うらかすみ便り

archive [2011.11]

表参道ヒルズで試飲即売会を行いました!


こんにちは。営業部高橋です。

秋の深まりを感じる今日この頃、普段冷酒で楽しんでいる私ですが
晩秋の頃は常温がしっくりきますね。
皆様はどのように楽しまれておりますか?


さて、11月5日に世界的ファッション誌"VOGUE"主催で世界最大級の
ショッピングイベント
FASHION'S NIGHT OUT
が表参道エリアを中心に開催されました。

111107_1.jpg

111107_6.jpg


それに合わせ、表参道ヒルズにお店を構えていらっしゃる、
はせがわ酒店 表参道ヒルズ店さん店頭にて
一日限りの試飲イベントと、バーカウンターで「純米吟醸 浦霞禅
特別純米酒 生一本 浦霞」と、同店おすすめのおつまみに、
地元塩釜のお豆腐入りかまぼこを添えた呑み比べセットをご提供しました。

111107_2.jpg

111107_3.jpg

111107_4.jpg

111107_5.jpg

ご来店のお客様は、最先端ファッションの街ということもあり、きれいに
着飾った方や比較的若い方が多くみられ、熱心に試飲されたり、
バーカウンターでは、ゆっくりと寛ぎながらお酒を楽しまれておりました。


今回初めて、はせがわ酒店 表参道ヒルズ店さんで試飲即売会を
させて頂きましたが、いつもとはまた違う雰囲気で私自身も楽しい
ひとときを過ごすことができました。

また機会がございましたら、イベントに参加できたらと思っています。
その際にはどうぞ遊びに来てください!

ご来店いただきました皆様、はせがわ酒店 表参道ヒルズ店さん
ありがとうございました!!

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

仕込み用の木桶がやってきました!


こんにちは。企画課の芳賀です。


弊社では、創業280年目を迎えた2004年より"ひと昔前の酒造り"
をテーマに「木桶仕込み」に取り組んできましたが、3月11日の
東日本大震災により使用していた木桶が被災し、使用不可能と
なってしまいました。

そのため、木桶3種(醪用、酒母用、添仕込み用)を大阪の
桶製作業者さんに発注し、昨日納品の運びとなりました。

111103_1.jpg

111103_2.jpg

111103_3.jpg

木桶仕込の復活は、先人たちの遺産を未来へ繋いでいく大切な
文化の継承であると考え、弊社で木桶による仕込みを唯一知る
平野名誉杜氏の指導のもと、取り組んでいます。


111103_4.jpg
 早速、メンテナンスに取りかかる蔵人


今回運んできてもらった桶は、酒母用、添仕込み用は再生利用
となる桶ですが、醪用は新桶です。
新桶は、酒造りに馴染むまで少し時間がかかるとのこと。
仕込み前に何度も何度もメンテナンスをして臨みます。


桶を運んできてくれた桶制作業者の株式会社ウッドワーク/
藤井製桶所の上芝代表取締役から一言、私どもへ力強いメッセージを
いただきました。


  『よみがえれ 吉野杉のお酒』

111103_5.jpg


上芝さんは製桶所の3代目。
2002年「桶仕込み保存会」の創立メンバーとなり、
木桶の復活と現代的な活用法に力を注いでいらっしゃいます。

現在、職人の高齢化で急速に減少中の木桶制作の現状を最も
よく把握し、若手育成にも取り組まれています。


いよいよ弊社でもこれから木桶仕込みの酒造りが始まります。
木桶仕込み山廃純米酒 浦霞貳百八拾號(にひゃくはちじゅうごう)
も楽しみに待っていて下さいね!!

こちらは、来年6月頃の出荷予定です。
 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

第9回浦霞を楽しむ夕べを開催しました


こんにちは。企画課の笠原です。
先日、第9回目となる「浦霞を楽しむ夕べ」を開催致しました。

-------
第9回 浦霞を楽しむ夕べ
-------

 日時:平成23年10月29日(土)17時30分~
 会場:フランス料理「シェヌー」 http://www.cheznous.co.jp/
 人数:35名
 会費:7,000円


毎回、イベント開催前に、シェフやソムリエの方に提供酒を事前テイスティングして頂き、
一夜限りの特別メニューを考案いただいています。
そんな「浦霞を楽しむ夕べ」用の特別メニューをご紹介します。


《アミューズ・ブーシュ》
プティトマト(岩切・加藤さん)とフロマージュブランのサラダ
バルサミコブランとオリーブ油を和えて
111029_01.jpg


低アルコール純米酒 萩の白露
131109_13.jpg


=シェフからのコメント=
 「萩の白露」は、フルーツのコンポートのような柔らかい甘酸っぱさが感じられる
 お酒です。トマトの酸味、チーズのクリーミーさ、ホワイトバルサミコソースの
 甘酸っぱさときれいに重なります。



《前菜1》
ラングスティーヌ(赤座海老)のナッツ揚げ
海老の冷たいソースを添えて
111029_02.jpg


純米吟醸 浦霞禅
131109_16.jpg


=シェフからのコメント=
 「純米吟醸 浦霞禅」はグレープフルーツや洋梨のような香りがし、柔らかな
 甘みとミネラル分の風味が広がるお酒です。赤座海老の甘さと海老風味の
 ソースとの調和が楽しめます。



《前菜2》
フォアグラのムース仕立て レンズ豆と共に
111029_03.jpg


エクストラ大吟醸浦霞
111029_10.jpg


=シェフからのコメント=
 「エクストラ大吟醸」は熟したパイナップルのような香りがし、甘味と酸味の
 バランスがよい、白ワインを思わせる味わいのお酒です。フォアグラ風味の
 ムースを引き立たせてくれます。



《魚料理》
真鯛のカダイフ巻き
ブロッコリーのソースとリンゴのコンフィチュールで
111029_04.jpg


木桶仕込み山廃純米酒 浦霞貳百八拾號

121103_09.jpg



=シェフからのコメント=
 「木桶仕込み山廃純米酒 浦霞貳百八拾號」は香ばしい香りで豊かな風味と
 力強さを感じるお酒です。カダイフの香ばしさと、りんごとブロッコリーのピューレ
 の甘味と酸味がお酒の風味を引き立てます。このお酒は吟醸酒よりも料理の
 味わいの余韻を感じさせて、大変相性もよくまとまりました。



《肉料理》
鴨胸肉(フランス・シャラン産)のロースト 生姜風味ソース
111029_05.jpg


斗びん囲い大吟醸 浦霞
111029_11.jpg


=シェフからのコメント=
 「斗びん囲い大吟醸 浦霞」はレモンとりんごのような香りがし、酸味とうまみが
 広がり、豊かなコクを感じるお酒です。他の吟醸酒ではフランス産鴨胸肉の味わい
 に負けてしまい、このお酒だと「貳百八拾號」よりも素材のよさを引き出し、より
 おいしく味わえると思います。



《デザート》
ミルフィーユ
111029_06.jpg



111029_08.jpg


111029_09.jpg



本日の提供酒
111029_07.jpg

 ・低アルコール純米酒 萩の白露
 ・純米吟醸 浦霞禅
 ・エクストラ大吟醸浦霞
 ・木桶仕込み山廃純米酒 浦霞貳百八拾號(にひゃくはちじゅうごう)
 ・斗びん囲い大吟醸 浦霞


 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────