うらかすみ便り

archive [2014.06]

第一中学校(塩釜市)へ発電機付き投光機を寄贈いたしました。

こんにちは。企画課の冨谷です。

2011年4月から取り組んでいる「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクトにおいて
塩釜市立第一中学校(塩釜市)へ発電機付き投光機を寄贈いたしました。

この発電機付き投光機は、大規模な災害時となれば避難所となる中学校で活躍
されますが、普段は第一中学校野球部が利用します。第一中学校野球部は、これ
まで練習場として利用してきたグラウンドが災害復旧住宅の建設地となり、近くの
グラウンドに移して練習をおこなうことになりました。新たな練習場は、照明や電気
設備もなく、グラウンドに土を入れる整備から始まりました。そのため、第一中学校
野球部保護者会の皆様は、新たな練習場の環境整備のため支援を求め奔走され
ていました。
「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクトの支援として何ができるかを伺い相談した
結果、必要とされていた発電機付き投光機を寄贈することになりました。

そして、6月4日には野球部員1年生から3年生の皆さん、顧問や教頭先生の弊
社訪問があり、ご挨拶と寄贈に対しての御礼の言葉を頂きました。また、嬉しいニ
ュースとして塩釜市中総体で15年ぶりに「優勝」を飾るというご報告を頂きました。

20140607shiogamaityu-yusho-.jpg

20140607shiogamaityu-zentai.jpg

発電機付き投光機は、練習後の片付けの時間を気にかけることなく、日が落ちる
まで練習に励むことができるため心強い支援となるとのことでした。

20140607shiogamaityu-sannen.jpg

3年生7人にとっては最後の中総体となりますが、次は県大会が待ち構えています。
自分達の野球を悔いなく精一杯できるよう応援しております。

====
※「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクト
 「地域の復興なしには自社の真の復興はない」という考えより、震災後国内外
 よりいただいているご支援・応援を地域の復興へつなげるプロジェクト。
 浦霞の売上1本につき5円を積み立て、地元宮城県や地域の食文化の復興、
 未来を担うこども達の「教育」支援、社会福祉に関連した支援に対し寄付、資材
 等の寄贈を行なっている。  

 2011年度の活動報告 /recovery/#year2011
 2012年度の活動報告 /recovery/#year2012
 2013年度の活動報告 /recovery/#year2013


 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────