うらかすみ便り

archive [2014.06]

「第10回浦霞ほろ酔い寄席」を開催しました


こんにちは、企画課の笠原です。

先日、「第10回浦霞ほろ酔い寄席」を秋保温泉「ホテル佐勘」さんにて開催致しました。

当日は、仙台駅から無料送迎バスを運行、ホテル到着後にはまず温泉入浴
をお楽しみ頂きました。

温泉で体がポカポカ、気持ちがリフレッシュしたところで、待ちに待った
「浦霞 ほろ酔い寄席」の始まりです。

今回の演目は、以下の3つでした。
----------------------------
  一題目 道かん
  二題目 長命
  三題目 居残り佐平治
----------------------------

140607_01.jpg

140607_02.jpg

鳳楽師匠の高度な話術と表現力に会場が引き込まれ、あっという間に第一部は終了。

落語の後は、鳳楽師匠を囲んでの懇親会の開催。
ホテル佐勘さんの特別メニューと「浦霞」のお酒で、さらにお楽しみ頂きました。

140607_03.jpg

会の後半には、恒例の抽選会。

140607_04.jpg

地元限定発売の「純米吟醸 浦霞 寒風沢(さぶさわ)」や乾杯酒として皆様に
お出しした「大吟醸 浦霞」などの抽選が行われました。

140607_05.jpg

例年はここで終了ですが、今回は「10回目」という節目の年なので、
鳳楽師匠から特別にグッズのご提供がありました。

師匠自ら抽選をして頂き、当選者に直接お渡し頂きました。

140607_06.jpg

140607_07.jpg

当選された方々も大変嬉しそうでした。師匠、ありがとうございます。

そして、楽しい時間はあっという間に過ぎ、中締めの時間に。
最後は、これもまた恒例となった、お客様からのご要望の鳳楽師匠による小噺。

140607_08.jpg

会場全体が笑顔につつまれたまま、お客様と一緒に笑顔で三本締めを行い、
お開きとなりました。

140607_09.jpg

ご参加いただいた皆様、雨という悪天候の中、ありがとうございました。

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

「浦霞 初呑み切り」が開催されました


こんにちは。企画課の笠原です。

6月上旬に、弊社にて「浦霞 初呑み切り」が開催されました。

140606_01.jpg

「呑み切り」とは、搾られてタンクで貯蔵熟成されたお酒を、タンクから抜き出して
テイスティングし、健やかに熟成しているか、色、香り、味などを見る品質検査を
行うことを指します。
お酒を抜き出すときに貯蔵タンクの出口である「呑み口」を「切る」ことから、
その年初めての呑み切りを「初呑み切り」と呼んでいます。
(以上、日本名門酒会 公式サイトより引用)


このイベントは、宮城県内の日本名門酒会加盟店31社の方々にお集まり
いただき、弊社が選んだ4つのタンクのお酒を皆様できき酒して、七夕頃に
程良く熟成して美味しくなると思われるお酒を投票で1つ選び、7月に
「浦霞 厳選初呑み切り酒」として発売するというものです。


開会式の後、早速第1回「呑み切り酒」選定に入ります。
1番から4番まで番号をふった4種類のお酒から2種類を選んで頂きます。

140606_02.jpg
 (参加者の皆さんが呑み切り酒を選定している様子)


きき酒終了後、投票用紙への記入・回収、すぐに開票作業へと移ります。

スタッフが読み上げる番号を正の字を書いて数えていきます。

140606_03.jpg

140606_04.jpg

1番が大きく票を伸ばし、1番と4番のお酒で決戦投票を行うことが決まりました。

1番と4番のお酒を今度は「A」「B」とふって、皆様に配膳。
どちらが1番で、どちらが4番かは皆さんにはお知らせしていません。

140606_05.jpg

再び真剣にきき酒をされる皆様。

そして、いよいよ緊張の2回目の投票。

140606_06.jpg

Aのお酒が30票、Bのお酒が16票で、呑み切り酒は「A」のお酒に決定致しました!

140606_07.jpg

Aのお酒に決まったところで、杜氏の小野寺より本日の4種類のお酒の
説明がありました。

Aのお酒は、原料米にササニシキを使い、精米歩合60%で仕込んだお酒で
第1回「呑み切り酒」選定の時には1番のお酒でした。
第1回、第2回ともに1位に選ばれたお酒が、呑み切り酒に決定致しました。

酒屋さんが選んだ「厳選 初呑み切り酒」、是非ご賞味下さい。

140606_11.jpg


商品の詳しい情報と買えるお店はこちらをご覧下さい↓
 http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=3581


加盟店の皆さん、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました!

140606_08.jpg

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

第26回日本酒フェア2014大盛況でした!!

こんにちは。営業部の渡辺です。

6月21日(土)、東京池袋サンシャインシティにて開催されました
「第26回日本酒フェア2014」に参加してきました。
http://www.japansake.or.jp/sake/fair/

140623_1.jpg
  テープカットの様子


本フェアは日本酒業界の一大イベントで、
(1)平成25年度全国新酒鑑評会の出品酒が試飲できる「公開利き酒会」
(2)各都道府県の酒造組合や蔵元が参加し地酒の試飲販売やご当地の酒肴
 の試食販売を行う「第8回全国日本酒フェア」
の2部構成になっています。

昨年までは平日開催でしたが、今回は週末の土曜日開催となったことで
一般の方も大勢参加し、開場前から長蛇の列ができるほど大変賑わいを見せました。

「公開利き酒会」会場は、鑑評会入賞および金賞の出品酒442点が
地方別に並べられ、利き酒するため来場者が並び、中でも東北ブロックは特に人気で
30分は待ちの状態で、終了前に多くの出品酒がなくなってしまうほどでした。

「第8回全国日本酒フェア」会場は、各都道府県の酒造組合や蔵元が
ブースで地酒の試飲や地域自慢のつまみを振る舞い、
宮城県のブースにもたくさんの方に来て頂き、終日大変賑わっていました。

140623_2.jpg

より多くの方に、宮城の日本酒、全国の日本酒を知って頂き、
応援して頂ければと願っています。

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

「純米原酒につけた浦霞の梅酒」発売!


こんにちは!総務部の後藤です。
浦霞 酒ギャラリーにて「純米原酒につけた浦霞の梅酒」発売中です。

liqueur_ume.jpg

純米原酒につけた浦霞の梅酒
 宮城県産梅(大崎市岩出山、佐藤農場)を100%使用。
 控えめな甘さと心地良い酸味、さっぱりとした柔らかな味わいです。


「純米原酒につけた浦霞の梅酒」は、原料である梅の酸味を十分に引き出しました。
また、甘味については家庭で造る梅酒のレシピより控えめになるように糖類の使用量
を抑えています。
そのため、さわやかな酸味と抑えめな甘味、清酒ベースならではのやわらかさのある
梅酒になったと自負しております。

飲み方はストレート、オンザロックの他に、氷を砕いてかき氷状にしたクラシュッドアイス
などもオススメです。暑い日にはピッタリ!

是非一度、浦霞の梅酒をご賞味くださいませ!


浦霞 酒ギャラリー
 宮城県塩竈市本町2-19
 TEL 022-362-4165
 定休日   毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
 営業時間 10:00~17:00

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

ガラス工房キルロトークショーを開催しました!


こんにちは!総務の後藤です

浦霞 酒ギャラリーでは5月15日~28日の期間、「ガラス工房キルロフェアー」
を開催し、無事終了することができました。
多くのお客様にご来場いただき、感謝申し上げます。

140617_1.jpg

140617_2.jpg


5月24日には「ガラス工房キルロ トークショー」を開催、25名の方にご参加頂きました。

講演の中では、志賀英二先生の作品に関する思い入れや、奥様であるまつださゆり先生
との共同での制作の様子等を、映像を交えながら詳しく話していただきました。

140617_3.jpg

そのあとは全員が参加しての志賀先生とまつだ先生とのじゃんけん大会!
賞品を巡って熱戦が繰り広げられました。

140617_4.jpg

トークショーの締めくくりは、ガラス工房キルロの作品での「大吟醸 浦霞」と
仕込水の試飲です。
作品の感触や風合いを確かめながら、大吟醸の味わいを楽しんでいただきました。

皆様の温かいご支援をいただき、海馬ガラス工房に続き今回のガラス工房
キルロフェアーも無事に終えることができました。

次回は9月11日(木)~24日(水)の日程で陶芸作家の加藤晋先生のフェアを
予定しておりますので、足を運んでいただければと存じます。


浦霞 酒ギャラリー
 宮城県塩竈市本町2-19
 TEL 022-362-4165
 定休日   毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
 営業時間 10:00~17:00

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────