うらかすみ便り

10月1日は日本酒の日


こんにちは。企画課の笠原です。

本日は10月1日。
店舗「浦霞 酒ギャラリー」の暖簾の色も白から黒に変わりました。

1001_3.jpg

黒色の暖簾への衣替えは秋への突入を意味し、造りもこれから
シーズンに入ります。
私ども社員は、黒い暖簾を見ると身の引き締まる思いがします。


そして、10月1日は「日本酒の日
」です。
ご存知でしたでしょうか?

日本では12種の動物にたとえられている十二支は、古代中国の
天文学・暦学から生まれたもので、本来は1年の月の記号です。
その10番目に当たる「酉」は、わが国ではトリと読まれていますが、
元来壷の形を表す象形文字で、酒を意味しています。

古代では1年の始まりを冬至においていましたので、10番目の酉の月は
今の9月末から10月のころとなり、新米が収穫されて新酒が醸される月で
あったことを表しています。
つまり、10月は古来酒の月でした。
こうした歴史を受けて、酒造家の中では、10月1日を「酒造元旦」として
祝う風習が残っているところもあります。

日本の文化遺産ともいえるこの日本酒を正しく引き継ぎ、後世に伝える
ということで、日本酒業界では、1978年に「10月1日は日本酒の日」
と定めました。

「日本酒の日」の本日、一献傾けてみませんか?

(出典:日本酒造組合中央会ホームページ)

1001_4.jpg