うらかすみ便り

古代の製塩方法を伝える神事・藻塩焼神事(もしおやきしんじ)が行われました

こんにちは。製造部の小林です。

7月6日に行われた「藻塩焼神事(もしおやきしんじ)」の様子を
ご紹介します。

─────────────────────────────
  藻塩焼神事(もしおやきしんじ)
─────────────────────────────
弊社から徒歩1分のところにある「御釜神社」は、「塩竈」と言う地名
の由来となった「神竈」が安置され、毎年7月4日から6日にかけて
「藻塩焼神事(もしおやきしんじ)」が行われます。
この神事では、海藻を用いて濃度の高い塩水(鹹水)を作り、これを
煮詰めて塩を作る一連の行程が儀礼として再現されます。


【1日目】7月4日 藻刈神事
隣町の七ヶ浜町花淵浜沖で、ホンダワラを採るところから神事は始まります。

【2日目】7月5日 水替神事
松島湾釜ヶ淵より満潮時の潮水を汲み、神釜の水を入れ替えます。
また夕刻には、塩釜神楽がお披露目され、賑やかな縁日も加わり、
小さな御釜神社は人でいっぱいでした。


【3日目】7月6日 藻塩焼神事
神事の後、海水を煮詰める釜に火打石で火を入れ藻塩焼きが始まりました。

天気に恵まれ、火をくべたり、釜を始終かき混ぜる神主さん達は
とても暑かったと思います。
訪れた人々も汗だくで塩が出来る様を見届けること約一時間半後、
少し茶色がかった灰色の藻塩が出来上がっていきました。

塩が出来上がると、再び神事が行われ、出来上がった塩を神様に
お供えされた後、私もお神酒と藻塩を頂いてきました。


街中に埋もれてしまうほど小さな神社ですが、「塩竈」という名前の
由来となった塩造りの歴史を今に伝える、日本で唯一の藻塩焼神事
が今でも行われています。

浦霞は、こんな歴史が脈々と続く「塩竈」にあります。
御釜神社もすぐそばです。ぜひ、お立ち寄りください。