うらかすみ便り

archive [2015.05]

日本名門酒会加盟店限定「純米生酒 浦霞」、瓶詰め作業中!


こんにちは。企画課の笠原です。

只今、矢本蔵(東松島市)では、日本名門酒会加盟店限定の「純米生酒 浦霞
の瓶詰め作業を行っています。

150513_01.jpg

150513_02.jpg

弊社5月14日出荷、5月15日頃より発売の予定です。
(地域や店舗により発売日は異なります)

season_tokunama_meimon720.jpg
日本名門酒会加盟店限定「純米生酒 浦霞

 原料米  まなむすめ
 精米歩合 65%
 アルコール分 17度

なお、こちらの商品は日本名門酒会加盟店限定販売となり、
弊社店舗「浦霞 酒ギャラリー」でのお取扱いはございませんので
ご了承ください。


また、下記の百貨店にて、「純米生酒 浦霞」をはじめとした浦霞製品の
試飲即売会を行います。是非お立ち寄り下さい!

・5月20日(水)~25日(月)10時~20時 ※最終日18時まで
 大阪タカシマヤ 7階催事場「日本酒祭り」
 大阪市中央区難波5-1-5 TEL 06-6631-1101 (代表) 
 http://www.takashimaya.co.jp/osaka/

・5月21日(木)~24日(日)10時~21時 ※最終日19時まで
 東急百貨店 渋谷駅・東横店 地下1階酒売り場
 東京都渋谷区渋谷2-24-1 TEL 03-3477-3111(代表)
 http://www.tokyu-dept.co.jp/toyoko/

・5月21日(木)~27日(水)10時~19時30分 ※最終日16時まで
 東武百貨店 船橋店 6階イベントプラザ 「第13回宮城・山形の物産展」
 千葉県船橋市本町7-1-1 TEL 047-425-2211(代表)
 http://www.tobu-dept.jp/funabashi/

【キャンセル発生につき追加募集】 「第11回浦霞ほろ酔い寄席」開催


こんにちは。企画課の笠原です。

キャンセル発生につき、 「第11回浦霞ほろ酔い寄席」の参加者
を追加募集致します。
「落語」と「日本酒」を一度にお楽しみいただけるイベントです。
皆さまのご応募をお待ちしております。



浦霞ほろ酔い寄席 ~三遊亭鳳楽独演会~
====

開催日  2015年6月7日(日)
時 間  独 演 会    15:00~17:00
      浦霞を楽しむ会17:15~18:45頃
会 場  秋保温泉「ホテル佐勘
参加費  7,000円(独演会、懇親会、温泉入浴、バス送迎付き)
      6,200円(独演会、懇親会、温泉入浴付き)
  ※送迎バス料金の大幅な値上げにより、やむなく会費を変更することになりました。
定 員  100名(先着順)
  ※募集定員に達し次第締め切らせて頂きます
アクセス 仙台駅より送迎バスを運行(12:30発/予約制)

====

参加を希望される方は、お電話、FAX、メールにて、下記の事項をお知らせ下さい。
・お名前
・ご住所
・携帯電話番号
・人数
・送迎バス利用の有無


【問合せ先】
浦霞醸造元(株)佐浦 企画課
TEL 090-5235-3141 (平日9時~17時)
FAX 022-362-7895
メール info@urakasumi.com

150415_3.jpg

150415_4.jpg

150415_5.jpg

独演会終了後には、鳳楽師匠を囲んで
浦霞を楽しむ懇親会を開催致します。

塩釜市錦町地区災害公営住宅へ備品寄贈。感謝状を頂きました


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、塩釜市錦町地区の災害公営住宅(計40戸)の完成に伴い、入居式
ならびに入居者と周辺町内会の方々が交流する「観桜会」が開かれました。

住宅を建設した場所は「佐浦山」と呼ばれ、戦前は観桜会が催されていた
ことから、今回入居式にあわせ、観桜会も行われました。
桜を復興のシンボルとして新たな植樹も行われ、植樹の後は駐車場に
設けられた会場で満開の桜を見ながら、「ゆずりの葉少年少女合唱団」による
歌声が響き、団子やおでん、弊社のお酒を
味わっていただきました。

150502_02.jpg

また、錦町地区の災害公営住宅へは、弊社が2011年4月から行っている
浦霞発、日本酒のチカラプロジェクト」の一環で、集会所に机・椅子・エアコン
などを寄贈。
この会の中で塩竈市長より感謝状をいただきました。

150502.jpg
写真(右):佐藤昭 塩竈市長、(左)弊社社長 佐浦弘一


入居者、ならびに周辺町内会の方々との交流のためにご利用頂ければと
思っております。

====
※「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクト
「地域の復興なしには自社の真の復興はない」という考えより、震災後
国内外からいただいているご支援・応援を地域の復興へつなげるプロ
ジェクト。浦霞の売上1本につき3円を積み立て、地元宮城県や地域の
食文化の復興、未来を担うこども達の「教育」支援、社会福祉に関連し
た支援に対し寄付、資材等の寄贈を行なっている。  

2011年度から2014年度の活動報告について