うらかすみ便り

archive [2011.05]

9ヶ国の外国特派員が取材に来ました!


こんにちは。企画課の芳賀です。

先日、日本に常駐している外国特派員(新聞、テレビ、ラジオ等)
の皆様に取材で弊社にお越しいただきました。

中国、台湾、韓国、オーストラリア、ドイツ、フランス、イギリスなど
9ヶ国(地域)にも及びます。


110525_1.jpg


110525_2.jpg

弊社社長、佐浦がスライドにて、弊社のこれまでの取り組み、
そして震災の被害状況、そして現在の様子を紹介いたしました。


110525_3.jpg

熱心に聴いておられました。


その後、店舗「浦霞 酒ギャラリー」で試飲とお買物をして頂きましたが、
皆様、日本酒に対してとても興味があるようで、お酒に関する質問を
多くしていただきました。
皆様、熱が入り、予定より30分オーバーで弊社を後にしました。


弊社以外にも仙台、松島、平泉を取材されたようで、
復興に向けて一歩一歩あゆみ始めている姿を是非、海外の皆様に
発信していただきたいと存じます。

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

全国新酒鑑評会で金賞を受賞しました


こんにちは。企画課の芳賀です。

先日、平成22酒造年度「全国新酒鑑評会」の入賞酒、ならびに金賞酒が
発表され、弊社は、本社蔵、矢本蔵ともに入賞、そして金賞を受賞する
ことができました。

これもひとえに皆様のご愛顧・ご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。


実は、出品酒の送付直前、4月7日深夜に発生した最大震度6強の余震
により、再びライフラインが停止、宅配業者の受け入れが一時停止となり
出品酒を送ることができなくなりました。

幸いにも仙台市内の営業所では受け入れをしているとのことで、急いで
仙台まで出品酒を持ち込み、無事送ることができました。

そのようなこともあり、この度、本社蔵、矢本蔵、どちらも「金賞」に選ばれました
ことは、弊社としても大変嬉しく、感慨深く受賞結果を受けとめております。


110526.jpg

本社蔵 杜氏 鈴木智(写真左)

金賞を受賞することができ、大変嬉しく思っております。
皆様のご支援のおかげと感謝申し上げます。
現在、本社蔵では秋からの造りに向けて蔵の修繕に入っております。
震災以後皆様から頂いた多くのお見舞い、ご支援に応えられますよう、
気を引き締めて、浦霞らしい高品質の酒造りを目指して努力して
まいります。


矢本蔵 杜氏 小野寺邦夫(写真右)

皆様のご支援のおかげで金賞を受賞することができました。
ありがとうございます。蔵人たちも喜んでおります。
矢本蔵では震災後中断していた酒造りを4月下旬より再開させました。
気温もだんだん暖かくなってきていますので、温度管理に十分気をつけて
作業にあたっております。
待っていただいている皆様へ美味しいお酒をお届けできますよう、
今回の受賞を励みに今後も頑張って参ります。


 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

新宿の樽一さんが来蔵されました。

こんにちは。社長の佐浦です。

東京・新宿にある「樽一」さんの店主の佐藤慎太郎さんと店長の三浦康之さんが義援金を持って来蔵されました。

樽一さんは浦霞が飲める店でも紹介していますが、ともに先代社長時代から弊社と深いおつきあいがある、鯨料理と三陸の海の幸で浦霞が楽しめるお店です。

樽一さんには浦霞を暖かく応援して下さるお客様がたくさんいらっしゃいます。
私も年に3回ほど開催される「樽一会」(樽一のお客様に、樽一自慢の地酒や料理を、たっぷりと楽しんでいただく会です)には、もう20年近くにわたって何よりも優先で参加しています!

震災後、樽一さんでは弊社を応援したいと、浦霞禅の化粧箱を義援金箱としてお店に置いて頂いていました。

また、震災による荷崩れで中身のわからなくなったお酒を「浦霞 ノーラベル」としてお客様にお出しして頂いており、お客様にはご注文1本につき500円の義援金をお願いされていたそうです。なかには「1本につき500円」ではなく、グループのお客様がおひとりづつ500円を義援金箱にいれて下さったこともあったそうです!

それをこの度、弊社へお持ち頂きました。


P110516_1.jpg
樽一さんの店主 佐藤慎太郎さんより浦霞禅の
化粧箱に入った義援金を受け取る私 佐浦


私が受け取った浦霞禅の義援金箱はずっしりと重く、金額は、何と50万円を超えていました!私が存じ上げている樽一さんのお客様のおひとりお一人の顔が、目に浮かんできます。本当にありがとうございます。

また、樽一さんでは4月11日に「宮城県応援プロジェクト」と題して、上記の「浦霞 ノーラベル」のほか、被災した蔵元のお酒と樽一さんの料理を楽しんで頂くイベントを開催されました。その売上の一部を義援金として塩釜市へ寄附されるということで、急遽佐藤市長に面談をお願いし、お渡しする機会をもつことができました。


P110516_2.jpg
義援金を佐藤昭塩釜市長へお渡しする樽一さんの店主 佐藤慎太郎さん。
右端の方が店長の三浦康之さん。


佐藤市長、お忙しいなかありがとうございました。


実は4月には樽一の社長はじめスタッフの皆さんが、初めての社員旅行で弊社にお越しになる予定になっていましたが、震災でその計画も中止となってしまいました。そのために皆さんが積み立てていた旅行費用も、弊社へのお見舞いとして寄贈いただきました。皆様の暖かいお気持ちに、重ねて心より御礼申し上げます。

佐藤慎太郎さん、三浦康之さん、遠路お越しいただきありがとうございました。
皆様の暖かいお気持ちは弊社復興のために大切に使わせていただき、必ずや、より美味しいお酒が造れるように完全復旧をめざして頑張ります!

なお、佐藤社長と三浦店長の弊社訪問については、樽一さんのHPにある「樽一瓦版」ブログにもすでに記載されています。どうぞご覧下さい。
http://www.taruichi.co.jp/blog/index.html

本日から25日まで東武百貨店船橋店様で催事出展中!


こんにちは!
営業部の高橋です。

今日から7日間、東武百貨店船橋店様において毎年恒例の
「宮城・山形・青森物産と観光展」
に出展しております。


20110519.jpg


今回の震災後、宮城県物産振興協会が主催する物産展としては
初めての開催であり、顔見知りの業者を見つけてはお互いの無事と
会社の近況を話す姿が見受けられました。

10時の開店とともに例年にも増してたくさんのお客様で賑わっております。

当社ブースにも多くのお客様がお見えになり、蔵の被災状況を熱心に
質問する方へ丁寧にご説明いたしております。


復興へ 頑張ろう!みやぎ

元気に皆様のご来場お待ち申し上げております。


*********************************************
   宮城・山形・青森物産と観光展
*********************************************

場所:東武百貨店 船橋店 6階イベントプラザ

   千葉県船橋市本町7一1一1  
   TEL 047一425一2211(代表)
   URL http://www.tobu-dept.jp/funabashi/

期間:5月19日(木)から25日(水) 
    10:00から19:00(最終日の終了時刻は17:00となります)

<販売銘柄>
エクストラ大吟醸 浦霞
特別純米酒 浦霞
純米吟醸 浦霞禅
特別純米酒 生一本(きいっぽん)浦霞
◆その他


 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

矢本蔵ではフル稼働で瓶詰め作業中!


こんにちは。
企画課の冨谷です。


震災から2ヶ月が過ぎようとしています。

被災のため今酒造期の酒造りを断念せざるを得なかった本社蔵(塩竈)の
仕込蔵では、足場を組んでの復旧工事が始まりました。

110511_1.jpg


東松島市にある矢本蔵では瓶詰め作業が再開され、皆様から
戴いているご注文に応えるために5月の連休も休むことなく
フル稼働で瓶詰めを行い、出荷作業を継続しております。

ですが、やはり、どうしても本社蔵が稼働していない分は
埋めきれないのが実情です。

110511_2.jpg


この日は、本社蔵の商品「からくち 浦霞」300mlを瓶詰めしていました。

110511_3.jpg

110511_4.jpg


製品課の千葉課長もフル稼働で大変ではないかと聞いたところ

「2003年の宮城北部地震の時は、矢本蔵が大変な被害にあった。
 その時は、矢本蔵の瓶詰め作業を塩竈の蔵が替わりにおこなってくれた。
 今度はこちらが応える番です。
 待っている皆様に早く届けたい」

との返事でした。

本社蔵製品課からの応援部隊も含め、笑顔を見せながら頑張っています。

皆様のお手元にしっかりとお届けできるようになるまで、
もうしばらくお待ち頂きたいと思います。


 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────