うらかすみ便り

「浦霞 厳選初呑み切り」が開催されました


こんにちは!営業部の後藤です。

6月4日、弊社にて「浦霞 厳選初呑み切り」が開催されました。

nomikiri01.jpg


初呑み切りとは、冬に搾られてタンクで貯蔵熟成されたお酒を、貯蔵タンクから
抜き出してテイスティングし、健やかに熟成しているか、色、香り、味などを見る
品質検査を行うことを指します。
お酒を抜き出すときに貯蔵タンクの出口である「呑み口」を切ることから、その年
初めての呑み切りを「初呑み切り」と呼んでいます。
(以上、日本名門酒会 公式サイトより引用)


このイベントは宮城県内より日本名門酒会加盟店の方々にお集まりいただき、
弊社で選んだ5つのタンクのお酒を皆様できき酒して、七夕頃に程良く熟成して
美味しくなるお酒を投票で1つ選び、7月に「厳選初呑み切り酒」として発売する
というものです。


この日はお天気も良く、弊社本社蔵に44名の日本名門酒会加盟店の方々に
お集まり頂きました。

開会では弊社佐浦社長が挨拶を申し上げ、株式会社岡永の飯田社長、
日本名門酒会浅見支部長よりご挨拶いただき、その後、ご参加いただく
加盟店の皆さんの紹介がありました。

nomikiri02.jpgnomikiri03.jpgnomikiri04.jpg


そして、早速第1回「呑み切り酒」選定に入ります。

1番から5番まで番号をふった5種類のお酒から2種類を選んで頂きます。

nomikiri09.jpg
nomikiri05.jpg
 (参加者の皆さんが呑み切り酒を選定している様子)


香り、味わい、色など真剣に確かめているようです。

きき酒終了後、投票用紙に記入、スタッフが投票用紙を回収します。

nomikiri06.jpg
 (投票用紙を回収している様子)

すぐに開票作業へと移ります。

スタッフが読み上げる番号を正の字を書いて数えていきます。

nomikiri12.jpg

どのお酒が選ばれるのか、皆さん固唾をのんで見守ります。

nomikiri18.jpg

3番がこのまま逃げ切るのか、4番が追い越すのか、はたまた1番、2番、5番が
ここから伸びるのか、何番が選ばれるのか最後の最後までわかりません。

接戦の結果、3番が21票、4番が20票で、この2つのお酒で決戦投票を
行うことが決まりました。

nomikiri13.jpg


3番と4番のお酒を、今度は「A」「B」とふって、皆様に配膳。
どちらが3番で、どちらが4番かは皆さんにはお知らせしていません。

nomikiri14.jpg

nomikiri15.jpg

「A」か「B」か、皆さん何度も確かめておりました。


そして、いよいよ緊張の2回目の投票。

nomikiri07.jpg

第2回目も接戦でしたが、「A」が23票、「B」が20票。
呑み切り酒は「A」のお酒に決定致しました!

nomikiri16.jpg


皆さんが拍手で呑み切り酒の決定を承認していただきました!

nomikiri17.jpg


「A」のお酒は、第1回「呑み切り酒」選定の時には3番のお酒でした。

第1回、第2回ともに1位に選ばれたお酒が、呑み切り酒に決定致しました!

私たちスタッフも緊張しながら見守っておりましたが、無事呑み切り酒が決定し
安堵致しました。

発売される呑み切り酒は蔵人が丹精込めて醸した、自信を持ってオススメ
できる一品です! 是非ご賞味ください!!


商品の詳しい情報と買えるお店はこちらをご覧下さい↓
 http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=3581


加盟店の皆さん、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました!
nomikiri08.jpg

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────