うらかすみ便り

7月6日【藻塩焼神事】に行ってきました


こんにちは。営業部の船生です。

毎年7月6日は、本社から徒歩約1分離れた御釜神社にて、
藻塩焼神事が行われます。

120711_1.JPG

御釜神社には、御釜または神釜と呼ばれる四口の鉄製の釜が
祀られており、塩竈の地名は、この釜に由来するとされています。

「塩竈」とは、もともと海水を煮て塩をつくるかまど(竈)を
意味し、製塩用のかまどを指す名詞でした。

この地塩竈では、古くから製塩が行われ、近辺の貝塚遺跡からは、
海水を煮詰めた土器の破片も数多く発見されています。

御釜神社に祀られている鉄釜がいつ頃のものかは不明ですが、
江戸時代初期の塩竈の絵画にはすでにこれらが描かれているようです。

さて、一体、藻塩焼とはどのようなものでしょう!

古代の製塩法を今に伝える「藻塩焼神事」は、御釜神社で毎年
7月4日から6日にかけて行われており、昨年の震災後も
例年通り行われました。

120711_2.JPG

初日の4日は、近町の七ヶ浜町の花淵浜沖で、海藻のホンダワラ
を刈り取ります(藻刈神事)。

2日目は、同市の釜ヶ淵の海水を汲み、御釜に注ぎ入れます(水替神事)。

そして、3日目の6日は、竈に鉄釜をのせ、竹棚の上にホンダワラを
広げて海水を注ぎかけ、それを煮詰めて荒塩を作ります。

120711_3.JPG

ホンダワラの上から海水を注ぐことで、海藻についている塩分も
含んだ、濃度が濃い塩水をつくるそうです。辺り一帯に磯の良い
香りが広がります。

この古式に則った製塩法は、県の無形民俗文化財に指定されています。

そして待つこと約1時間半、水が蒸発し、このように塩ができました!

120711_4.JPG

気づくと、周りにはたくさんの人だかりが!小学生からお年寄りまで、
皆藻塩のできあがりを、今か今かと楽しみにしておりました。
 
120711_5.JPG 120711_6.JPG

例祭が終了すると、弊社のお酒を含めた御神酒と御塩が配られ、
私もいただいて参りました。

120711_7.JPG 120711_8.JPG

塩竈は、この後、7月10日(火)の塩竈神社例祭、16日(月)
の第65回みなと祭など、イベントが多く開催されます。

この夏は是非、長い歴史と伝統文化が息づく町、塩竈へ
いらっしゃいませんか?

皆様のお越しを、お待ちしております。

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────