うらかすみ便り

「第21回浦霞しぼりたてを楽しむ会」を開催しました


こんにちは。企画課の笠原です。

1月16日(土)、17日(日)の2日間、
ホテルキャッスルプラザ多賀城」にて
「第21回 浦霞しぼりたてを楽しむ会」を開催、
両日とも210名の方々にお越し頂きました。

160120_01.jpg

会は「櫻 ~sakura~」さんのミニコンサートで開会。

「櫻 ~sakura~」さんは、各種津軽三味線の大会で日本一
になった
織江響さん、須貝麻由さん、佐藤史織さんの3名
からなるユニット。

160120_02.jpg

「花吹雪」「花メドレー(ハナミズキ~春よ来い~花は咲く)」
などを演奏頂き、一足早い「春」を演出頂きました。

160120_03.jpg

津軽三味線以外にも、篠笛、太鼓、踊りも披露頂き、
また、演奏中はウェルカムドリンク「純米吟醸 浦霞禅」を
お飲み頂きながら、演奏をお楽しみ頂きました。

160120_04.jpg


ミニコンサート後、弊社代表取締役社長 佐浦弘一より
ご挨拶を申し上げ、乾杯、開宴へと移りました。


160120_05.jpg

乾杯の音頭は、土曜は「うらかすみ日本酒塾」の卒業生の方に、
日曜はミニコンサートを演奏頂いた方にお願い致しました。

160120_06.jpg

お酒は、前日に発売したばかりの「本醸造 しぼりたて浦霞」。
皆さまと新酒で乾杯致しました。
160120_26.jpg

今年の本醸造 しぼりたて浦霞」は、
新酒らしい華やかでフレッシュな香り、例年よりやや
すっきりとした味わいのキレの良いお酒に仕上がりました。


しばらくの間、お料理と新酒本醸造 しぼりたて浦霞
をお楽しみ頂き、続いては杜氏・蔵人による
「浦霞流仕込み唄」の披露です。

160120_07.jpg
 本社蔵 杜氏 小野寺 邦夫

160120_08.jpg
 矢本蔵 杜氏 赤間 勲

160120_09.jpg

酒造りの様子がイメージできましたでしょうか。
南部流仕込み唄を浦霞流にアレンジしたものです。

会の中盤、「バーカウンター」「カクテルコーナー」で
お酒の提供が始まりました。

160120_10.jpg
一般発売していない「発泡性純米吟醸酒 浦霞」。
このお酒を目当てにご参加頂いてる方も多いです。

160120_11.jpg

その他、「本格焼酎 浦霞」や「浦霞 本格焼酎につけた梅酒
といった数量限定品のお酒もご提供致しました。

160120_12.jpg

カクテルコーナーでは、「低アルコール純米酒 萩の白露
を使ったカクテルを2種類、お楽しみ頂きました。

160120_13.jpg

①ベリーの雫
カシスリキュール、ラズベリー、ブルーベリーを使った
甘酸っぱいカクテル。

160120_14.jpg

②白露マリンブルー
グレープフルーツにオレンジピールの香りをプラス、
さっぱりとした口当たりのカクテル。

160120_15.jpg

また、日本酒カクテルベース用のお酒「MOTOZAKE」
をトニックウォーター「サキニック炭酸」で割ったカクテル
「サキニック」も提供致しました。

160120_16.jpg

弊社は昨年、「蔵の華 芳醇辛口純米 浦霞」を使用して
「浦霞 MOTOZAKE 純米」を発売、そのお披露目と
MOTOZAKEカクテルのご紹介を致しました。

「浦霞 MOTOZAKE 純米」とトニックウォーター「サキニック炭酸」
のお取扱店様等につきましては下記よりお問合せ下さい。
http://www.urakasumi.com/contact/


続いて、皆さまお楽しみの「抽選会」へ!
160120_17.jpg

浦霞の限定酒各種を用意致しました。

160120_18.jpg

160120_19.jpg

当選者が次の賞品の当選者を引きます。
最後の1等「白鳥 浦霞」だけは社長の佐浦が引きます。


160120_20.jpg

さあ、「白鳥 浦霞」はどなた様の手に!!

緊張の当選者の発表です!!

と、その前に、和太鼓演奏を皆さまにお楽しみ頂き、
当選者発表は演奏の後に。


今年の和太鼓演奏者は「閾(いき)」さん。
160120_21.jpg

宮城県内の各和太鼓団体の枠を越えて集まった
和太鼓ユニットです。

160120_22.jpg

太鼓の音や響きに会場も大いに盛り上がりました。

太鼓演奏の後、佐浦より御礼を申し上げ、
お待ちかねの1等「白鳥 浦霞」の当選者発表です!!!

160120_23.jpg

160120_24.jpg

当選されましたお二方、おめでとうございます。
お酒を飲んだ後も、器を飾ってお楽しみ下さい!

「白鳥 浦霞」を当選された方に手締めをお願いして、会は終了。

160120_25.jpg

ご参加頂きました皆さま、ありがとうございました。
2016年もどうぞ「浦霞」をよろしくお願い致します。