TEL 022-364-3321
TEL 022-364-3321

ゴルフ場日記

ゴルフ場日記

五本競技 佐浦菊次郎杯を開催しました。

 7月24日の日曜日に7月の月例競技「佐浦菊次郎杯」を
100名のメンバーさんのご参加頂き、開催しました!
 当日はあまり暑くもなくプレーしやすい気候となりプレー
も順調に進み、無事終了しました。
DSCF4093.JPG

 当倶楽部では年に2回ほど「五本競技」と言われる公式
月例競技を開催しております。今回の「佐浦菊次郎杯」と
11月の「佐浦茂雄杯」になります。
 五本競技はその名の通り、クラブはパターを含め5本以内、
また組合せは最大で1組5名の組合せで行う、当倶楽部での
「お祭り」的な競技です。
 「お祭り」と言えどもオフィシャルハンディーキャップでのアンダー
ハンディ競技ですので参加する選手は皆、和気藹々ながらも
プレーは真剣で真夏の熱い戦いがそこかしこで繰り広げられました。

 今年佐浦菊次郎杯の優勝カップを手にしたのは、
アウト46、イン44のトータル90
ハンディキャップインデックス31でネット59で

相澤 豊 さん

が見事優勝カップを手にしました!相澤さんおめでとうございます!

相澤さんは今年4月に入会した新メンバーさんですが、この大舞台で
見事なスコアーでのラウンドとなり、入会3ヶ月での「スピード優勝」を
果たしました!

優勝カップを手にする相澤さんです。右は佐浦理事長となります。
DSCF4101.JPG
相澤さんおめでとうございます!

東北ゴルフ連盟創立50周年記念コンペが開催されました。

 7月1日に東北ゴルフ連盟創立50周年記念コンペが
当倶楽部を会場に開催されました。
 当日は梅雨の晴れ間の良い天気となり、東北各地より
ご参加頂きました連盟役員、倶楽部役員の方々をお迎え
することが出来、大変光栄な一日となりました。

 6月上旬は雨が少なく、グリーンの芝の一部にダメージ
を受け、心配されましたが中旬の降雨ですっかり回復し、
最高のコンディションで皆様をお迎えすることが出来ました。
DSCF4050.JPG

 また、夕方からは会場をホテルメトロポリタン仙台に移し
記念式典並びに祝賀会が開催されました。記念式典において、
当倶楽部は加盟継続50年の倶楽部として表彰を受けました。
 これは一重に浦霞コースを守り続けてきた先輩方のお陰で、
改めて倶楽部の伝統を再認識する出来事でした。
 今後もゴルファーの社交親睦、健康保持の場としての役割
を果たすべく、コース整備に努めて参ります。
DSCF4059.JPG

詳しくは、東北ゴルフ連盟のホームページをご覧下さい。

「理事長杯」を開催しました!

 6月19日に「理事長杯」を開催しました。5月の
キャプテン杯に続き27ホールのストロークプレーで
争われる競技となります。

 キャプテン杯に優勝した絶好調男の加藤利吉選手
が2勝目に輝くのか、それとも連勝を阻止する選手が
現れるのか、手に汗にぎるスタートになりました!

曇り空でのスタートとなりました!
DSCF4032.JPG

優勝スコアーの発表です!!

アウト38、イン38、アウト40のトータル116
ハンディキャップインデックス19.5でネット96.5で

 見事!加藤利吉さんが5月のキャプテン杯に続き連勝
を果たしました!加藤さんおめでとうございます!
この好調を維持し、9月の倶楽部選手権、10月のシニア
選手権の「4冠」を目指し頑張って下さい。

理事長杯を手にする加藤さんです。左は佐浦理事長です。
DSCF4034.JPG

水無月杯を開催しました。

 6月12日にBクラス月例競技の水無月杯を開催しました。
当日は蒸し暑い一日となりました。
 5月に続き、Bクラス単独開催の水無月杯なので、同組
は楽しい仲間とのラウンドであると同時にライバル同士で
もあります。

ライバルとの戦いを制したのは、

アウト42、イン38のトータル80
ハンディキャップインデックス21でネット59で

岩崎 啓二さん

が見事優勝されました!!

インのスコアが38とすばらしいラウンドであと一打で70台
となる会心のラウンドとなりました。

岩崎さんおめでとうございました!
DSCF4029.JPG

春の親善競技を開催しました。

 恒例の宮城カントリークラブさんとの親善競技が5月
25日に当倶楽部を会場に開催しました。
 「春」は仙塩、「秋」は宮城を会場にして行われるこの
競技は、両倶楽部の親睦を深めるために行われるように
なりました。
DSCF4006.JPG

 そこかしこで、「しばらくぶりです!」との再会を喜ぶ声が
聞かれこの大会の意義を改めて感ました。、ここまで続けて
きて下さった両倶楽部の先輩方に敬意を表すると共に、今後
も継続していくことの大切さを実感した瞬間でもありました。

 親善競技と言っても、ハンディキャップ制による正式競技で
あり、また上位10人のネットスコアー合計による団体戦もあり、
倶楽部の名誉のための真剣勝負です!

 アテスト時には両倶楽部の選手とも、ホールアウトした同胞
のスコアーを確認し、勝負の行方を占っていました!
 表彰式には多くの方に参加頂き、お互いの健闘をたたえ合い
ました。
DSCF4007.JPG

 皆様が待ちに待った団体戦は、仙塩チームが地の利を活かして
優勝しました!仙塩チームの選手の皆さん、おめでとうございました!
これまでの、総合成績では負け越している仙塩チームなので、秋の
アウェーでの戦いも是非勝利したいと思います。
 ご参加下さいました宮城、仙塩両倶楽部のメンバーの皆様、
ありがとうございました!