うらかすみ便り

第12回浦霞を楽しむ夕べを開催しました


こんにちは。企画課の冨谷です。
先日、第12回目となる「浦霞を楽しむ夕べ」を開催致しました。

-------
第12回 浦霞を楽しむ夕べ
-------

 日時:2014年11月8日(土)18時~
 会場:フランス料理「シェヌー」 http://www.cheznous.co.jp/
 人数:34名
 会費:7,400円

この会では、浦霞のお酒と旬の食材をふんだんに使ったシェヌーさんの料理を
参加者の皆さんにお楽しみいただきます。

毎回、イベント開催前に、シェフやソムリエの方に十種類以上の提供酒を事前
テイスティングして頂き、そこからお酒が選定され、一夜限りの特別メニュー
考案いただいています。

そんな「浦霞を楽しむ夕べ」の特別メニューをご紹介します。


~アミューズ・ブーシュ~
浦戸諸島産「あたまっこ牡蠣」のジュレ添え
141108_01.jpg


低アルコール純米酒 萩の白露
junmai_siratuyu .jpg

 
牡蠣の旨味からつくられたジュレと「萩の白露」の甘味、シャンパンビネガーの
酸味とが重なり合いとてもマッチして美味しいひと品でした。



シェフのコメント
===========
萩の白露は、グレープフルーツのような香りがして、すっきりとしたお酒です。 
生牡蠣の風味を、お酒の柔らかな甘みが心地よく引き立ててくれると思います。 




ここでゲストの後藤様の登場!
141108_12.jpg

今回のアミューズ・ブッシュの食材は、塩釜市の沖合いにある浦戸諸島
で、潮間帯利用干出牡蠣の「あたまっこ牡蠣」です。

浦戸諸島は牡蠣養殖業が盛んな地域ですが、ブランド牡蠣の生産にも
力をいれており、後藤様も生産者の方と一緒になってブランド牡蠣の
ち上げに尽力されております。

潮が引くと空中に露出することで、外観上は比較的小型で全体的に丸み
を帯びて、厚みのある摩耗したような貝殻になります。

厳しい環境に育った牡蠣の味覚は、ぷっくりとして身が締まり旨味がより
強いのが特徴です。

この時期は、まだ小さく、旬となるのは年を越えてから身も大きくなりま
が、この機会に塩釜のブランド牡蠣をご紹介していきたいという赤間
シェフ
の強い想いがあり、メニューインしました。


そして、後藤様も説明のためにわざわざ駆け付けて頂き、詳しく牡蠣
についてお話頂きました。後藤様、ありがとうございました!



~前菜(1)~
奥松島産牡蠣のムース仕立て
141108_02.jpg

特別純米酒 生一本(きいっぽん)浦霞

junmai_kiippon720.jpg

コンソメと牡蠣の旨味をだしにしてムースに仕立てた一品。
口の中でふわりと溶けていく牡蠣のムースとトマトソースが口の中で
交差
する美味しさです。

 

シェフのコメント
===========
生一本浦霞は、お米本来の豊かな香りが際立ち、まろやかな甘味と
引き締まった酸味が調和したボリューム感のある味わいのお酒です。 
ムースにした、牡蠣のクリミーさに、お酒の風味がきれいに重なると
思い
ます。



~前菜(2)~ 
たらばガニのスフレ仕立て
141108_03.jpg


純米吟醸 浦霞禅
141108_07.jpg

タラバ蟹の甘い風味が口の中にいっぱい広がります。
華やかなブールブラン・ソース(白ワイン、バターでつくる)とやまぶどうの
ソースが綺麗に彩られています。
カニの風味と浦霞禅の風味が絶妙なコンビネーションで重なり合います。



シェフのコメント
===========
純米吟醸 浦霞禅は、ヨーグルトを思わせる香りで、ミネラル分を感じる
口の中でキレが良いお酒です。 
たらばガニの風味と浦霞禅が限りなく協調し、美味しく味わえると思います。 



~魚料理~
ブリのポワレ、海老ソースと焦がしバターソース
141108_04.jpg

山田錦純米大吟醸 浦霞
141108_08.jpg

しっかりとした脂ののったブリの身の美味しさを提供するため、低温(50度くらい)
オーブンを利用して焼きます。身の美味しさを残したぷりぷりとした食感が
感じられ
ます。
そして、皮は、パリパリとした香ばしさが残る火の通った美味しさを提供する
ために、別に焼いて仕上げる手間のかけようです。



シェフのコメント
===========
山田錦純米大吟醸はフレッシュなパイナップルのような香りがして、豊かな
甘味と酸味のバランスがとれた素晴らしいお酒です。
飲んでからの余韻も非常にしっかりとしているため、ブリの脂質との相性も
良いと思います。


~肉料理~
乳飲み仔牛のソテー・リゾット添え
141108_05.jpg

大吟醸 浦霞
141108_09.jpg

「仔牛」とは、放牧されて草を食べて成長する前の6ヶ月くらいの頃までの
牛が該当するそうです。

そして、フランスから輸入された「乳飲み仔牛」とは、仔牛を脱脂粉乳で
育てる
ではなく、半世紀ほど前におこなっていた母牛の乳で育てられた
「仔牛」の
ことを言い、日本での入荷はきわめて少なく貴重で、今回の
メニューの中でも
注目のひと品でした。



シェフのコメント
===========
 大吟醸浦霞は、ドライパイナップルのような香りがして、リッチなアルコール
を持つ力強いお酒です。 仔牛のやさしい風味とお酒の甘味が引き立て合い、
リッチな風味が味わい全体を まとめあげてくれると思います。



~デザート~
パイナップルのキャラメリゼ、キルシュのサヴィヨンとバニラアイス
141108_06.jpg

141108_13.jpg

141108_14.jpg


ひととおり、お食事が終わったところで、シェヌーの赤間シェフから
ご挨拶がありまし
た。

141108_11.jpg

毎回、事前のテイスティング、メニュー決めを入念に取り組んで頂き、
いつもありがとうございます。

ご参加いただきました皆さまも、ありがとうございました!!



本日の提供酒
141108_10.jpg
写真左から
低アルコール純米酒 萩の白露
特別純米酒 生一本(きいっぽん)浦霞
純米吟醸 浦霞禅
山田錦純米大吟醸 浦霞
大吟醸 浦霞