飲める店

前のページに戻る

大入寿司

今回は塩釜水産物仲卸市場近くにお店を構える「大入寿司」さんをご紹介致します。マスコミで紹介される機会も多く、また仲卸市場と合わせて訪れる方も多い、塩釜の老舗のお寿司屋さんのひとつです。

(取材日:2015年11月)

住所 宮城県塩竈市新浜町1-7-12  地図はこちら
TEL 022-366-2721
FAX 022-366-2721
営業時間 10:00~15:00
17:00~21:00
定休日 火曜日
※ただし祭日の場合は営業(要問合せ)
備考 ※表示金額は税抜価格となっています。
取扱銘柄
純米酒 浦霞 ボトル(300ml) 1,200円
純米吟醸 浦霞禅 ボトル(720ml) 4,500円
大吟醸 浦霞 ボトル(720ml) 8,000円

※その他、季節限定商品、数量限定商品をお取扱頂いている時期もございます。詳しくはご来店時にお問い合わせ下さい。
※メニュー・価格等の掲載内容は取材日時点での情報となります。

お店のご紹介

「大入寿司」さんは親子で営むお寿司屋さん。お父様の黒沼亨さんは仙台のお寿司屋さんで修行後、昭和55年「大入寿司」を開業。学生の頃から板前に憧れ、一人で早く独立ができる「お寿司」の道を選ばれたそうです。お客様がたくさん入るようにと願い「大入」と命名。塩釜水産物仲卸市場近くという場所柄、市場関係者も多く訪れるとのこと。市場周辺には昔数軒のお寿司屋さんがあったそうですが、今は塩竈市内みやぎ寿司海道加盟店では大入寿司さん1軒のみ。「常にプレッシャーを感じている」と話す黒沼亨さん。市場近くで35年も続けて来られたのは、魚のプロである市場の方々も認める実力があるという証拠。「市場や船をはじめ、最近塩釜全体で元気がない。塩釜を盛り上げたい!」と現状に甘んじることなく、さらにお店独自のこだわりに磨きをかけています。2人のお嬢様、ちぐささん(姉)美紀さん(妹)は隣町の多賀城市でお店を開業しておりましたが、2011年東日本大震災でお店は被災。震災後「大入寿司」さんに戻り、亨さんが築き上げてきたお店を継ぎ、姉妹のお二人が中心となってお寿司を握っております。その実力と人柄でマスコミにも取り上げられることの多い「大入寿司」さん。女性職人が握るお寿司を是非ご堪能下さい。

お料理のご紹介

※メニュー・価格等の掲載内容は取材日時点での情報となります。

「塩釜前」と謳っているとおり、約9割が塩釜港に揚がった魚介類を提供しているそうです。「いいネタを高く買ってくればいいというものではない。いいネタをいかに美味しく仕込むかが勝負」と亨さんは熱く語ってくれました。おすすめ3品は「本マグロ」「穴子」「タコ」。塩釜は近海生マグロ水揚げ高が日本一で、お客様も美味しいマグロを求めて塩釜へお越しになるので「大入寿司」さんでもマグロは天然の生の本マグロにこだわっています。丸々一匹から仕込んだタコは、柔らかく噛めば噛むほどふわっと香り、余韻の塩味でさらにお酒が進むこと間違いなし。穴子はふんわりとした食感。「タコ」も「穴子」もお店お店によって仕込みが異なり、味わいは千差万別。「大入寿司」さんの味・腕を満喫するのにも「本マグロ」「穴子」「タコ」はおすすめの逸品です。

メッセージ

店主 黒沼美紀さん

冬は美味しい魚がたくさんあります。ヒラメ、牡蠣、毛ガニ、貝類、何でも美味しい季節です。「塩釜前」の名のとおり地元産にこだわり、仕込みにこだわり、お酒にこだわり、全てにこだわっています。ご予算に合わせて美味しいお料理を提供致しますのでお気軽にお声掛け下さい。