うらかすみ便り

「藻塩焼神事」が執り行われました

こんにちは!企画課の小野寺です。

7月4日から6日まで、
弊社のすぐ近くにある御釜神社にて、「藻塩焼神事」が執り行われました。

150706_1.jpg

御釜神社は鹽竈神社の末社で、塩竃」と言う地名の由来になった
「御釜」や「神釜」などと呼ばれる四口の釜が祀られている重要な神社です。


「藻塩焼神事」は古代の製塩方法を現代に伝える神事として
宮城県の無形民俗文化財に指定されています。

その製塩方法とは、
海藻を用いて濃度の高い塩水を作り、それを煮詰めて作るというもの。
この一連の工程を、3日間に分けて儀礼として執り行われるのが、「藻塩焼神事」です。

【7月4日 藻刈神事】
隣町の七ヶ浜町・花淵浜沖付近から、海藻のホンダワラを刈り採ってきます。

【7月5日 水替神事】
神社敷地内にある神釜の水を入れ替える神事です。
松島湾釜ヶ淵から満潮時の海水をくみ、神釜の水を新しい水に替えます。

【7月6日 藻塩焼神事】
敷地内にある製塩用の鉄製平釜で塩を作り、参列者に配ります。


150706_2.jpg

6日の藻塩焼神事当日には、
地元住人の方々や観光客、マスコミ関係者などたくさんの人が
一目見ようと神社に集まっていました。


まずは平釜の上に竹の棚をのせてホンダワラを広げ
その上から海水を注ぎます。

150706_3.jpg

釜に火をつけ、竹の棚を外し、
榊でお祓いをします。

150706_4.jpg

釜から数メートル離れていた私の位置でも
熱さが伝わって来るほどの火の強さで、
アクを取りながら煮ていきます。
約40分ほど煮ていくと、塩の塊が出来てきました。

150706_5.jpg

例年は出来上がりに1時間半程かかるそうですが、
今年はとても早かったようです。

出来上がった塩は、少し灰色がかっていました。

150706_6.jpg

例祭が終わると、来訪者に御神酒と藻塩が配られ、
私もいただきました。

150706_7.jpg

厳かな雰囲気の中行われる藻塩作りの光景に
不思議な魅力を感じました。
塩竃の歴史と伝統を垣間見れた貴重な時間でした。

7月10日は藻塩焼神事で作った藻塩を鹽竈神社にお供えする「鹽竈神社例祭」、
7月20日には「みなと祭り」など、たくさんの催事が行われます。
夏の塩竈へ、ぜひお立ち寄りください!