よくあるご質問

お酒について

Q.日本酒はどのくらいもちますか?

酒類には通常の食品のように賞味期限(品質保持期限)を定める法的な決まりはありません。きちんと冷暗所で保管されているならば何年でももちますが、やはり製造年月日からの時間経過により、酒質は徐々に変化していきます。場合によっては、蔵元の意図した味わいと異なってしまうこともあります。弊社としましては、なるべく1年以内にお飲みいただきたいと考えています。開栓後は酒質が急速に変化していきますので、出来るだけ早く飲みきっていただくことをお勧めいたします。

Q.日本酒の保管方法はどうしたらいいですか

保存において気をつけるポイントは、「光を遮ること」と「温度管理」です。

光を遮るためには、床下収納などの暗い所で保存することが望ましいです。お酒を購入した時の化粧箱に入れたままにしておくこともお勧めします。化粧箱がなければ新聞紙できっちり包み、光を遮ることが効果的です。

また、保存温度が高いと熟成香が進みやすく、特有の香りが強くなりやすいものです。また、吟醸酒では果実様の吟醸香が損なわれるおそれがあります。遮光ができ、温度管理もできるのは、冷蔵貯蔵が理想ですが、家庭の冷蔵庫に一升瓶を何本も入れておくことは難しいでしょう。そこで、家の中でも比較的涼しく、温度変化の少ない押入れ(特に北側)での保存がお勧めです。

Q.1年前(半年前でも同様)日付の日本酒が押入れから出てきたけど、まだ飲めますか?

冷暗所できちんと保管されているものであれば、若干熟成しているかもしれませんが、飲まれても問題ありません。通常、日本酒は腐ったりはしませんが、製造年月日からの時間経過に伴い熟成し、味わいも変化しますので蔵元が意図した味わいとは、異なっているかもしれません。お好みに合わない場合は、料理酒などに使用されても良いかと思います。
保存状態がどのようであったか分からない場合は、開栓してみないと分かりません。あまりないことですが、お酒が白濁していたら飲酒は止めていただいた方が良いかと思います。生酒の場合は、きちんと冷暗所で保管されていないと酒質の劣化が早くなりますので、注意が必要かと思います。

Q.生酒・生貯蔵酒・ひやおろし(生詰めタイプ)の保管はどうしたらいいですか?

生酒、生貯蔵酒、ひやおろしは、清酒の中でも最もデリケートなお酒で、冷蔵貯蔵して欲しいお酒です。日が当たったり、冷蔵より高い温度にさらされることで、香味の劣化が早くなりますので、必ず冷蔵貯蔵をお願いします。その際、冷蔵庫の扉の開閉が頻繁だと、冷蔵庫内の温度変化が大きくなりますので、ドアポケット部より冷蔵庫の奥で保管することをお勧めします。また、同様の理由で開栓後は、なるべく早く飲みきることをお勧めします。

Q.「木桶仕込み山廃純米酒 浦霞貳百八拾號」という商品の山廃ってなに?

お酒の元になる酒母(もと)を作るには、水、蒸した米、麹、酵母に、通常は乳酸を加えますが、自然に乳酸菌の発生を育成する方法を「きもと」と言います。 その際、米を櫂棒ですりつぶす重労働(山卸し)を伴います。そこで、この工程を廃止した方法を「山廃」と呼びます。「きもと」「山廃」いずれも、濃厚で飲みごたえのある酒質になります。

参考サイト「日本酒造組合中央会」 日本酒FAQページより抜粋

Q.日本酒の基礎知識に詳しく解説してくれるサイトはありますか?

日本酒造組合中央会様のサイトが非常に詳しく分かり易い解説をして下さいます。
日本酒造組合中央会 http://www.japansake.or.jp/sake/

店舗・見学について

Q.店舗は何時やっていますか?又、試飲は行っていますか?

店舗は月曜から土曜の午前10時から午後5時の間、営業しています。

又、店舗営業時間内にきき酒用のお猪口(300円税込)をお買い求め頂き、月替わりのお酒(3種類)できき酒をお楽しみ頂けます。

※定休日は毎週日曜・夏季・年末年始となっています。詳しくは店舗ページの営業日カレンダーよりご確認下さい。

Q.店舗には駐車場はありますか?

普通乗用車6台駐車可能です。バスでお越しの場合は事前にお電話にてお問い合わせ下さい。

Q.酒蔵見学は行っていますか?

酒蔵内に入っての製造工程の見学は行っていません。

蔵の建物や歴史について1日2回、午前11時と午後2時に約15分程度ご案内する【蔵ガイド】を行っています。(要予約、日曜休業、詳しくは電話にてお問い合わせ下さい。)

Q.浦霞商品をどこで買えますか?

下記の電話番号にてお問い合わせ下さい。
 022-362-4165

Q.酒粕は販売はしていますか?

販売しておりません。