うらかすみ便り

杉玉を作りました!!

こんにちは。営業部の船生(ふにゅう)です。

今、研修のために蔵に入っておりますが、
先日杉玉づくりのお手伝いを致しました。

 


弊社では名誉杜氏の平野によって杉玉づくりが開始され、
その製作は昨年から蔵人へとバトンタッチされました。

ちなみに、杉玉を覆う屋根も平野の手作りだそうです。


まず、必要なのは杉の葉。

弊社のゴルフ場から取ってきた杉の葉の量は、なんと、
2トントラック1台分(30kgの米袋で約30袋)!


作り方は、それほど難しくはありません。

杉の枝を20cmほどの長さに切り、針金の丸い型枠に挿していきます。

ここでのポイントは、


枝をぎゅうぎゅうにさし込むこと!!


さもないと後に風雨によって枝が落ちてきてしまうそうです。

初めは見学だけのつもりでしたが、私もこの作業を手伝わせて
いただきました。

ぎゅうぎゅうに、ぎゅうぎゅうに。。(手が痛い!)


十分に詰まったところで、あとは仕上げです。

そこで登場したのが…




 バリカン!



バリカンで枝の長さを均等にしつつ、きれいな丸形に整えていきます。

一見簡単そうに見えるこの作業。

ですが大きさとバランスをチェックしながら切っていくのは
実は大変なのです。

ようやく形が整い、仕事の合間を縫いながら丸一日かかった
杉玉製作が終了しました!

ちなみに、青々としたこの杉玉は、今年の新酒造りが始まった
ことを意味しています。


製作した蔵人に感想を伺うと、

「丸くするのが難しかった!」

とのこと。


苦労が感じられますね。

蔵人が一生懸命つくった自慢の「杉玉」

 


蔵ガイドの際にご覧いただけますので、是非お越しください!

 ──────────────────
   蔵ガイド 【事前予約制】
 ───────────────────
 1日に2回、社員が蔵の建物や歴史について、
 外観からご案内いたします。
 ※製造現場の見学、説明はございません。
 
 1回目:午前11時/2回目:午後2時
 所要時間は約15分間です。

 詳細はこちらをご覧ください。


 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────