TEL 022-364-3321
TEL 022-364-3321

ゴルフ場日記

ゴルフ場日記

2018年 年頭のご挨拶

 新年あけましておめでとうございます。本日2日より
2018年の営業を開始致します。
 今年、当倶楽部は開場83周年を迎えます。諸先輩が
護り続けてきた「健康保持の場」、「社交親睦の場」
そしてゴルフを通じての「人生修練の場」としての役割
を果して参りたいと思います。
 プレーヤーの皆様に新たな歴史を刻んで頂き、より
良いゴルフライフを過ごして頂けるよう、コース整備
クラブハウスの維持に努めて参ります。

 今年も皆様の変わらぬご贔屓をお願い申し上げ、年頭
のご挨拶とさせて頂きます。宜しくお願い致します。

2017年 年末のご挨拶

 本日12月30日で2017年の営業を終了させて頂きます。
今年一年の皆様のご愛顧を心より感謝申し上げます。

 「ゴルフは自然との闘い!」と言われますが、今年は「異常
気象」に悩まされた一年となりました。降雪が少ない冬、降雨
量が少ない梅雨、夏場の冷夏、10月の季節外れの台風などが
ありました。
 本日も降雪のためコースは一面の銀世界となっていました。
「待ってでもプレーをしたい!」と言って下さる皆様のお陰
で除雪後の遅れスタートとなりました。

このようにプレーヤーの皆様のご支援のお陰で昨年を上回る
お客さまにご利用頂きました。本当にありがとうございました。


 来る2018年もプレーヤーの皆様に楽しく、快適にプレー
をして頂ける様、コース整備、クラブハウスの整備に努めて
参ります。
 皆様方にとって来る2018年が輝かしい一年となることを
お祈り申し上げ年末のご挨拶に代えさせて頂きます。
来年は2日より営業を開始致します。ありがとうございました。

2018年も多くのお客さまのご来場をお待ち致しております!
DSCF4981.JPG

 

今季最終戦「親睦競技」を開催しました!

 12月3日(日)に今年最後の月例競技「親睦競技」を
開催しました。師走に入り寒さが身にしみる季節となりました。

DSCF4943.JPG

 
 今年の親睦競技は昨年に比べると若干参加人数が少なめでし
たが、「腕だめし競技」から始まった「月例競技」と毎月第二
水曜日に開催している「レディースシニア競技」の倶楽部主催
競技の参加者は昨年よりも増えました!
 ご参加頂きました多くのメンバーさん、競技運営にご尽力頂き
ました競技委員の皆様に心より御礼申し上げます。

今季最終戦を勝利で飾ったのは、アウト37、イン41の
トータル78コースハンディキャップ11のネット67で

遠藤 清春  さんです。

 遠藤さんは他の選手が苦戦する中、唯一グロスで70台を
マークし見事にベスグロ優勝を果たしました!!

 遠藤さんはここ最近非常に調子が良く、特にアイアンショット
が好調で自分の思い描いた軌跡通りにショットが出来るとのことです!

遠藤さん、おめでとうございます!来年の活躍も期待しています!

DSCF4946.JPG

11月の月例競技「さよなら杯」を開催しました!

 11月12日に「さよなら杯」を開催しました。前半は曇り
空で肌寒かったのですが、後半からは天候が回復し日が差しまし
たので羽織っていたジャンバーを脱ぐ選手が多く見られました。

スタート時は冷え込みました!
DSCF4926.JPG

 遅めだったグリーンは一転して早くなり3パット者続出!!
ピンポジションが難しかったホールに限っては「4パットを
してしまった!!」と悔やんでいた選手もいるほどで、速く
難しいグリーン攻略がスコアーメイクの鍵となりました。

 そんなグリーンの攻略に悩む選手が多い中、見事に優勝され
たのはアウト46・イン49のトータル95ストローク、
コースハンディキャップ31のネット64で

加藤 徳夫さん

が7月に開催した5本競技「佐浦菊次郎杯」以来の今年2度目
の優勝を果たされました。加藤さん、おめでとうございます。

優勝した加藤さんです。おめでとうございます!
DSCF4928.JPG

来月3日の「親睦競技」が今年最後の月例競技となります。メンバー
皆様、奮ってのご参加をお待ち致しております!

佐浦茂雄杯を開催しました!!

 今年も年に2回行われる通称「5本競技」と呼ばれる当俱楽部名物の
お祭り競技の佐浦茂雄杯を11月3日(祭)に開催しました。週間予報
では雨マークと心配されましたが、さすが「晴れの特異日」参加者の
皆様の思いも通じ、快晴となりました!
DSCF4906.JPG

 パターを含めてコース内に持ち込めるクラブは5本まで! 前半に
クラブ選択を誤ったので後半はクラブを入れ替えて! なんていう事
は出来ません。スタート時点で選んだクラブで18ホールのプレー
となりますので参加選手は自分の飛距離と得意なアプローチ専用クラブ
を考慮してクラブ選択を悩みます!なのでこの時点からもうすでに
5本競技が始まっていると言ってもよいでしょう!

 競技結果の統計をとってみますといつもと変わらない位のスコアの方
が約4割、5~10打多く打ってしまった方が約4割、そして約2割の
方がネットスコアーでアンダーでホールアウトする傾向があります。

 この難易度の高い競技で優勝されましたのは
アウト41・イン46のトータル87
コースハンディキャップ26のネット61で

相澤 豊さん

が11アンダーという素晴らしい成績で見事に優勝を果たしました。
相澤さんおめでとうございます!実は相澤さんは昨年の7月開催の
同じく5本競技「佐浦菊次郎杯」でも優勝に輝いています!

優勝の秘訣を伺うと「ドライバーを外してのクラブ選択」が秘訣との
ことでした!優勝カップを手にする相澤さんです。隣は佐浦理事長
です。
DSCF4908.JPG

相澤さん、おめでとうございます。