shizuku

archive [2012.01]

『shizuku(春号)』鋭意制作中です!


こんにちは。shizuku編集部のリナです。

今回は「shizuku cafe」の取材報告をさせていただきます。


「shizuku cafe」とは、低アルコール純米酒「萩の白露」を使った、
ちょっとおしゃれで手軽なレシピを紹介してくれるコーナーです。


レシピを教えてくれたのは、料理教室「cooking labo」で講師を務める
フードコーディネーターの真希さん。

120127_1.jpg


来月発行される「shizuku」は、ナント!記念すべき第20号!

ということで「shizuku cafe」でもお祝いに最適なお料理を
紹介いたします!

1品目は、パーティー料理で主役となるケーキ!

120127_2.jpg

もちろん、このケーキにも「萩の白露」を使っているんですよ。


2品目は、炊飯器を使ったお料理。
びっくりするほど簡単にできちゃいます!

120127_3.jpg


取材が終わり、メンバーでお料理をいただきました。

みんな、ペロッとすぐに完食(笑)

120127_4.jpg

どんな料理が完成したのかは、「shizuku vol.20」を見てからの
お楽しみ!!

「shizuku vol.20」は、2月下旬発行予定です。




※このレポートは「萩の白露」プロジェクトメンバーの
 学生が書いています。

────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────
 ART STANDARD.ホームページ http://www.art-standard.com/
────────────────────────────────────────

「shizuku」に関するご質問、ご感想はこちらまで
Eメール shizuku@urakasumi.com




「第4回shizuku蔵ツアー」のご報告(その2)

みなさん、こんにちは。
shizuku編集メンバーの吉田です!


前回から時間が経ってしまいましたが
11月25日に行われた第四回shizuku蔵ツアー 
後半の報告です! (前半はこちら


前半では、「洗米所」「釜場」「こうじ室」と案内して
もらいました。
次はどこへ行くのでしょうか?

さて、やってきたのは大正蔵と呼ばれる仕込み蔵です。
仕込みタンクの中から「ぷちぷち」とした音が聞こえてきます。

タンクに耳を寄せ、音に聞き入っていました。

120118_1.jpg


「泡は子供の表情と同じ」

名誉杜氏の平野さんが説明して下さりました。
醪(もろみ)の発酵では、醪の表情の変化も重要

日々変わる大きな特徴は「泡」。
タンクを一周し、「お?!」とその変化の大きさに驚いていました。

120118_2.jpg

愛おしそうに醪を見る杜氏さんの姿に、
お酒造りへの愛情やこだわりを感じる参加者の皆さんでした。


実際に櫂(かい)入れ体験!「重い!」と驚いた様子。
仕込み直後の醪に櫂を入れると重いのです。
絞る直前は、ほぼ液体の状態ですいすい櫂が入ります。
「わっ」と変化の大きさに声を上げていました。

120118_3.jpg


蔵見学の後は、再び会議室に戻り、
佐浦社長によるミニセミナー「ニホンシュについてのあれこれ」を聞き、
その後はきき酒にもチャレンジ

ほろ酔い気分で歓談が進んだ頃、残念ながら「蔵ツアー」も終了。
お見送りの際には、皆様にお土産として「萩の白露」をプレゼント致しました!

120118_4.jpg

120118_5.jpg

私自身、初めて参加した「蔵ツアー」でしたが、
初の蔵ツアーはとても楽しく勉強になるものでした。

次回の「蔵ツアー」はどんなツアーにしようかなあ・・・


参加してくれたみなさん!ありがとうございました!


※このレポートは「萩の白露」プロジェクトメンバーの
 学生が書いています。

────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────
 ART STANDARD.ホームページ http://www.art-standard.com/
────────────────────────────────────────

「shizuku」に関するご質問、ご感想はこちらまで
Eメール shizuku@urakasumi.com