うらかすみ便り

藻塩焼神事に行ってきました!

こんにちは、企画課の南部です。

7月4日から7月6日に渡り御釜神社にて「藻塩焼神事」が執り行われました。

御釜神社は弊社から徒歩1分の場所にあり、「塩竃」と言う地名の由来になった
「御釜」や「神竃」と呼ばれる四口の釜が祀られている神社です。
御釜神社門.jpg

「藻塩焼神事」は古代の一連の製塩を再現する行事で、
藻刈神事・水替神事・藻塩焼神事の三つの工程を執り行います。
この古式に則った製塩法は、宮城県の無形民俗文化財に指定されています。

初日・藻刈神事は隣町の七ヶ浜町からホンダワラ(海藻)を刈り取ります。

二日目・水替神事は塩釜湾の釜ヶ淵で満潮時の海水を汲み、木の樽に入れて担いで運び、
神竃の水を入れ替えます。
名称未設定-1.jpg
             【弊社前を通りました。】
二日目の夕方の御釜神社境内では、残念ながら雨天のため神楽奉納のお披露目が中止になってしまったものの、地元の方々が協力して屋台を出店し、多くの親子連れのお客様が訪れる大変賑わった縁日となりました。
お祭り.jpg
三日目・藻塩焼神事は夏の強い日差しの中で地元住民や観光客・製塩業者の方々が集まり、厳かな雰囲気とともに神事が始まりました。
全員集合.jpg

まず、竃に鉄釜をのせられ、竹棚の上に広げられたホンダワラに海水を注ぎかけます。
注ぎ水.jpg

竃に火を付け釜を煮詰めます。
煮詰め.jpg

神職の方々は、竃の熱気に耐えながら海水を煮詰め、約二時間後には灰色がかった色の藻塩が出来上がりました。
P1080484.jpg

藻塩が供えられ神事が終了すると、弊社のお酒を含めた御神酒や出来上がったばかりの藻塩が訪れた方々に振る舞われ、人だかりができるほどの賑わいでした。
御お守り.jpg

7月10日には、「藻塩焼神事」で出来た藻塩を鹽竈神社に御供えする鹽竈神社例祭や
7月15日の「みなと祭り」など、催事が多く開催されます。
催事や浦霞に訪れた際には、「塩竃」の歴史に深く関わる御釜神社に
是非にお立ち寄りください。