うらかすみ便り

第13回浦霞を楽しむ夕べを開催しました

こんにちは!企画課の小野寺です。
先日、第13回目となる「浦霞を楽しむ夕べ」を開催いたしました。

会場は、塩釜市にあるフランス料理の名店「レストラン・シェヌー」さん。
この会では、浦霞のお酒と旬の食材をふんだんに使ったシェヌーさんの料理を
参加者の皆さんにお楽しみいただきます。

毎回、イベント開催前に、シェフやソムリエの方に数種類の当社の日本酒を事前
にテイスティングして頂き、そこからお酒が選定され、一夜限りの特別メニュー
を考案いただいています。

そんな「浦霞を楽しむ夕べ」の特別メニューをご紹介します。

-------

第13回 浦霞を楽しむ夕べ
-------

 日時:2015年11月7日(土)18時~
 会場:フランス料理「シェヌー」 http://www.cheznous.co.jp/
 人数:34名
 会費:7,400円


~アミューズ・ブーシュ~
海の幸のタルタル、マルセイユの思い
151107_1.jpg

低アルコール純米酒 萩の白露
junmai_siratuyu .jpg

細かく切られたホッキ貝、ホタテ、イカ、タコ、そしてニンジン、インゲン、トマトが入った
食感が楽しい一品目。トマトは軽く火を通して青臭さをなくし、程よく甘さと酸味を引き出しています。
香りづけにはハーブとゆずが使われており、鼻に抜けるゆずのさわやかな香りと酸味が、
フルーティーな
萩の白露ととてもよくマッチしていました。


シェフのコメント
=========
萩の白露は、ほのかにフルーツの香りがして、みずみずしく甘い梨の風味を感じました。
貝類・野菜の甘みと食感をお酒のやわらかな味わいが引き立ててくれると思います。



~前菜(1)~
小瀬菜だいこんとビタミンだいこんのサラダ
151107_2.jpg

特別純米酒 生一本 浦霞
junmai_kiippon720.jpg


「小瀬菜だいこん」とは、宮城県加美町の小瀬地区という限られた土地でしか育たない
希少価値の高い在来野菜だそうです。
白い根の部分は小さく、茎は繊維質が少なく柔らかくて食べやすいのが特徴で、
他の地域で栽培してもこのような食感にはならないという、不思議なだいこんです。


151107_3.JPG
※茎の長い方が「小瀬菜だいこん」、もう一方は「ビタミンだいこん」です

見た目にも美しく大輪の花のように皿の上に飾られた茎の食感は、
まるでセロリのようなシャキシャキ感。
みずみずしく、ほのかな苦みがくせになります。
ソースは、温泉卵の卵黄とベーコンの煮汁が使われており、
生一本のしっかりとしたお米の旨味と見事に調和していました。

シェフのコメント
=========
生一本 浦霞は、お米本来の香りが感じられ、やさしい甘味と柑橘系の酸味が
調和した上品な味わいのお酒だと思います。小瀬菜だいこんと卵を使ったソースが、
お酒にきれいにかさなります。


~前菜(2)~
フォアグラのソテー、季節のフルーツを添えて
151107_4.5.jpg

純米吟醸 浦霞禅
j-ginjo_junmai.jpg

濃厚なフォアグラの味と、パッションフルーツを使ったソース、付け合わせのリンゴや柿の
甘さ・酸味がほどよく合わさり、まろやかな余韻が残ります。
後味のキレの良い浦霞禅は、その余韻をきれいに流し口の中をさっぱりさせ、
また次の一口を新鮮に楽しめました。
フォアグラと言えばフランス料理の定番ですが、日本酒とのマリアージュも
とてもおいしくいただけました。


シェフのコメント
=========
浦霞禅は、しっかりとしたミネラル分を感じ、ヨーグルトを思わせる香りがあり、
キレが良いお酒です。リンゴや柿を使ったフォアグラの料理が美味しく味わえると思います。


~魚料理~
いしなぎのポッシェ、南仏風
151107_5.5.jpg

山田錦純米大吟醸 浦霞
j-d-ginjo_yamada.jpg

蒸気で蒸したいしなぎを、南仏風にスープ仕立てのソースで味わいます。
いしなぎの身はフワフワで、ほんのりとにんにくの効いたソースと野菜の
甘みがとても良く合います。
素材のうまさを引き出したやさしい味わいを、山田錦純米大吟醸 浦霞の
華やかな香りとしっかりとした旨味が包み込み、満足感を得られる一品でした。


シェフのコメント
=========
山田錦純米大吟醸はフレッシュなパイナップルのような香りがします。
骨格がしっかりとして、バランスのよい味わいが、ソースといしなぎの風味を
包みこみ、全体をまとめてくれると思います。


~肉料理~
和牛のバベット、きのこ添え
151107_6.jpg

純米大吟醸 浦霞 "M"

j-d-ginjo_kaigai.jpg
ニューヨーク限定で販売している純米大吟醸 浦霞 "M"に、
参加者の皆様も興味深々でした。
今回のイベント用に特別に用意いたしました。
151107_7.JPG

バベットとは「ハラミ」の部分のこと。フランスではビストロで
ステーキとしてよく使われる部位です。赤ワインで煮込んだバベットは
食べ応えがあり、噛めば噛むほど肉の旨味が
味わえます。

バベットに乗っているのは同じく赤ワインで煮込んだ牡蠣です。
牡蠣と牛肉はフランス料理の古典的な組み合わせだそうで、
どちらも純米大吟醸 浦霞 "M"のボリューム感のある味わいと
うまく重なり、じっくりと味わいたくなる一品でした。

シェフのコメント
=========
純米大吟醸 浦霞 "M"はドライパイナップルのような香りがし、
ボリューム感のあるリッチな味わいのお酒です。
余韻がしっかりしているので、和牛のバベット(ハラミ)との相性もとても良いと思います。


~デザート~
マロンのクレームブリュレ、ラ・フランスのソルベ
151107_8.5.jpg


ひととおり、お食事が終わったところで、シェヌーの赤間シェフから
ご挨拶がありまし
た。

151107_9.JPG

今年、7年ぶりにフランスへ行ってきたという赤間シェフ。
久しぶりの現地の料理から受けた刺激を、今回のメニューで表現されたそうです。

毎回、事前のテイスティング、メニュー決めを入念に取り組んで頂き、
いつもありがとうございます。

ご参加いただきました皆さまも、ありがとうございました!!


本日の提供酒
151107_10.JPG
写真右から
低アルコール純米酒 萩の白露
特別純米酒 生一本(きいっぽん)浦霞
純米吟醸 浦霞禅
山田錦純米大吟醸 浦霞
純米大吟醸 浦霞 "M"