shizuku

archive [2008.12]

『shizuku(冬号)』 できました(2008/12/20)


通巻11号目となる『shizuku 冬号』が出来上がりました!

その一部をご紹介いたします。


【表紙】

今号のテーマは
「shizukuおいしい教室」
学校形式で日本酒を紹介


【特集】

1時間目は「歴史」
日本酒年表や
杜氏さんへのQ&Aでお勉強!


【対談】

「課外授業」
映像作家 伊瀬聖子さんと
蔵見学&対談


是非お手にとって、ご覧下さい。


「shizuku」は、

 *せんだいメディアテーク
 *藤崎(地下酒売場)
 *ふれあいエスプ塩竈
 *宮城県図書館

 等に設置して頂いております。


「shizuku」に関するご質問、ご感想はこちらまで
Eメール shizuku@urakasumi.com


────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────
 ART STANDARD.ホームページ http://www.art-standard.com/
────────────────────────────────────────

『shizuku(冬号)』鋭意制作中です!(2008/12/09)

気がつけば12月。

忘年会などの行事で慌ただしい時期ですが、shizuku編集部も
発行に向けて慌ただしい雰囲気になってきました!

皆さんもshizukuの発行が間近であることは忘れないでくださいね!

さて、今回の取材報告は「特集」のページ、担当はライターのコウタです。

冬号の「特集」では、知っているようで知らなかった
「日本酒の歴史」を取り上げています。

日本酒のことは、日本酒造りの専門家に聞くのが一番!

というわけで、浦霞醸造元 株式会社佐浦で杜氏として働く
鈴木智さんを訪ねました。

取材メンバーの緊張とは裏腹に、鈴木さんは終始和やかに
取材に応じてくれました。

気になる取材の中身はぜひぜひ本誌で確認してみてくださいね。

取材後は蔵見学もさせて頂きました!

日本酒造りの様子を真剣に説明して下さった鈴木さんの表情は
取材時の和やかさとはまた違う職人の顔。

日本酒造りの様子だけでなく、江戸時代から受け継がれる
職人の心にも触れることが出来ました。

今回の取材以来、忘年会で日本酒を飲む度に鈴木さんに
教えて頂いた日本酒の歴史が脳裏をよぎる僕。

それまで何気なく飲んでいた日本酒も、日本酒の歴史を
勉強すると一味美味しくなった気がします。

みなさんも、shizuku冬号で日本酒の歴史について少し
学んでみませんか?


※このレポートは「萩の白露」プロジェクトメンバーの
 学生が書いています。
────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────
 ART STANDARD.ホームページ http://www.art-standard.com/
────────────────────────────────────────