うらかすみ便り

震災後、初めて仕込んだお酒を本日上槽しました


こんにちは。
企画課の芳賀です。

東松島市に位置する矢本蔵では、3月11日の東日本大震災で
中断していた酒造りを4月下旬より再開いたしました。

その震災後、初めて仕込んだお酒、「純米生酒 浦霞」を
本日6月3日に上槽(じょうそう)[発酵が終わった醪(もろみ)を圧搾し、
酒と酒粕に分離する操作]しました。


110603_1.jpg


110603_2.jpg

写真:上槽されたお酒の状況を確認する矢本蔵 小野寺杜氏


小野寺杜氏いわく、

「無事上槽までいき、ホッとしています。
 しかしながら、まだ余震の可能性があり、予断を許さない状況
 ですので最後まで気を引き締めていきたいと思います。
 今年の純米生酒は、ほど良く味ののったお酒となっています。
 楽しみに待っていてください!」

とのことです。



完全復旧へ向けてのさらなる前進の証である、この「純米生酒 浦霞」
は私どもにとりましても、思いはまた格別のものがございます。

是非、この、「純米生酒 浦霞」をお召し上がりいただき、
浦霞の復興の歩みを感じていただければと思います。

こちらの季節商品は、6月下旬より発売いたします。

生酒ならではの清涼感あふれるフレッシュな味わいと純米酒らしい
旨味と酸味の絶妙なバランスをお楽しみください。

 ───────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ───────────────────────────────────