うらかすみ便り

「浦霞 初呑み切り」が開催されました


こんにちは。企画課の笠原です。

6月上旬に、弊社にて「浦霞 初呑み切り」が開催されました。

140606_01.jpg

「呑み切り」とは、搾られてタンクで貯蔵熟成されたお酒を、タンクから抜き出して
テイスティングし、健やかに熟成しているか、色、香り、味などを見る品質検査を
行うことを指します。
お酒を抜き出すときに貯蔵タンクの出口である「呑み口」を「切る」ことから、
その年初めての呑み切りを「初呑み切り」と呼んでいます。
(以上、日本名門酒会 公式サイトより引用)


このイベントは、宮城県内の日本名門酒会加盟店31社の方々にお集まり
いただき、弊社が選んだ4つのタンクのお酒を皆様できき酒して、七夕頃に
程良く熟成して美味しくなると思われるお酒を投票で1つ選び、7月に
「浦霞 厳選初呑み切り酒」として発売するというものです。


開会式の後、早速第1回「呑み切り酒」選定に入ります。
1番から4番まで番号をふった4種類のお酒から2種類を選んで頂きます。

140606_02.jpg
 (参加者の皆さんが呑み切り酒を選定している様子)


きき酒終了後、投票用紙への記入・回収、すぐに開票作業へと移ります。

スタッフが読み上げる番号を正の字を書いて数えていきます。

140606_03.jpg

140606_04.jpg

1番が大きく票を伸ばし、1番と4番のお酒で決戦投票を行うことが決まりました。

1番と4番のお酒を今度は「A」「B」とふって、皆様に配膳。
どちらが1番で、どちらが4番かは皆さんにはお知らせしていません。

140606_05.jpg

再び真剣にきき酒をされる皆様。

そして、いよいよ緊張の2回目の投票。

140606_06.jpg

Aのお酒が30票、Bのお酒が16票で、呑み切り酒は「A」のお酒に決定致しました!

140606_07.jpg

Aのお酒に決まったところで、杜氏の小野寺より本日の4種類のお酒の
説明がありました。

Aのお酒は、原料米にササニシキを使い、精米歩合60%で仕込んだお酒で
第1回「呑み切り酒」選定の時には1番のお酒でした。
第1回、第2回ともに1位に選ばれたお酒が、呑み切り酒に決定致しました。

酒屋さんが選んだ「厳選 初呑み切り酒」、是非ご賞味下さい。

140606_11.jpg


商品の詳しい情報と買えるお店はこちらをご覧下さい↓
 http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=3581


加盟店の皆さん、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました!

140606_08.jpg

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────