うらかすみ便り

archive [2015.05]

「第96回南部杜氏自醸清酒鑑評会」の表彰式が執り行われました


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、岩手県花巻市にて「第96回南部杜氏自醸清酒鑑評会」の
表彰式が執り行われ、弊社から社長佐浦、本社蔵杜氏小野寺が
参加致しました。

150525_01.jpg

弊社は純米吟醸酒の部で首席をとり、下記の賞を頂戴致しました。

純米吟醸酒の部
岩手県知事賞
南部杜氏協会会長賞
・全農岩手県本部長賞

150525_02.jpg

150525_03.jpg

150525_04.jpg

150525_09.jpg

今回このようにたくさんの賞を受賞でき、大変光栄に思っております。
この結果は杜氏はじめ蔵人達の精進はもとより、皆様方のご指導
ご支援の賜物と深く感謝申し上げる次第でございます。
今後とも、
杜氏はじめ蔵人一同、より一層の高品質の酒造りを目指して
努力を重ねて参る所存です。

引き続き、「浦霞」へのご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

150522_02.jpg

「全国新酒鑑評会」で本社蔵金賞受賞!


こんにちは。企画課の笠原です。

平成26酒造年度「全国新酒鑑評会」で、本社蔵が金賞を受賞
矢本蔵は入賞致しました。

「全国新酒鑑評会」とは、その年に製造されました清酒を全国的な
規模で調査・研究
することにより、清酒の品質向上に寄与すること
を目的とした鑑評会です。


詳しい内容や受賞一覧は独立行政法人酒類総合研究所の
ホームページから参照ください。

http://www.nrib.go.jp/kan/kaninfo.htm

今回の受賞を励みに、来年度も受賞できるよう社員一同、
高品質な日本酒を造るため
努力を重ねて参る所存です。
今後とも「浦霞」へのご愛顧、宜しくお願い申し上げます。

150626_1.jpg

塩竈・寒風沢島の田植えに参加してきました

 

こんにちは!企画課の小野寺です。

先日、弊社スタッフと蔵人で
塩竈・浦戸諸島にある寒風沢(さぶさわ)島の田植えに今年も参加してきました。

塩竈市内で米作りを行っているのは鹽竈(しおがま)神社の御神田を
除けば寒風沢島のみです。
2011年の東日本大震災で被災し一時中断されていましたが、
2012年に再開され、今年も無事、田植えをスタートすることができました。

寒風沢島は川がない地形のため、
水は冬に溜めた雪や雨水のみを利用し、
自然の力で育てる「ふゆみず田んぼ」農法で育てています。


まずは、田んぼを管理する浦戸アイランド倶楽部の方から
"手植え"のやり方を教わりました。

150518_01.jpg

いざ始まると、膝あたりまである深い泥に足を取られ、
まっすぐ植えることにも悪戦苦闘!

150518_03.jpg

泥まみれになりながらも、
よいお米ができあがるように、一束一束丁寧に植えていきました。

150518_02.jpg

朝から降っていた雨も、植え終わる頃にはすっかり止み
きれいな青空が広がりました。

150518_04.jpg

田植えの疲れも癒やされる、美しい田園風景でした。

150518_05.jpg

最後に、自分たちで植えた田んぼを背景に集合写真を撮りました。
みんなすがすがしい笑顔です。

秋の収穫がとても楽しみです!

参加された皆様、浦戸アイランド倶楽部の皆様、ありがとうございました。

「純米生酒 浦霞」(宮城県限定商品)発売中!


こんにちは。企画課の笠原です。

5月16日(土)より「純米生酒 浦霞」(宮城県限定商品)を
発売しております。

season_tokunama720.jpg
 純米生酒 浦霞(宮城県内限定発売)

  原料米 まなむすめ
  精米歩合 65%
  アルコール分 17度


生酒ならではの清涼感あふれるフレッシュな味わいと
純米酒らしい旨味と酸味の絶妙なバランスが特長です。


担当しました矢本蔵杜氏の赤間よりのコメントです。
------
純米生酒は初夏に楽しむお酒ですので、きりっと冷やして
フレッシュな香りとほど良いふくらみと旨味を楽しめる
お酒をイメージして造りました。

今年の米は質が良く、醪の経過も順調でイメージどおり
の酒質に仕上げることができました。
------

150516_01.jpg


お取扱い店様につきましては、下記までお問い合わせください。
メール http://www.urakasumi.com/contact/
電話  022-362-4165


また、「純米生酒 浦霞」を中心とした試飲即売会を下記の通り
開催致します。是非お立ち寄りください。

5月22日(金)~24日(日)10時~19時
地酒とWINEのお店「ケヤキ」様
仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅1階/TEL 022-212-5233

IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2015で銀メダル受賞


こんにちは。
企画課の笠原です。

4月20日~22日の3日間に渡り、
「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2015」のSAKE部門の審査が
行われ、昨日メダル受賞酒が発表されました。

日本酒部門は7つのカテゴリーごとに審査員によるブラインド・テイスティングを行い、
その成績によりメダル表彰となります(金メダル・銀メダル・銅メダル・大会推奨酒)。
今年は過去最高の876銘柄が出品されたとのことです。

弊社は、本醸造酒の部で「原酒 浦霞」が銀メダルを受賞しました。

miyagi_gensyu_bottle.jpg
銀メダル受賞 原酒 浦霞(宮城県内限定販売)


1984年に創立されましたIWCは、13,000銘柄を超えるワインが出品され、
世界で最も影響力のあるコンペディションとして知られております。

2007年には「SAKE部門」が設けられ、「純米酒の部」、「純米吟醸酒・
純米大吟醸酒の部」、「本醸造酒の部」、「吟醸酒・大吟醸酒の部」、「古酒の部」
の5つに加え、2014年より「オーディナリー酒の部」と「スパークリング酒の部」
の2つの部門が新設され、7つのカテゴリーに分かれて審査が行なわれ、
金・銀・銅メダルと大会推奨酒が選出されます。


詳細につきましては、酒サムライのHPをご覧ください。
http://www.sakesamurai.jp/

この度の受賞は皆様のご愛顧の賜物と感謝しております。
今後とも精進し高品質の酒造りに励んでいく所存でございます。