うらかすみ便り

東日本大震災の被害状況、および復旧状況について

この度の東日本大震災により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
ともに被災したものとして、一日も早い復興を心より願う次第です。

これまでの復旧作業を通して判明した弊社の被害状況、および現在の復旧状況をご報告申し上げます。

本社蔵では地震により仕込蔵をはじめとする土蔵の建造物に特に外壁の崩落が生じ、津波により一部の機械・機具類が浸水し故障いたしました。また1万本を超える出荷前商品や瓶貯蔵酒が破損いたしましたが、幸い貯酒タンクの被害はございませんでした。
現在はライフラインも回復し本格的な復旧作業を始めておりますが、今期の酒造りは終了し、本年秋からの新しい酒造期に向けて万全の体制で臨むべく、施設・設備の修繕および整備を進めて参る予定です。


東松島市内にある矢本蔵では津波の被害はなく、地震による被害も比較的軽微であったため、現在製造および瓶詰めラインの点検、修繕および調整作業を行っており、早期の業務再開を目指して準備を進めているところです。


3月11日の震災以来、多くの皆様方に暖かい激励とお見舞いのお言葉をいただいております。心より感謝申し上げます。

皆様より賜りましたご支援を励みとし、全社員一丸となって浦霞らしい高品質のお酒を送り出すことができますよう、努力して参る所存です。今後とも宜しくお願い申し上げます。


2011年4月4日 代表取締役社長 佐浦弘一