第6回shizuku蔵ツアー開催報告(後編)


こんにちは、1年生のみふみです。

「shizuku蔵ツアー」後半を報告致します!

 ※「shizuku蔵ツアー」前半の記事は下記をご覧下さい
 http://www.urakasumi.com/hagishira/2013/11/post-13.html


蔵見学の後は、佐浦社長によるミニセミナー「女の子のためのニホンシュ教室」
が行われました。

131109_11.jpg
131109_23.jpg

 ・ニホンシュの原料
 ・ニホンシュのラベルの見方
 ・ニホンシュの特定名称

ニホンシュの基礎知識を勉強。皆さん熱心に聴いておりました。


続いて、ワークショップ「ニホンシュに恋しよう」 へ。

このワークショップは、浦霞製品を擬人化し、shizuku編集部が仲人となって
お見合いをしてもらう企画です。

131109_06.jpg

shizuku編集部お手製のニホンシュ身上書を見ながら、商品の特徴を理解し、
実際に飲み比べながら、お気に入りの1本「My favorite ニホンシュ」を
見つけてもらいました。


(1)純米吟醸 浦霞禅
131109_12.jpg  zen.jpg
      仲人:あんな       「純米吟醸 浦霞禅」の身上書


(2)エクストラ大吟醸 浦霞
131109_13.jpg  extra.jpg
      仲人:りな        「エクストラ大吟醸 浦霞」の身上書


(3)木桶仕込み山廃純米酒 浦霞貳百八拾號
131109_14.jpg  kioke.jpg
      仲人:まいこ        「木桶仕込み山廃純米酒 浦霞貳百八拾號」の身上書


(4)低アルコール純米酒 萩の白露
131109_15.jpg  hagishira.jpg
      仲人:なつき        「低アルコール純米酒 萩の白露」の身上書


(5)蔵の華 芳醇辛口純米 浦霞
131109_16.jpg  houjyun.jpg
      仲人:とも         「蔵の華 芳醇辛口純米 浦霞」の身上書


131109_17.jpg
131109_19.jpg


また、お酒と一緒にオリジナルプレートも配膳。
お料理も食べて頂きながら、お酒との相性もお楽しみ頂きました。

131109_18.jpg
  ・メークインとドライトマトのキッシュ
  ・パイナップルのフルーツチーズ、クラッカー
  ・カブと生ハムのマリネ
  ・ゴボウの味噌漬け


こちらのお料理は、「デリカテッセン ケトル」様(塩竈市西玉川町7-42)とご相談
させて頂きながら、日本酒に合うものをセレクトしてワンプレートに盛り付けました。


5人の仲人の熱い想いと説明を聞いたところで参加者の皆さんには、
お気に入りの1本をフリップに書いて挙げて頂きました。

131109_22.jpg
131109_08.jpg

票が割れ接戦の様子でしたが
1番のモテ男ならぬ「モテ酒」に輝いたのは・・・

131109_09.jpg

エクストラ大吟醸 浦霞でした。


皆さんそれぞれにお気に入りのニホンシュが見つかったようです。
ぜひ、今後のニホンシュ選びの参考にしてほしいですね

その後、社長や杜氏さんを迎えてのフリートークへ移りました。

131109_10.jpg

前半の蔵見学で気になったところや、実際に飲んでみての感想など
思い思いに口にする参加者の皆さん。すっかりニホンシュに恋したご様子。


最後に参加者の皆さんに「低アルコール純米酒 萩の白露」が入ったお土産袋を
プレゼントして、shizuku蔵ツアー終了です!!

131109_20.jpg


第6回shizuku蔵ツアーも大盛況のうちに終わることができました!
参加者の皆さん、ありがとうございました!!!

131109_21.jpg


────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────
 ART STANDARD.ホームページ http://www.art-standard.com/
────────────────────────────────────────

「shizuku」に関するご質問、ご感想はこちらまで
Eメール shizuku@urakasumi.com


このブログ記事について

このページは、urakasumiが2013年11月25日 13:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第6回shizuku蔵ツアー開催報告(前編)」です。

次のブログ記事は「shizuku vol.24 (冬号)ができました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。