飲める店

前のページに戻る

伊達藩長屋酒場

今回は、2010年7月23日にオープンしたばかりの「伊達藩長屋酒場」さん(仙台市青葉区一番町)をご紹介します。こちらは東北地方に出店中の「長屋酒場」シリーズの仙台店。他県で好評のお店がとうとう仙台にもOPEN致しました。お店一軒でまるまる宮城県を楽しめるとのこと。一体どのようなお店なのか取材してきました。

(取材日:2010年08月)

住所 青葉区一番町4-2-4 オイデ一番町ビル1階  地図はこちら
TEL 022-398-7077
営業時間 17:00~24:00
定休日 年中無休
座席 テーブル席 ~6名
カウンター 14席
ちゃぶ台席 ~4名
座敷 ~25名
WEBサイト http://marutomisuisan.jpn.com/nagaya-datehan/
取扱銘柄
純米酒 浦霞 1合 819円
特別純米酒 浦霞 1合 924円
純米吟醸 浦霞禅 1合 1,344円
味吟醸 浦霞 1合 1,837円
楽天イーグルスボトル(蔵の華 純米吟醸酒)ボトル(720ml) 3,990円
本格焼酎 浦霞 シングル 609円
本格焼酎 浦霞 ダブル 924円
本格焼酎 浦霞 ボトル(500ml) 4,179円

※その他、季節限定商品、数量限定商品をお取扱頂いている時期もございます。詳しくはご来店時にお問い合わせ下さい。
※メニュー・価格等の掲載内容は取材日時点での情報となります。

お店のご紹介

秋田の「秋田長屋酒場」、青森の「津軽じょっぱり漁屋酒場」、岩手の「南部藩長屋酒場」、山形の「山形長屋酒場」、新潟の「信州長屋酒場」に続き、2010年7月、仙台にも「伊達藩長屋酒場」がオープンいたしました。長屋酒場さんでは、「ここ一軒で○○県」をテーマに、各県の郷土料理・地酒を全て揃え、お客様に提供しています。江戸時代の商家をモチーフにしたお店構えはまるでテーマパークに来たかのように心がわくわくします。古い商家の古材、民具をふんだんに使い、店内は昔懐かしい空気が流れています。「伊達藩長屋酒場」さんのこだわりの一つが【メニュー表】。食べ物メニューはなんと34ページもの大作!単なるメニューの羅列ではなく、各地の紹介や歴史なども掲載しており、「宮城の食全集」と言っても過言ではない内容に思わず読みふけってしまいます。情報を得ながら食べれば、美味しさ倍増!メニュー表も楽しみの一つです。また、毎日夕方5時、開店の時間になるとスタッフがお店の前に立ち、拍子木を鳴らし、本日も数多くのお客様に楽しんで頂ける事を祈念します。これが「長屋酒場」名物の【開店行事】です。そして毎日戌の刻(午後8時)、お店の中では「名物・牡蠣のシャベル焼」が行われます。日本三景・松島の牡蠣を豪快に調理します。是非目の前でお楽しみ下さい。そのほか、一部メニューでは最後の仕上げをお客様のテーブルで行うなど、お客様も巻き込んだ演出にて提供しています。お店の方と一緒に楽しみ、宮城県を目で、耳で、舌で是非満喫してください。

お料理のご紹介

※メニュー・価格等の掲載内容は取材日時点での情報となります。

「ここ一軒で宮城県」のコンセプトどおり、宮城県内各地の豊富な食材が大集結!宮城県民も、宮城県民以外の方も、じっくり宮城の郷土の味を見て・食べてご満喫下さい。昔懐かしいものから最近流行のB級グルメまで多種多様なメニューが取り揃えられています。

メッセージ

加藤政則さん

2010年7月23日に広瀬通りのフォーラス向かいにOPENしました!狭い入り口を潜り抜けると、そこには宮城の江戸情緒溢れる異空間が広がっています。宮城のアンテナショップを目指している当店は元気溢れるスタッフがいっぱい!また当店のメインとなるのはカウンターのお席。カツオのたたきは藁焼きの実演。牡蠣の蒸し焼きは炎が舞い上がり迫力満点でございます。そして、宮城の郷土料理には、宮城の銘酒『浦霞』を堪能してください。宴会も出来る大座敷もご用意して、皆様のお越しをお待ち申し上げております。

浦霞醸造元 社長の佐浦より一言

お店に入ってびっくり!ひと昔もふた昔もタイムスリップした感覚になってしまいます。またメニューも宮城の味覚が満載で遠来のお客様だけでなく、地元の皆さんも必ずや満足していただけると思います。楽しさ、美味しさがいっぱいのお店です。