うらかすみ便り

矢本蔵ではフル稼働で瓶詰め作業中!


こんにちは。
企画課の冨谷です。


震災から2ヶ月が過ぎようとしています。

被災のため今酒造期の酒造りを断念せざるを得なかった本社蔵(塩竈)の
仕込蔵では、足場を組んでの復旧工事が始まりました。

110511_1.jpg


東松島市にある矢本蔵では瓶詰め作業が再開され、皆様から
戴いているご注文に応えるために5月の連休も休むことなく
フル稼働で瓶詰めを行い、出荷作業を継続しております。

ですが、やはり、どうしても本社蔵が稼働していない分は
埋めきれないのが実情です。

110511_2.jpg


この日は、本社蔵の商品「からくち 浦霞」300mlを瓶詰めしていました。

110511_3.jpg

110511_4.jpg


製品課の千葉課長もフル稼働で大変ではないかと聞いたところ

「2003年の宮城北部地震の時は、矢本蔵が大変な被害にあった。
 その時は、矢本蔵の瓶詰め作業を塩竈の蔵が替わりにおこなってくれた。
 今度はこちらが応える番です。
 待っている皆様に早く届けたい」

との返事でした。

本社蔵製品課からの応援部隊も含め、笑顔を見せながら頑張っています。

皆様のお手元にしっかりとお届けできるようになるまで、
もうしばらくお待ち頂きたいと思います。


 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────