、それに牛乳・生クリームを加えて蒸し、
コンソメあんをかけた洋風蒸し物です。

口当たりはとてもなめらかですが、余韻にしっかりと牡蠣の風味を感じられました。
こんな牡蠣の楽しみ方もあるのかと驚いた一品でした。

続いての料理は、6品目【牡蠣のソテー】へ
161218_10.jpg

【牡蠣のソテー】
バルサミコ酢を牡蠣のソテーに絡ませて

===
こちらも洋風な味わいの牡蠣料理。ソースは濃厚でコクがあり、
柔らかくソテーされた牡蠣のほろ苦さと調和。
華やかな「山田錦純米大吟醸 浦霞」とうまく重なります。
添えられたさつまいもとゴボウのチップスも一緒に食べると、
甘さが加わり、よりふくよかな味わいになりました。



続いて、7品目【牡蠣のしゃぶしゃぶ】
161218_11.jpg

161218_12.jpg

【牡蠣のしゃぶしゃぶ】
牡蠣と仙台せりのしゃぶしゃぶ

===

沸騰しただしにさっとくぐらせいただく牡蠣はぷりぷり!
口に入れるととろけるようで、牡蠣の美味しい所を存分に味わえました。
せりのシャキシャキとした食感とほのかな苦味も相性がよく、別々で食べても
一緒に食べても楽しめました。


そんなしゃぶしゃぶと合わせて頂いたお酒は、「純米辛口 浦霞」のお燗です。
junmai_kara720.jpg
心地よい香りと米の旨み、飲み飽きしない後味のキレ
のある純米酒です。

しゃぶしゃぶしてほくほくの牡蠣とお燗酒で体が温まります。


最後にデザートとデザート酒へ
161218_13.jpg

【デザート】
純米原酒につけた浦霞の梅酒」を使用したシャーベット

【デザート酒】
純米原酒につけた浦霞の梅酒」(季節限定)
liqueur_ume.jpg
純米原酒につけた浦霞の梅酒
宮城県産梅(大崎市岩出山、佐藤農場)を使用。
控えめな甘さと心地よい酸味、さっぱりとした柔らかな
味わいの梅酒です。

シャーベットは〆にぴったりのさっぱりとした味わいでした。


【牡蠣ご飯】も用意頂いておりましたが、皆さん
お腹いっぱいのご様子だったので、おにぎりにして
包んで頂きました。

161218_14.jpg

161218_15.jpg


以上でお料理とお酒は終了。最後まで牡蠣づくしの会でした。
ご参加いただいた皆さま、ゲストの酒井さん、
ございんや 旬 牡蠣庵」 の皆さま、ありがとうございました。

次回「春の集い」は3月下旬の開催を予定しています。
「春の集い」もどうぞよろしくお願い致します。


本日の提供酒
161218_16.jpg

写真左から
本醸造しぼりたて 浦霞(季節限定/宮城県限定)
・発泡性純米吟醸酒 浦霞(非売品)
山田錦純米大吟醸 浦霞
純米辛口 浦霞(流通限定)
純米原酒につけた浦霞の梅酒(季節限定)


アンケートより一部抜粋
・浦霞の酒々と牡蠣のマリアージュ、至福の時間でした。
・お天気も景色もお料理もお酒もすべて良かったです。
・初めてこれほどのレパートリーの牡蠣料理を頂きました。
大変楽しめました。
・ただ食すだけの他に知識も学べ、より一層お料理を楽しむ
ことができました。


161218_17.jpg


第40回【秋の集い】を開催しました


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、「第40回 旬どきうまいもの自慢会 ~秋の集い~」を
開催いたしましたので、その報告を致します。

今回の会場は、仙台駅前の「伊達の旬菜 みわ亭」 様。
旬の食材と「浦霞」の相性を堪能していただきました。

160924_04.jpg

 ■日時 2016年9月24日(土) 17時より
 ■場所 伊達の旬菜 みわ亭」 http://www.miwatei.jp/
 ■参加費 6,400円
 ■参加者数 26名様


まずは社長の佐浦からの挨拶、乾杯で始まりました。

160924_05.jpg

乾杯酒は「山田錦純米大吟醸 浦霞 古酒」2011BYです。
160924_01.jpg
このお酒は、世界で影響力のあるワイン評論家ロバート・パーカー氏
主宰の「ワイン・アドヴォケイト」誌の中で、パーカーポイント90点以上
を付与された日本酒のひとつとして紹介されています。
嬉しい話題として、皆様にご紹介、お召し上がり頂きました。


この乾杯酒と合わせてお楽しみ頂いた1品目は、【前菜】
160924_06.jpg

【前菜】
蔵王クリームチーズと美味とまと、豚ももの生ハム 辛味大根

===
クリームチーズの甘みとトマトの酸味が相性ぴったり。
辛味大根は、当日朝に収穫した自家栽培の間引き大根。
カリッとした食感、ほど良い辛味が美味しかったです。

ここで「伊達の旬菜 みわ亭」の小松正彦料理長から
本日の献立の説明がありました。

160924_07.jpg

台風の影響で、直前まで食材の確保に苦戦しながらも
日本酒に合うメニューをこだわってご用意頂きました。


小松料理長の想いを聞いたところで、お待ちかねの
2品目は【造り】。
160924_08.jpg

【造り】
戻り鰹(ポン酢ジュレ)、烏賊の叩き昆布〆(肝醤油)

===
肉厚の鰹は、さっぱりとしたポン酢ジュレとよく合いました。
淡泊でさっぱりとした味わいの烏賊は、肝醤油の苦味・甘味と
相性が良かったです。

そんなお造りと一緒にお楽しみ頂いたお酒は
弊社看板商品の「純米吟醸 浦霞禅
j-ginjo_junmai.jpg
純米吟醸 浦霞禅
ほどよい香りとまろやかな味わいのバランスのとれた純米吟醸酒。



ここで、ゲストからのお話。
今回のゲストは、株式会社グロサリーサポートの佐藤友則様です。

160924_09.jpg

佐藤さんは30歳から家業の八百屋を継ぎましたが、
近年大型スーパー等の影響を受け、3年前に「卸業」に転換、
「株式会社グロサリーサポート」を起業したそうです。

伊達の旬菜 みわ亭」さんをはじめとした飲食店に野菜を
卸すだけではなく、野菜の使い方や知識も提供し、他社との
差別化を図っているそうです。

「飲食店」と「生産者」をつなぐ仕事を心掛けていると
熱い思いをお聞かせ頂きました。

お話の後、お料理は3品目【焼肴】に進みました。

160924_10.jpg

【焼肴】
赤むつの蔵漬け かぼす 辛味大根(叩き木の芽)

===
脂ののった赤むつは、「ひやおろし」との相性も良かったです。
かぼすをかけ、大根おろしとともにさっぱりと頂けました。

特別純米酒 ひやおろし 浦霞(季節限定)
160924_02.jpg
特別純米酒 ひやおろし 浦霞(季節限定)
まろやかでふくらみのある味わいは、食欲の秋にぴったり。


ここで再度、ゲストの佐藤さんにご登場いただき、お話いただきました。

160924_11.jpg

身近な話題として、スーパーでの野菜の選び方をレクチャー
いただきました。
例えば、「きゅうり」はトゲトゲがいっぱいのもの、
「レタス」は、冬は重いもの、夏は軽いもの、
「白菜」は、芯が黄色いものを選ぶといいとのことでした。

日常のことで皆さん興味深く聴いておりました。


料理は、4品目【強肴】へ
160924_12.jpg
【強肴】
仙台牛ローストビーフ 泡吟醸掛け サラダカボチャ(丸森産)

===
噛めば噛むほど肉の旨味が広がり、サラダカボチャは、サクサク
とした食感、まろやかな味わいでした。


お酒は4種類目の提供へ
特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞
160924_03.jpg
特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞
ふくよかな米の旨みとほどよい酸味のハーモニー。



料理は5品目【合肴】
160924_13.jpg
【合肴】
新里芋唐揚げ 栗麩 銀杏
柚子おろし 昆布白出汁

===
今日の里芋は新潟産とのこと。ゲストの佐藤さんいわく、
唐揚げにするのであれば、トロっとし過ぎない新潟産がおすすめ。
もちもちとして、ほど良い粘り気の里芋、昆布だしのやさしい甘さで
ほっこりする味わいでした。

続いての料理は、アンケートで人気NO.1のお料理【食事・吸物】へ
160924_14.jpg

160924_15.jpg
【食事・吸物】
秋刀魚土鍋飯 木の芽
生木耳 石巻の芹/香々(蕪)

===
秋の美味しさを存分に味わえる土鍋ご飯。
土鍋ならではのおこげも美味しく、また秋刀魚の肝味噌をつけて
食べると、甘さの中にピリッとした辛味も感じられ、食欲がさらに
増しました。


最後にデザートとデザート酒へ
160924_16.jpg
【デザート】
無花果 胡桃ソース掛け 枸杞 スペアミント

===
無花果の甘味、胡桃の苦味、枸杞とスペアミントの
さわやかさが相まって美味しかったです。


純米原酒につけた浦霞の梅酒」(季節限定)
liqueur_ume.jpg
純米原酒につけた浦霞の梅酒
宮城県産梅(大崎市岩出山、佐藤農場)を使用。
控えめな甘さと心地よい酸味、さっぱりとした柔らかな
味わいの梅酒です。

以上でお料理とお酒は終了。
2時間半の楽しい宴はあっという間でした。
ご参加いただいた皆さま、ゲストの佐藤さん、
伊達の旬菜 みわ亭」 の皆さま、ありがとうございました。

次回「冬の集い」は12月下旬の開催を予定しています。
「冬の集い」もどうぞよろしくお願い致します。


本日の提供酒
160924_17.jpg
写真左から
山田錦純米大吟醸 浦霞 古酒 2011BY(数量限定)
純米吟醸 浦霞禅
特別純米酒 ひやおろし 浦霞(季節限定)
特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞
純米原酒につけた浦霞の梅酒(季節限定)


アンケートより一部抜粋
・知人の誘いにより参加したのですが、同じく日本酒を好み嗜む
 方々と集うことができ、大変心地良く楽しい時間でした。
・旬の食材を一番美味しい状態で美味しいお酒でいただける
 至福の時間でした。
・野菜の話が聞けて良かったです。
 身近な話が聞けるのはとてもいいです。

第39回【夏の集い】を開催しました

こんにちは!企画課の小野寺です。

「第39回 旬どきうまいもの自慢会 ~夏の集い~」を先日開催いたしました。

今回は「松島湾や三陸沖の初夏の魚介類」をテーマに、塩竈市にある「大黒寿司」様で
旬の食材と日本酒の食べ合わせを堪能していただきました。

160621_1.JPG

 ■日時 平成28年6月19日(日) 昼12時より

 ■場所 大黒寿司(宮城県塩竈市北浜) http://shiogama-daikokuzushi.jp/

 ■参加費 6,400円

 ■参加者数 29名様


まずは社長の佐浦からの挨拶、乾杯で始まりました、

160621_2.JPG

乾杯酒は「大吟醸 浦霞」です。

大吟醸 浦霞
d-ginjo_daiginjo.jpg

「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016」大吟醸部門にて最高金賞を受賞したこのお酒は、
熟した果実のような気品ある吟香、柔らかい甘みと落ち着いた味わいです。



この乾杯酒と相性ぴったりだった一品目は、【前菜:三陸三点盛り】。

【前菜:三陸三点盛り】
自家製藻塩入り塩辛(三陸産)、水タコ柔らか煮(三陸産)、名物 穴子の白焼き(松島産)

160621_3.JPG


塩辛は、塩ではなく本わさびを使用して調理するこだわりが。
少しだけ加えた藻塩により引き出されたイカの旨味と濃厚な肝の甘さ、
そこにわさびのぴりっとした辛さが楽しめる、酒の肴にぴったりの一品でした。

柔らか煮は、タコと大根に、出汁の味がたっぷり染みこみ、
柔らかな食感と甘めに仕上げられた味が良くマッチしていました。
真ダコではなく、身か柔らかい水タコを使うことがポイントなのだそうです。

穴子の白焼きは、焼いた穴子に塩を一振りするシンプルな一品ながら、
鼻にぬける香ばしさと、甘塩っぱさがたまらない美味しさでした。



続いて二品目は【酢の物】。

【酢の物】 ほや酢

160621_4.JPG

ほやは夏を代表する旬の食材!
新鮮な磯の香りと、ほやの甘さが感じられました。
レモンを加えるとさらに爽やかな酸味が口中に広がります。
身はほどよく締めてあり、食感も楽しめました。



ここで、ゲストからのお話。
今回のゲストは、塩竈市で「えびす屋釣具店」を営む 伊藤栄明 様です。
松島湾のこの時期の魚について、お話いただきました。

160621_5.JPG

~ 概 略 ~

 ・松島湾の"夏さかな"
  「アナゴ」「スズキ」「マゴチ」「イシモチ」

 ・松島湾外の"夏さかな"
  「スルメイカ」「シイラ」「マダイ」
 
 ・夏にはじまり~秋が盛期のさかな
  「マサバ(金華サバ)」「サワラ」「イナダ~ブリ」

 ・松島湾の伝統文化「はぜの数珠釣り」
  東日本大震災後、はぜ釣り漁師が激減。塩釜・松島湾周辺の伝統釣法である
  針を使わない「数珠釣り」が消滅の危機にある。
  最年少が昭和12年生まれ。後継者育成に努めている。




松島湾の旬を学んだところで、浦霞の旬のお酒・「純米生酒 浦霞」を味わっていただきました。

純米生酒 浦霞 (季節限定)

season_tokunama1800.jpg

生酒ならではの清涼感あふれるフレッシュな味わいと
純米酒らしい旨味と酸味の絶妙なバランスです。



このお酒と合わせていただく料理は【焼き物】と【お造り】。

【焼き物】
焼き穴子握り(松島産)

160621_6.JPG

お皿からはみ出しそうな程大ぶりな穴子の握りは、ふっくらとした身に
甘すぎず、ほんのり苦味を感じる上品な味わいのタレがご飯と良く合う逸品。
白ごまもよいアクセントとなり、美味しさを広げました。
食べ飽きしないようにと考え抜かれた大将こだわりのタレ。他では味わえない味です。
シンプルな料理だからこそ、そのお店の特徴がでるそうです。


【お造り】
水タコ、本マグロ、鯵

160621_7.JPG

鯵は、参加者から驚きの声が上がるほど肉厚で脂がのっており、濃厚な味わいでした。
鮪も見事な霜降り。口に入れた瞬間とろけるようでした

タコは醤油ではなく、塩でさっぱりといただきました。ぷりぷりとした食感を楽しめました。



続いてのお酒は弊社看板商品の「純米吟醸 浦霞禅」。

純米吟醸 浦霞禅

j-ginjo_junmai.jpg

ほどよい香りとまろやかな味わいのバランスのとれた純米吟醸酒です。

食中酒として魚介類との相性も良いこのお酒でもお料理を楽しんでいただきました。


【椀物】
あさりの酒蒸し(桂島産)

160621_8.JPG

塩竈市の浦戸諸島にある桂島でとれたあさりを使用した酒蒸しは、
出汁にまであさりの旨味が凝縮され、浦霞禅と相性抜群!
塩釜のおいしさがたっぷり味わえる組み合わせで皆様に喜ばれました。


ここで再度、ゲストの伊藤様にご登場いただき、
後半は「アマモ」という海藻についてお話いただきました。

~ 概 略 ~

藻場(アマモ)は陸上の杜や草原のように、そこに暮らす生物にとって非常に大切な場。
・湾内の水質浄化
・魚介類のすみかの提供
・魚介類が産卵したり、子供時代を過ごす場の提供
・海中に酸素を供給
など海域環境に大きく影響します。

松島湾の藻場は東日本大震災のより1/10に減少。
松島湾の豊かな漁場を守るために、現在、再生の活動を行っているそうです。



あの大震災があっても、今回こうして美味しい松島湾・三陸沖の魚介類を食べることができるのは
その裏で努力をしてくださっている方々がいるからなのだと、改めて気づかされるお話でした。


松島湾の今を学んだ後は、【寿司握り】です。

【寿司握り】
本鮪、いか、蒸しあわび、コハダ、玉子

160621_9.JPG

本鮪は口の中ですぐとろけるようなほど脂がのり、シャリとの相性も抜群。
イカは醤油ではなく、塩でイカ本来の甘さを味わいました。こりこりな歯ごたえで食べ応えも良し。
蒸しアワビはとても柔らかな食感!何時間もコトコトと手間をかけて蒸しているのだそうです。
寿司ネタの中でも職人の技が試されると言われるコハダは、酢加減も絶妙で
玉子は優しい甘さで癒やされる味でした。


【汁物】
鰯のつみれ汁

160621_10.JPG

中に枝豆、筍が入っており、食感も楽しめたつみれ汁。
〆にぴったりの、あたたかい一杯でした。


最後は、デザートのグレープフルーツのシャーベットと
純米原酒につけた浦霞の梅酒」で口の中をさっぱりとさせて終了しました。

純米原酒につけた浦霞の梅酒(季節限定)

liqueur_ume.jpg

宮城県産梅(大崎市岩出山、佐藤農場)を使用。
控えめな甘さと心地よい酸味、さっぱりとした柔らかな味わいの梅酒です。


最後に、大黒寿司の大将よりご挨拶いただきました。

160621_11.JPG

穴子とひかりものに力を入れているという大将のひとことに、お客様からも納得の拍手。
創業30年、まだまだ中堅ですので頑張りますと、力強い言葉をいただきました。

最後に大将が一言、「今回はゲストに「えびす」屋さん、会場は「大黒」寿司、ということで縁起がいいですね!」
なるほど!そこで味わう純米吟醸 浦霞禅には「布袋様」が描かれているという、なんだかとってもめでたい会でした 


160621_12.JPG

ご参加いただいた皆様、えびす屋釣具店 伊藤栄明様、「大黒寿司」様、ありがとうございました!


次回の「秋の集い」もお楽しみに。


160621_13.JPG

写真左から
大吟醸 浦霞
純米生酒 浦霞(季節限定・宮城県限定)
純米吟醸 浦霞禅
純米原酒につけた浦霞の梅酒(季節限定)

アンケートより一部抜粋
アマモのお話が面白かった。海は全ての生き物の原点ですね
・タコは2016ベストオブタコくらいおいしかったです!とても!!
・とても美味しいお酒とお寿司堪能いたしました。お寿司絶品でした!
・塩竈在住ながら大黒寿司さんへは初めて伺いました。とっても満足!また寄らせていただきたいです!
・お寿司で大変満足しました。塩釜に来るときには利用したいと思います。
・海・アマモ愛に感動しました。努力が報われて震災前の豊かな海が戻ってきてくれるよう祈念しております。

第38回【春の集い】を開催しました


こんにちは!企画課の小野寺です。

先日開催された「旬どき うまいもの自慢会 みやぎ ~春の集い~」。

今回は「春野菜」をテーマに、仙台駅前の「蔵の庄 総本店」様のお料理と
お料理に合う浦霞の日本酒を堪能していただきました。
その様子をご報告いたします!

160402_04.jpg

==== 開催概要 ====

 ■日 時 2016年4月2日(土)17時~
 ■会 場 蔵の庄 総本店」(宮城県仙台市青葉区)
      http://kuranosho.jp/
 ■参加費 6,400円
 ■参加者数 34名様


まずは社長の佐浦よりご挨拶、
そして春の季節限定酒「純米吟醸生酒 浦霞 春酣」で乾杯し
会がスタートしました。

160402_05.jpg


純米吟醸生酒 浦霞 春酣(季節限定)
160402_03.jpg
春の息吹とともにお届けする純米吟醸生酒です!
純米吟醸酒らしい米の旨味と果実のような香り、
生酒のフレッシュな味わいがお楽しみいただけます。


160402_06.jpg

その乾杯酒と共に味わって頂いたのが、前菜・御造・小鉢の3品です。

【前菜】
三陸産ほやの酢の物、菜の花の昆布締め

160402_07.jpg

爽やかなお酢の酸味が食欲を刺激する一品。
三陸産ほやは身がぷりぷりとしていて、キュウリの歯ごたえと共に食感も楽しめました。

旬の春野菜・菜の花の昆布締めは、シンプルに素材のおいしさを味わえました。
菜の花のほどよい苦味が、「純米吟醸生酒 浦霞 春酣」のやさしい甘さと良く合いました。


【御造】
初鰹、鰆たたき、ボタンエビの御造り(梅塩、山葵)

160402_08.jpg

醤油ではなく、梅塩と山葵だけで味わう御造り。
肉厚で大ぶりに盛られ、とても食べ応えがありました!

【小鉢】
若筍煮(木芽、粉鰹)

160402_09.jpg

若筍はこりこりとした食感を残し、透き通り見た目も美しい出汁はとてもあっさり。
春の朗らかな空気を感じるような優しい味わいでした。


ここで今回のゲスト、日本野菜ソムリエ協会 シニア野菜ソムリエの
大宮牧子様より「春野菜」についてご説明いただきました。

160402_17.jpg

~ 概 略 ~
春は人間も芽吹く季節です。
冬はカロリーの高いものを摂取します。
その蓄えた体内の毒素を春になったら出そうとデトックスを行うため肝臓がフル回転。
そのため、目や肝臓などに異常が表れる季節です。
春野菜の苦味成分は、新陳代謝を活発にし、消化を促進する働きがあります。
旬の野菜は、体にとって必要なもの。体を助けるものを取りましょう。
1日に必要な野菜は350gと言われていますが、特にその量に
こだわるのではなく、
「旬」の「新鮮」なものを取るよう
心掛けてほしいと思います。


続いて、蔵の庄 総本店」の木島店長よりもご挨拶を頂きました。

160402_18.jpg


ここでの開催は5年振り。
「前回よりレベルアップした「蔵の庄」を提供したく
楽しみにしていました!」
と、元気な声でご挨拶していただきました。


続いてのお酒は、「花は咲く 蔵の華純米吟醸 浦霞」です。

花は咲く 蔵の華純米吟醸 浦霞(宮城県限定)
160402_01.jpg

宮城県産酒造好適米「蔵の華」を使用した
ほどよい香りと甘みが絶妙なバランスのお酒。

このお酒と共に味わっていただいたのは、
蔵の庄自慢のお通し、野菜盛り合わせです。

【野菜盛り合わせ】
にんじんの天ぷらなどを「ばっけ味噌」をつけて

160402_10.jpg

にんじんの天ぷらは衣はさくさく、中はほくほくで、にんじん本来の甘さを味わえました。
付け合わせのばっけ味噌は濃く、どこか懐かしさを感じる甘さ。これだけでお酒が進みます。
他の野菜もみずみずしく、野菜のおいしさを改めて感じることができました。



続いての料理は、焼物です。

【焼物】
銀たらの仙台みそ漬け焼き

160402_11.jpg

仙台みそは濃厚な味わいで、銀たらの身はふんわりと柔らか。

この料理と合わせていただいたのが、「大吟醸 浦霞」です。

大吟醸 浦霞
d-ginjo_daiginjo.jpg

このお酒は「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016」大吟醸部門にて
最高金賞を受賞いたしました!

仙台みそに漬けられた銀たらの濃厚な味を大吟醸の柔らかい甘みが包み込み、
キレの良い後味が次の一口を美味しくしてくれる、とても相性の良い組み合わせでした。

続いてのお料理は【強肴】。

【強肴】
伊達桜ボーク 浦霞の酒粕漬

160402_12.jpg

浦霞の酒粕で漬けた伊達桜ポークは香りが華やか。
お肉はとてもやわらかく、噛めば噛むほど旨味が出てくるジューシーな味わいでした



会も後半になってきたところで、お燗酒をお楽しみいただきました。
今回お燗で提供したのは、「蔵の華 芳醇辛口純米 浦霞」です。

蔵の華 芳醇辛口純米 浦霞

160402_02.jpg
宮城県産酒造好適米「蔵の華」使用した、
芳醇な香りとすっきりとした味わいのお酒。
浦霞で最も辛口の酒です。

このお酒と合わせていただいたのが、【揚げ物】と【食事】です。

【揚げ物】
鰯の香梅揚げ、山菜天ぷら(たらの芽など)

160402_13.jpg

鰯の香梅揚げは脂ののった鰯の旨味を梅の酸味がさっぱりとさせ、軽い味わい。
山菜の天ぷらは、ほのかな苦味がおいしく、春らしい一品でした。


【食事】
白石温麺、春芹の出し巻き玉子

160402_15.jpg
160402_14.jpg

最後のお料理は甘いだしの効いたやさしい味わいのもの。
心地よい満腹感を感じながら、ほっこりと終わりました。


最後のお酒はデザート酒として「浦霞 本格焼酎につけた梅酒」を。

浦霞 本格焼酎につけた梅酒

  

爽やかな梅の酸味で、さっぱりと締めました。


以上で今回のお料理とお酒の提供が終わりました。
改めて"旬"を味わうことの楽しさ、大切さを学んだ回となりました。

ご参加いただいた皆様、大宮牧子様、「蔵の庄」様、ありがとうございました!

次回の「夏の集い」もお楽しみに。

160402_16.jpg

写真左から
純米吟醸生酒 浦霞 春酣(季節限定)
花は咲く 蔵の華純米吟醸 浦霞(宮城県限定)
大吟醸 浦霞
蔵の華 芳醇辛口純米 浦霞
浦霞 本格焼酎につけた梅酒(季節限定、数量限定)


アンケートより一部抜粋
・旬の野菜のおいしさ、体にとってとても良いということをお聞きし、
 これから積極的に食べていきたいと思いました。ありがとうございました。
春野菜のおいしさは体が欲しがっていたんですね。日々の食事が大切だと思いました。
菜の花の食べ方、明日から実践します。ありがとうございました。
初めての参加で、こんな会があるのも今まで知らなかったので大変勉強になりました。
 美味しい食事、お酒、そしてお話、とても楽しかったです。

第37回【冬の集い】を開催しました


こんにちは。企画課の笠原です。

先日「旬どき うまいもの自慢会 みやぎ ~冬の集い~」を開催致しました。
その様子をご報告致します。

==== 開催概要 ====

 ■日 時 2015年12月20日(日)お昼12時~
 ■会 場 「小松館 好風亭」(宮城県松島町)
      http://www.new-komatsu.co.jp/
 ■参加費 6,400円
 ■参加者数 37名様


今回は宮城の冬の味覚「牡蠣」をテーマに
松島の「小松館 好風亭」様にて開催致しました。

この日は青空が見られる晴天であり、
目の前に美しい松島の島々が広がっておりました。

この美しい景色を見ながら、本日は小松館さんの
美味しい料理、この時期ならではの
浦霞のお酒を
皆様にはお楽しみ頂きました。


151220_19.jpg


社長佐浦の挨拶、乾杯でスタートしました。
151220_18.jpg

乾杯酒は山田錦純米大吟醸 浦霞
151221_15.jpg

先日表彰式が行われた「純米酒大賞2015」において、
純米大吟醸酒部門で金賞を受賞したお酒です。

受賞酒にて乾杯して頂きました。

151220_20.jpg

乾杯後は、「先附け」「前菜」と牡蠣づくしのお料理が出て参りました。

【先附け】 
牡蠣のオイル焼と
牡蠣の浦霞大吟醸蒸し 土佐酢ゼリー添

151220_01.jpg

オイルの丸みのある甘さと牡蠣のぷっくりとした身、
そこにトマトとレモンの酸味が加わり絶品でした。

酒蒸しには弊社の大吟醸を使用して頂きました。
ゼリーの柔らかさと牡蠣の甘味、渋味がマッチ!


【前菜】
名代烏賊の塩辛、海鼠の友和え、 
北あかりのジュレ天盛り蟹味噌

151220_02.jpg

コリコリとした海鼠、烏賊の塩辛、塩味と余韻の甘さに
お酒が進みました。


続いて「お造り」。
お造りに合わせてお飲み頂いたのが
蔵の華純米吟醸 浦霞
151220_16.jpg
宮城県内限定商品です。

今年10月に開催された「宮城県清酒鑑評会」において
県産米純米吟醸酒の部で河北新報社賞を受賞したお酒。

ほどよい香りと甘みが絶妙なバランスのお酒です。


【お造り】
本日のお造り盛り合わせ 妻一式
(ホタテ、サワラ、マグロ、タラ)
151220_03.jpg

お皿全面に氷が敷き詰められ、冷たいままお刺身を
いただくことが出来ました。

ここで、本日のゲストの登場です。

宮城県漁協塩竈総合支所かき部会 部会長を務められている
渡邉 茂さんと、息子さんの允浩(のぶひろ)さんです。
鳴瀬で牡蠣の養殖をされています。

151220_21.jpg

鳴瀬の牡蠣は、河口に近く、植物性プランクトンの多い、
栄養分豊かな恵まれた漁場で育てられているため
美味しくなるそうです。
1年牡蠣で、殻は小さいが身入りが大きいのが特徴。
女性が一口で食べられる適正なサイズとのことです。

東日本大震災前は6179トンあった水揚げが、
平成25年は2400トン、26年は3300トンと
半分以下に落ち込んだ水揚げ量も少しずつ回復している
とのことでした。

前半のお話はこのへんで、続きは会の後半で。

お料理は続いて「油物」へ。

【油物】
カダイフに包まれたずわい蟹と       
松島牡蠣の磯辺揚げ バルサミコ餡
151220_04.jpg

サクサクした細かい食感と、ぎっしりしたカニの身と
その甘さが美味しい一品でした。


続いて、焼物。

【焼物】 
松島牡蠣と海老のアヒージョ       
バケットを添えて
151220_05.jpg

牡蠣のほか、人参、芽キャベツ、海老、パプリカ、エリンギ
など、具だくさんのアヒージョでした。

こちらに合わせて、お飲み頂いたのが、
発泡性純米吟醸酒 浦霞
151220_17.jpg

心地良い発泡感が口の中に拡がる、 発砲性純米吟醸酒。
今回のために特別にご用意したお酒です。
(一般販売しておりません)



ここで、ゲストのお二人に再び登壇頂きました。
151220_22.jpg

後半は、震災時の様子、そしてそこからの復興のお話、
現在の問題等をお話頂きました。


全国の種牡蠣のうち、7~8割は宮城県産。
その種牡蠣も東日本大震災で津波に流され、壊滅的
な状況でしたが、松島の島にわずかに残った牡蠣を
育て、良い種牡蠣づくりに務めたとのことです。

津波で失った仲間もおり、残っている船も少ない中、
皆で共同でやろう、と心一つに進めていったそうです。

現在、浜で起きている問題として、浜で働く女性が
少なくなったことだそうです。
震災前は、浜の近くに住居があり、歩いて浜に来ていた
そうですが、震災後は住宅禁止区域になり、浜の遠くに
住んでいる方が多く、それを機にやめられる人が多いそうです。
牡蠣をむく人の減少が、出荷量が伸びない要因のひとつ
にもなっているそうです。

復興は進んでいるものの、また新たな問題も出てきており、
浜で起きているリアルな情報を伺うことができました。

渡邉茂さん、允浩さん、貴重なお話をありがとうございました。

お料理は、続いて「温物」に。

【温物】
牡蠣と宮城産曲葱の朴葉焼き
151220_06.jpg

牡蠣の美味しさが凝縮され、味噌の甘塩っぱさが
お酒をさらに美味しく頂けました。

続いて、「小松館 好風亭」さんの料理長 車塚さんから
ご挨拶と客前料理を披露いただきました。


【客前料理】  
仙台名物牛タンの塩釜焼き
151220_07.jpg

151220_09.jpg

151220_08.jpg

151220_10.jpg

牛タンは柔らかく、そして厚みがあり、噛めば噛むほど
甘みが溢れ、牛タンの美味しさが凝縮されていました。

塩をつけて、レモンをかけてと2つの味わいを
楽しむことができました。

ここで、お酒はお燗酒の提供に。

特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞

141220_16.jpg
宮城県産ササニシキ100%使用。
ふくよかな米の旨みとほどよい酸味のハーモニーを
お楽しみ頂けるお酒です。


こちらのお酒とともに味わって頂きたいお料理、
「止椀」「お食事」に移ります。

【止椀】
鱈のアラ汁漁師風
【お食事】
以下の3つから各自セレクト頂きました。
 ①牡蠣の炊き込み
 ②牡蠣を練り込んだ仙台味噌の焼きおにぎり
 ③宮城産ひとめぼれ

151220_11.jpg

151220_12.jpg

お焦げも美味しく頂きました。

最後に、デザートが出て参りました。

【デザート】
浦霞アイスクリームと浦霞のサバラン 無花果を添えて

151220_13.jpg


アイスクリームと合わせて、お酒は「デザート酒」を。

浦霞 本格焼酎につけた梅酒
  


こちらで全てのお料理とお酒の提供が終わりました。

151220_23.jpg

ご参加頂きました皆さま、渡邉茂さん、允浩さん、
「小松館 好風亭」さん、ありがとうございました。

次回「春の集い」もお楽しみに!!

151220_14.jpg

写真左から
山田錦純米大吟醸 浦霞
蔵の華純米吟醸 浦霞(宮城県限定)
発泡性純米吟醸酒 浦霞(一般発売しておりません)
特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞
浦霞 本格焼酎につけた梅酒(季節限定、数量限定)


アンケートより一部抜粋
・普段美味しく頂いている牡蠣の知らないことを
 たくさん聴かせていただきました。
やっぱり宮城県の牡蠣が一番です。
・素晴らしい景色を観ながら美味しいお料理とお酒を
 頂き、幸せなひとときをありがとうございました。
・生産現場の生のお話が聞けて幸いです。
 宮城はまだ復興の途中です。お体にお気をつけて
 お仕事続けてください。
・初めて参加して、お酒とお料理のコラボ、大変
 美味しくいただきました。