うらかすみ便り

塩竈・寒風沢島の田植えに参加してきました

 

こんにちは!企画課の小野寺です。

先日、弊社スタッフと蔵人で
塩竈・浦戸諸島にある寒風沢(さぶさわ)島の田植えに今年も参加してきました。

塩竈市内で米作りを行っているのは鹽竈(しおがま)神社の御神田を
除けば寒風沢島のみです。
2011年の東日本大震災で被災し一時中断されていましたが、
2012年に再開され、今年も無事、田植えをスタートすることができました。

寒風沢島は川がない地形のため、
水は冬に溜めた雪や雨水のみを利用し、
自然の力で育てる「ふゆみず田んぼ」農法で育てています。


まずは、田んぼを管理する浦戸アイランド倶楽部の方から
"手植え"のやり方を教わりました。

150518_01.jpg

いざ始まると、膝あたりまである深い泥に足を取られ、
まっすぐ植えることにも悪戦苦闘!

150518_03.jpg

泥まみれになりながらも、
よいお米ができあがるように、一束一束丁寧に植えていきました。

150518_02.jpg

朝から降っていた雨も、植え終わる頃にはすっかり止み
きれいな青空が広がりました。

150518_04.jpg

田植えの疲れも癒やされる、美しい田園風景でした。

150518_05.jpg

最後に、自分たちで植えた田んぼを背景に集合写真を撮りました。
みんなすがすがしい笑顔です。

秋の収穫がとても楽しみです!

参加された皆様、浦戸アイランド倶楽部の皆様、ありがとうございました。