日本酒のファン投票
宮城県清酒鑑評会 サポーターズセレクション金賞受賞

全国的にも例がない日本酒のファンによる投票で、このたび「金賞」をいただきました。


>>商品紹介はこちら



※生一本に授与された賞状



※一般純米酒部門に授与された賞状
 一般的に清酒の審査会は鑑評会と呼ばれ、各種専門家が審査にあたっています。先日行われた宮城県清酒鑑評会は、県産米を使って仕込んだ原酒を対象とした鑑評会で、県産酒の技術レベルの向上を目的に、技術者や専門家の方々が審査にあたっています。


 高度に訓練された審査員による評価が、蔵元にとっての技術的指標となり、日々の技術研鑽の原動力となっています。


 その一方で、技術的レベルの高さがお客様の嗜好と必ずしも一致するものではありません。日本酒に限らず、飲食に伴う「美味しい、まずい」は私的で直感的なものですから、百人百様のおいしさがあります。


 そこでこのたび宮城県酒造組合では、従来の技術的な鑑評会とは別に、日本酒サポーターの皆様に「一番おいしい宮城の日本酒」を選んでいただく「サポーターズセレクション」を実施することとなり、H19年10月17日に第1回目となる審査会が行われました。


 こちらの審査にあたったのは、毎年9月に行われる「宮城県きき酒選
手権」で上位に入賞された方々です。(「宮城県きき酒選手権」は、毎年参加者数が増えている人気の高い一般消費者の方を対象としたきき酒大会です)


 「サポーターズセレクション」の審査対象酒は、宮城県清酒鑑評会で予審を通過したものになります。

 @県産米純米酒の部  
 A県産米純米吟醸酒の部  
 B一般純米酒の部  
 C一般吟醸酒の部  こちら4部門に分けて審査が行われました。


 そしてこのたび当社は、@県産米純米酒の部で「特別純米酒 生一本(きいっぽん)浦霞」、B一般純米酒部門「浦霞」(鑑評会用出品酒)で各部門の最上位に与えられる「サポーターズ・セレクション金賞」をいただきました。



 技術的な評価もさることながら、日本酒ファンの方々によるご支持が高かったことに心より嬉しく存じております。今後もこの受賞に恥じないよう、いっそう浦霞各商品の酒質の維持・向上に努めて参る所存です。



 ※左の賞状は、H19年9月に開催された「宮城県きき酒選手権」で優
   勝された伊藤様、準優勝された佐々木様から授与されたものです。
   お二人は、11月2日に東京で開催された「全国きき酒選手権」へ
   宮城県代表として出場されました。