旬どき うまいもの自慢会 みやぎ

第18回【冬の集い】を開催しました


皆さん、こんにちは。企画課の芳賀です。

旬どき うまいもの自慢会 みやぎ 【冬の集い】
を開催しましたので、その様子を報告いたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

  開催日時平成22年12月18日(土)12:15から15:00
  会  場

「田里津庵」(宮城県宮城郡利府町)
>>http://sendai.washokuhana.com/
  参加料6,000円
  定員34名
-----------------------------------------------------------------------------------------------

弊社社長佐浦より挨拶

乾杯酒
純米吟醸 浦霞禅

杜氏入魂の逸品!ほどよい香りとまろやかな味わいのバランスのとれた純米吟醸酒です。

「田里津庵」
石川店長よりご挨拶

純米吟醸 浦霞禅
で乾杯!
会のスタートです!!

会場から見た外の景色。
当日は晴れわたり、
松島がきれいに見えました。


<小鉢>
旬の小鉢
<お造り>
五点盛り
今が旬のニシン、トラフグの皮、人参、昆布が入った「松前漬け」。塩味と苦味、ほんのりとした甘味が広がり、お酒のあてにぴったり!


マグロ、カンパチ、ボタン海老、サワラ、アワビの五点盛。甘みのあるお刺身に「純米吟醸 浦霞禅」がより進みます。


ここだけ
牡蠣吟醸鍋
?浦霞の吟醸粕使用?

浦霞の吟醸粕を使用した、マイルドで香り豊かな田里津庵名物のお鍋です。牛乳、クリームチーズ、モッツァレラチーズを入れて"和風シチュー"をイメージして作られた鍋。酒粕の香りとクリームの甘みを感じながらも鰹出汁ですっきりした逸品。吟醸鍋のコクとにごり酒のプチプチ感がマッチしていました。

非売品
浦霞 にごり酒

旬のお酒を今回特別に用意いたしました。一般発売はしておりませんが、下記の飲食店でお楽しみいただけます。

◎仙台 かき徳(仙台市)
TEL 022-222-0785
◎お寿司と旬彩料理 たちばな
(仙台市)TEL 022-223-3706




「田里津庵」
菅野調理長よりご挨拶


参加者からの質問にも
お応えいただきました。


<名物>
牡蠣のカンカン焼き
<焼き物>
鰤(ぶり)の照り焼き
地元漁師直伝の名物料理。缶で蒸し焼きにすることで水分が逃げず、ふっくら、ぷりぷりの食感と濃厚な感じがそのまま味わうことができました。


脂ののった鰤と照り焼きのタレとのバランス、濃いタレとお酒の相性が最高です。また、いくら・長芋・青海苔の小鉢もそえられ、口の中がすっきり。箸休めの一品となりました。
県内取扱い限定品
純米原酒
塩竈まうで 浦霞
やや甘みを伴うふくよかさやりんごを感じさせる香り、芳醇でしっかりとしながらも心地よいキレのある味わいのお酒です。

>>お取扱い店はこちら
お問い合わせ下さい
いまだけ
牡蠣の味噌漬け
カレー味に味付けをした後、味噌をガーゼで閉じ込め、しみこませた牡蠣はぎゅっと引き締まり、歯ごたえ抜群。最後、柚子と白髪ねぎをかけて仕上げております。そえられた人参のムースも甘く美味しかったです。


<揚げ物>
牡蠣フライ
和風タルタルで
大吟醸 浦霞
果実のような気品ある吟香とやわらかながら落ち着いた味わいの大吟醸酒です。

サクッと、ふっくら、牡蠣を衣で包み込んだフライ。ジューシーで噛むとじわっと汁が出てきて絶品!肝の苦味もアクセントになっていました。


<お食事>
松島環境保全米ささにしき
香の物、留椀
<デザート>
とら豆餅
利府梨のゼリー

御飯はふっくらと炊き上がり、噛めば噛むほど甘みが増します。お椀はワタリガニの汁物。カニと味噌の塩味が〆にぴったり!田里津庵さん売店でも販売している人気のデザート。利府梨のゼリーは酸味と甘みのバランスが良く、さわやかなゼリー。帰りに売店でお買い求めになるお客様もいらっしゃいました。


【参加者の声】 (アンケートより一部抜粋)
ただただ美味しくお酒と合う料理を堪能しました。
牡蠣、最高です!
限定のお酒が飲めて最高です!
お天気も良く窓からの風景も楽しめました。
同じテーブルの方とのお話もその時その時で楽しく過ごせて毎回楽しみにしてます。
初めて参加しましたが素晴らしい会です。チャンスがあれば毎回参加したいです。


────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────

第17回【秋の集い】を開催しました


皆さん、こんにちは。企画課の芳賀です。

旬どき うまいもの自慢会 みやぎ 【秋の集い】
を開催しましたので、その様子を報告いたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

  開催日時平成22年9月23日(木・祝)17:00から20:00
  会  場

「和食波奈 仙台店」(宮城県仙台市青葉区)
>>http://sendai.washokuhana.com/
  参加料6,000円
  定員38名
-----------------------------------------------------------------------------------------------


弊社社長佐浦より挨拶

【乾杯酒】
特別純米酒
ひやおろし 浦霞
(季節限定販売)

「ひやおろし」は冬に仕込み、ひと夏を越えてほどよく熟成した、もっとも美味しいと言われている時期のお酒を加熱処理せずに瓶詰めしたお酒です。まろやかでふくらみのある味わいは、食欲の秋にぴったりです。

「和食波奈 仙台店」
渡辺店長よりご挨拶


ひやおろし 浦霞 」で乾杯


<前菜>
三点盛り
ずわい蟹と海老のシーザーサラダ
蕪の肉味噌かけ
志津川蛸 つるむらさき酢味噌

「旬どき うまいもの自慢会」は、
お料理とお酒はもちろん
参加者同士の会話も
お楽しみのひとつです。
今回も各テーブルで
盛り上がっていました。
素材の味を活かすため、どれもドレッシングなどは味付けが控えめです。素材の上にかかった肉味噌や酢味噌に「ひやおろし 浦霞」は口の中をまろやかにしてくれます。

<造り>
三陸塩竈ひがしもの(塩竈)
活〆平政(石巻)
ぶどう海老(石巻)
純米吟醸 浦霞禅

杜氏入魂の逸品!ほどよい香りとまろやかな味わいのバランスのとれた純米吟醸酒です。
塩竈の秋の名物「三陸塩竈ひがしもの(メバチマグロ)」は、噛むと口の中で甘味が広がる旨味ののった旬の味わい。「浦霞禅」とも相性抜群でした!

<台物>
伊達桜ポークと早松茸の
しゃぶしゃぶ
?波奈特製薫りポン酢と
柚子胡椒を添えて?
<炙り>
気仙沼戻り鰹藁炙り
浦霞吟醸酒の香り仕立て
?塩竈の藻塩・蔵王の
にんにくを添えて?
伊達桜ポークは甘くてジューシー、脂身もさっぱりでした。松茸、柚子の香りで秋の味覚を感じる一品に仕上がっていました。


藻塩をつけていただくことで、鰹のなめらかな甘さが増しました。また、かぼすのフルーティーな香りと酸味がアクセントになりました。
山田錦 純米大吟醸
浦霞
果実のようなふくらみのある吟醸香と柔らかく熟成された米の旨味が調和され、バランスのとれたまろやかな味わいのお酒です。
<油物>
栗原漢方牛のステーキ
秋茄子と牛蒡のフリット添え
栗アイスと共に...
漢方が配合された飼料で育った牛は、肉質に臭みがなく、ステーキにしても脂がほどほどであっさりしていますが、口の中ではジューシーにうまさが広がります。
これにサクサクとした牛蒡のフリットとの食感が絶妙のハーモニーでした。栗アイスを加えて食べるとさらにお肉の美味しさ再発見!よくわかりました!!とても美味しく、この日の一番人気でした。

<握り>
三陸塩竈ひがしもの 赤身(塩竈)
ヤリイカ(石巻)
煮穴子(松島)

<留椀>
仙台油麩となめこの味噌汁
純米辛口 浦霞
心地よい香りとしっかりとした米の旨味、そして後味のキレが感じられる、バランスのとれた辛口の味わいの純米酒です。
握りのネタはここ一番の旬の素材。もちろん地物。ネタの旨さ。お米の甘さが口の中に広がったところへ「純米辛口 浦霞」が登場!ベストマッチでした。

<甘味>
波奈オリジナル和製サバラン
?浦霞の梅酒仕立て?

遠くは東京からお越し頂いた
方もいらっしゃいました。
次回「冬の集い」は12月の
開催を予定しています。
楽しみにしていて下さい!
和製サバランという名前の通り「純米原酒で漬けた浦霞の梅酒」を使用した一品。ブルーベリーと梅酒の酸味ミントの爽やかさがバランス良く整っています。最後に「きゅっ」と口の中が締まったところでお食事は終了。


本日のお酒

左から
純米辛口 浦霞
山田錦純米大吟醸 浦霞
純米吟醸 浦霞禅
特別純米酒 ひやおろし 浦霞(季節商品)


【参加者の声】 (アンケートより一部抜粋)
店長のおもてなしの心のある挨拶と丁寧なメニュー紹介があったので、料理をより美味しく頂くことができた。
今日休みで参加できて良かった。「波奈」は利用しているので絶対美味しいと思っていたので最高だった。また参加したい。
初めて参加したが、料理とお酒のコラボレーションが良かった。「波奈」と「浦霞」の念入りな打ち合わせがあったと思う。日本酒好きな人にとっては嬉しいイベント。
女房が「いい!」と言うので来たが、雰囲気、料理、浦霞すべて良かった。
とにかくお料理とお酒が美味しかった。いつも社長の挨拶はうまい。
漢方牛は肉の甘みもあり、今まで食べたことのない肉だった。しゃぶしゃぶも美味しかった。
酒と料理のマッチング(マリアージュ)が良い。期待感が高まり、次回も是非参加したい気分満々。
美味しいお酒とお料理と楽しい会話ができて良かった。




────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────

第16回【夏の集い】を開催しました


皆さん、こんにちは。企画課の芳賀です。

旬どき うまいもの自慢会 みやぎ 【夏の集い】
を開催しましたので、その様子を報告いたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

  開催日時平成22年6月19日(土曜日)12:30から15:30
  会  場

懐石料理「東洋館」(宮城県仙台市太白区)
>>http://www.toyokan.jp/
  参加料8,000円
  定員56名
-----------------------------------------------------------------------------------------------


今回の会場は2度目の開催となる懐石料理「東洋館」(前回の様子はhttp://www\.urakasumi\.com/hpa/syundoki_0706\.htmlをご覧下さい)。老舗の懐石料理と「浦霞」を合わせてお楽しみいただきました。


弊社社長佐浦より挨拶

【乾杯酒】
純米生酒 浦霞 にごり酒
(県内/季節限定販売)

生酒ならではの清涼感あふれるフレッシュな味わいと純米酒らしい旨味と酸味の絶妙なバランスのお酒です。

「東洋館」千田社長よりご挨拶


純米生酒 浦霞」で乾杯

<先付>
七ヶ浜がぜ雲丹
白目大豆 陸蓮根
<前菜>
鮑酒蒸し、北寄貝酒盗焼、
太刀魚浦霞吟醸漬、ほや麹漬け、
小芋仙台味噌煮、ささげ蝋焼


<吸椀>
甘えくぼ豆腐、蟹、
順菜、椎茸
山田錦 純米大吟醸
浦霞

果実のようなふくらみのある吟醸香と柔らかく熟成された米の旨味が調和され、バランスのとれたまろやかな味わいのお酒です。



<造り>
鮪、鱸、巻海老
<鉢物>
あいなめ利休味噌、
穴子玉子巻織焼、
あすばら、玉蜀黍


純米吟醸 浦霞禅
杜氏入魂の逸品!ほどよい香りとまろやかな味わいのバランスのとれた純米吟醸酒です。
<煮物>
蛸柔煮、細竹、
しゃこ海老黄味煮、長茄子、
えんどう


<揚物>
三陸帆立貝海老新生姜、
弥勒寺唐辛子、青梅
<酢物>
鰻ざく奉書


<食事>
かます仙台棒茗荷御飯、
仙台味噌椀、香物
<水物>
南瓜、いちじく、
桜桃、大納言

本日のお酒

左から
純米吟醸 浦霞禅
山田錦純米大吟醸 浦霞
純米生酒 浦霞(季節商品)


56名の方にご参加いただきました。
ありがとうございました。
見晴らし抜群!
皆さんカメラで撮影していました。
仙台芸妓組合から3名の
芸妓さんにお越しいただき、
下記演目を披露して
頂きました。

 =演目=
  ?さんさしぐれ
  ?わしが国さ
  ?川水
  ?荒城の月
  アンコール やぐら下
芸妓さんに踊りを
披露していただきました。

趣ある東洋館での踊りに
皆さん釘付けです。
踊りの後は参加者の皆さんと交流。
話に華が咲いていました。


【参加者の声】 (アンケートより一部抜粋)
料理とお酒の調和に趣がプラスされた至上の喜びでした。
浦霞の酒席はこよなく楽しく、目・味・音、五感で堪能致しました。
芸妓さんのおどりを見られる機会は貴重!すばらしい!
優雅なひと時を過ごせて満足です。
美味しいお酒と美味しいお料理、本当に幸せな気持ちになります。
東洋館での懐石料理に浦霞を飲めることで参加。とても満足です。
景色よし、料理もおいしくいただきました。
東洋館も初めてでしたが、すごくゆったりとした雰囲気、由緒ある建物の中でおいしいお酒とお料理を素敵な空間で味わうことができて満足です。

────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────

第15回【春の集い】を開催しました


皆さん、こんにちは。企画課の芳賀です。

旬どき うまいもの自慢会 みやぎ 【春の集い】
を開催しましたので、その様子を報告いたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

  開催日時平成22年3月20日(土曜日)17:00から19:45
  会  場

仙台地物屋「炉だん」(宮城県仙台市青葉区)
>>http://www.syokuyuraku.com/omise/rodan/index.htm
  参加料6,000円
  定員40名
-----------------------------------------------------------------------------------------------



今回の食材テーマは獲れたて新鮮、
「宮城の春の海」です。
今が旬の海の幸を思う存分に「浦霞」と合わせてお楽しみいただきました。

弊社社長佐浦より挨拶を申し上げた後、乾杯にて会はスタート!
【乾杯酒】
浦霞 にごり酒
(非売品)
旬のお酒を今回のために
特別に用意いたしました。

ピリッとした酸味と濃厚な甘み、
程よい余韻と
キレを感じさせるお酒です。


────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────
<お通し>
生湯葉入り 桜竹豆腐
<先付>
毛がにみそ
桜の甘酸っぱい香りが広がり、華やかな春を感じさせます。湯葉の滑らかさと濃厚なコク、塩味がきいていてさっぱりスルスルといただけました。

毛がに丸ごと1杯の贅沢さ!皆さんしばし無言でかにと格闘。身の甘味とみその苦味はお酒をさらに進めてくれました。


<お刺身>
旬のお魚
(タコ、イカ、カンパチ、ブリ、サバ)
【新商品】
しぼりたて 純米生酒 浦霞
(季節限定品)
厳寒期に造られた「しぼりたて」の特有のフレッシュ感と純米酒ならではのコク、ほど良い酸味と旨味が心地良い味わいの新酒です。http://www\.urakasumi\.com/pic/sh_siboritatejyunmai\.html

http://www\.urakasumi\.com/pic/sh_siboritatejyunmai\.html
身が引き締まった刺身は、さっぱりとした中にも甘みがあり、「http://www\.urakasumi\.com/pic/sh_siboritatejyunmai\.html」のコクと相性GOOD!どっしりとした生酒と刺身の甘さが調和され、まろやかな味わいが口の中に広がります。

<強肴>
七輪焼き
(石巻ホッキ貝焼き、
生めかぶ、自家製笹かま)
テーブルに七輪が運ばれ、目の前でパチパチと音を立てて焼く演出に会場の皆様も大喜び。
ホッキ貝は貝のまま七輪に載せ、火が通ったら、下のワカメとまぜて食べます。身の甘みと肝の苦味、噛んだ時に出てくる汁の塩味は「http://www\.urakasumi\.com/pic/sh_siboritatejyunmai\.html」と合わせると海の塩味も混じり、まろやかな味わいになりました。焼きたて熱々の自家製笹かまは歯ごたえがあり甘みが広がります。

<揚物>
築館蓮根鳥挟み揚げ
塩釜藻塩添え
【3月発売】
純米吟醸 生酒
浦霞 春酣
(はるたけなわ)
(季節限定品)
純米吟醸酒らしい米の旨味と果実のような香り、生酒のフレッシュな味わいがお楽しみいただけます。http://www\.urakasumi\.com/pic/sh_siboritatejyunmai\.html(季節商品)
http://www\.urakasumi\.com/pic/sh_harutake\.html(季節商品)
http://www\.urakasumi\.com/pic/sh_yamada\.html





【参加者の声】 (アンケートより一部抜粋)
初対面の方と親しくお話しでき、いろいろ情報収集できて有意義でした。
七輪焼きは地元ならではの食べ方の提案としてとても感動しました。
新しい食材、お酒、食べ方、新しい人たちとの【出逢い】が楽しかったです。
地産地消でとても安心安全、おいしい時間が過ごせて楽しかったです。
いつも美味しいお酒をいただくので楽しみです。
日本酒好きの仲間と酌み交わせて最高の集いです。
宮城の食材の豊かさを改めて知った。日本酒との相性が最高でした。
菅野さんのご説明で、恵まれている「宮城の食」を実感しました。


第14回【冬の集い】を開催しました


皆さん、こんにちは。企画課の芳賀です。

旬どき うまいもの自慢会 みやぎ 【冬の集い】を開催しましたので、その様子を報告いたします。

会場は、松島の「ホテルニュー小松 好風亭」さんで、
宮城の冬食材「牡蠣」とともに「浦霞」をお楽しみいただきました。

 -----------------------------------------------------------------------------------------------
 [冬のつどいの概要]
  開催日時  平成21年12月20日(日曜日) 11:30~14:30

  開催場所   「ホテルニュー小松 好風亭」(宮城県松島町)
  参 加 料   6,000円
   定 員    44名
 -----------------------------------------------------------------------------------------------


 生産者へインタビュー
当日は、食事前に牡蠣生産者のもとを訪れて話しを伺い、美味しさを倍増させることにしました。
今回お話しをいただいたのは松島地区漁業組合の蜂谷雅美組合長。
松島の牡蠣の美味しさの秘訣を教えてくれました。


インタビューの概要

浦 霞 毎日何時頃から仕事が始まるのですか?
蜂谷氏

新鮮なものを皆様にお届けするため牡蠣剥き作業は5時くらいから始めています。
浦 霞 牡蠣漁されてから何年くらいですか?
蜂谷氏 50年くらいです。牡蠣漁は3代目です。
浦 霞 牡蠣漁のシーズンはいつからいつまでなのでしょうか?
蜂谷氏 今年は9月29日から3月末くらいまででしょうか。
浦 霞 一番の旬の時期というのはいつでしょうか?
蜂谷氏 やはり12月、1月でしょう。一番おいしい時期です。
浦 霞 松島の牡蠣は人気ですが、松島湾の牡蠣の特長を教えて下さい。
蜂谷氏





松島湾は水深が5?6mくらいしかありません。養殖の方法は、この水深を利用して海に葡萄棚のような牡蠣棚を組んでおこなう垂下式です。また、松島は国が指定する特定名称地として開発などされない手つかずの自然があります。周辺の山々の腐葉土などに含まれる養分が海へ流れるため、牡蠣を育てる植物性プランクトンが豊富で牡蠣が美味しく育ちます。
浦 霞 牡蠣の成長はどれくらいで出荷されるのですか?
蜂谷氏 稚貝から出荷までおよそ1年3ヶ月くらいです。早くに成長します。



浦 霞 最後に蜂谷さんの牡蠣の大好きな食べ方は?
蜂谷氏 やっぱり焼き牡蠣ですね!
浦 霞

今日は最盛期の一番お忙しい時期にお時間頂きまして、ありがとうございました。
松島地区漁業組合
蜂谷雅美 組合長

松島地区漁業組合
宮城県松島町松島字東浜12-1
TEL 022-354-2269
FAX 022-354-3700





そして今回の食材は獲れたて新鮮、目の前で水揚げされた宮城の冬の味覚
「牡蠣」です。
今が旬の牡蠣を思う存分に「浦霞」と合わせてお楽しみいただきました。

弊社社長佐浦より挨拶を申し上げた後、乾杯にて会はスタート!
  

乾杯酒 別誂 大吟醸 浦霞(木箱入り)

乾杯酒としてご用意したのがこちら。果実のような芳醇な吟香と落ち着いたまろやかな味わいのバランスのとれた繊細な大吟醸酒です。フルーティな香りとすっきりとした味わいが、これから始まる牡蠣づくしのお食事をますます楽しみにしてくれました。


「コクのある酒粕」と車塚料理長に太鼓判をいただいた弊社の酒粕で付けたサーモン。きれいな照りが出ており、旨味・甘味が引き出されていました。


<台の物>
牡蠣のエスニック風鍋
蔵王大根、松島曲葱、
仙台麩、宮城芹


ナンプラーでタイ風に仕上げたさっぱりとした鍋。宮城の食の恵みがいっぱいで心も体も温まりました。

旬の宮城の牡蠣や野菜のほか、女性に嬉しいコラーゲン入りの鍋。スープが滲みこんだ大根は甘く美味しかったです。

<止め椀>
松島牡蠣汁漁師風
<お食事>
牡蠣飯
<香の物>
仙台芭蕉菜漬け
松島赤蕪漬け
<デザート>
ブリュレ、柿


牡蠣の香りと風味が広がるご飯。三つ葉や柚子が彩りを鮮やかにしてくれます。

クリスマスの飾りが付いたかわいいデザート。焦げた砂糖の表面をバリバリ割ると中からマロンが姿を見せました。ひと足早くクリスマス気分を満喫。


本日のお酒

左から
別誂 大吟醸 浦霞
ササニシキ特別純米酒 浦霞(生酒)
浦霞 にごり酒(非売品)
山田錦純米大吟醸 浦霞





【参加者の声】 (アンケートより一部抜粋)
直接生産者の声を聞き、知らなかったことをいろいろと教えてもらいました。
牡蠣の出荷までの工程がわかり、すごくためになりました。
牡蠣の知識も増え、ますます「牡蠣」が好きになりました。
松島の牡蠣の魅力をあらためて発見しました。
食事会だけではなく、生産者の方の声も聞けてとても興味深い集いになりました。
牡蠣と日本酒の相性はいいですね。来年も同様の企画をしてほしいです。
美味しい料理と松島の景色と素晴らしい浦霞のお酒で満足しました。
旬のものを旬の時に食す(食せる)事が最高と思います。
充分な満足と満腹とで幸せなひとときでした。
新しい知人ができ、話しが弾みました。