うらかすみ便り

archive [2012.12]

気仙沼・大島ゆず生産者の皆様へ支援

2012年度「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクトが春よりスタートして半年以上が経過いたしました。このプロジェクトでは、昨年より日本酒に不可欠な地域の食文化の担い手でもある地元の漁業、農業生産者の方々への支援を中心に行ってきました。
今年は、さらに地域の未来を担うこども達の教育・育成への支援も行う予定で活動をすすめており、いくつかの支援先と打合せを重ねております。

今回は、2年目の最初の支援についてご報告いたします。

弊社では造り酒屋ならではの「純米酒 浦霞」をベースに、原料には宮城県産にこだわり気仙沼市大島産ゆずの果汁を使用したリキュールを、2010年春の試験販売を経て、その後「浦霞のゆず酒」として正式に発売いたしました。

その大島も東日本大震災では地震と津波による大きな被害をうけました。私達は、「ゆず酒」の原料となった大島のゆず生産者の皆様に支援を届けるため、2011年に販売した「ゆず酒」販売一本につき百円をゆず栽培のための肥料や必要な資材等の購入資金の一助にして頂くべく、農協全国商品券(36万3千円分)として寄付することに致しました。

11月6日、JA南三陸・気仙沼営農センターにて生産者の方へお届けするための贈呈式がおこなわれました。

目録進呈の様子

20121213yuzu_1.jpg


下記の写真左側がJA南三陸/気仙沼営農センターの菅原センター長です。これまでいろいろと支援内容についてご相談にのって頂きました。ありがとうございました。
中央にいる方がゆず生産者の小山さんです。生産者を代表して忙しい時期にわざわざ贈呈式に来て頂きました。これからも美味しいゆずの生産を続けてください。
写真右側が弊社社長の佐浦です。

2012123_yuzu_2.jpg

<追記>
ベースとなる純米原酒の持ち味を生かしつつ柔らかい味わいに仕上げられた「浦霞のゆず酒」は、ゆずならではの爽やかな香りにバランスのとれた酸味と甘味が特長です。今年も12月10日から発売となりました。

20121213_yuzu_3.jpg