うらかすみ便り

archive [2016.02]

干物×日本酒「第3回いっしょに食べ亭」に参加しました

こんにちは!企画課の小野寺です。

2月13日(土)、宮城大学 事業構想学部 藤原研究室の学生の皆さんと
塩竈にある干物屋・間宮塩蔵(株式会社間宮商店)様が
共催するイベント「いっしょに食べ亭」に参加してきました。

このイベントは、ITを活用したビジネス課題の解決を学ぶ藤原研究室の学生の皆さん
学んだ理論を実践するために、間宮塩蔵様に提案活動を行う中で生まれました。
ブランディング活動のひとつとして、昨今の食卓における「魚離れ」や、
「弧食化」というような食に関する社会問題を、
間宮塩蔵様の干物をはじめとする塩竈の豊かな食資源とITを活用して解決を目指しています。


第3回目となる今回は、「夫婦」でいっしょに楽しめる食卓がテーマということで、
弊社の日本酒とのコラボレーションをすることになりました。


ところで皆さん、干物と言えばどんなものをイメージしますか?
硬いとか、しょっぱいとか、かりかりしているとか、そのようなイメージはありませんか?

そんなイメージのまま間宮塩蔵様の干物を見ると驚かされます。

160213_1.JPG

見てください、この身のふっくら感!

金華サバの脂ののったジューシーで柔らかい身をそのままに、
噛めば噛むほど旨味が広がる
とっても美味しい干物です。

鮪専門店として開業し今年で創立50周年
魚の善し悪しを見分ける修行を積んだ確かな目利きがいること。
最先端技術を用いた"酸化させない"熟成干物であること。
素材から加工まで、こだわりを持って美味しい干物を作り上げています。
塩竈が誇る干物技術です!



そんな間宮塩蔵様の干物と日本酒との食べ合わせ、
美味しくないはずがありません。
それでも意外なことに、干物と日本酒の食べ合わせ体験というのは、
弊社としても今回のイベントが初めての試みとなりました。


イベント当日、参加したのは間宮塩蔵様Facebookの記事を見て
応募いただいた4組のご夫婦。

中には県外からお越し下さった方もいらっしゃいました。

まずは、食べ合わせをよりおいしく味わっていただくために、
日本酒と干物の製造工程を学びました。

160213_2.jpg
弊社蔵見学の様子

160213_3.jpg
間宮塩蔵様の工場見学の様子

皆さん熱心に説明を聞いていました。


しっかりと学んだあとは、お待ちかねの干物と日本酒の食べ合わせ体験です。

今回食べ比べて頂いたのは、

金華サバの「うす塩味」「味噌粕味」「甘粕味」の3種類の干物と、
からくち 浦霞」「純米酒 浦霞」「ぼとる 浦霞」の3種類の日本酒

この中から一番合う組み合わせを参加者に選んでもらいました。

160213_4.jpg

一口食べた瞬間からおいしい!と会場が盛り上がりました。

160213_5.jpg

「どれにしようか迷うね」と仲良く相談するご夫婦の姿は
とても微笑ましい光景でした。

160213_6.jpg

お酒が足りなくなったら、ご夫婦でお酌をし合っていただきました。
これも、お酒がある食卓ならではのコミュニケーションの一つです。


あっという間に投票の時間に。
1位は5pt、2位は3pt、3位は1ptとポイントを付け、参加者全員から投票してもらいました。
参加者からは「どれも美味しかったからな・・・」と悩める声も漏れておりました。

いよいよ結果発表。

第3位は、「からくち 浦霞×甘粕味・金華サバ」で6pt

第2位は、「ぼとる 浦霞×甘粕味・金華サバ」で11pt

第1位は、他を大きく引き離して合計28pt

からくち 浦霞×うす塩味・金華サバ」の組み合わせでした!

「うす塩味・金華サバ」のほどよいしょっぱさとジューシーな旨味を、
後味のキレが良い「からくち 浦霞」がさっぱりとさせ、
次の一口へとどんどん箸が進む組み合わせです。
みなさん納得の一位でした!


そして特別企画として、一位になった組み合わせを
間宮塩蔵様通販サイトにて期間限定で販売をすることになりました!


発売時期など販売に関する詳細は、
間宮塩蔵様facebookページ(https://goo.gl/UDqqFy
)で今後案内いたします。

飽きのこないシンプルな組み合わせを、日常の食卓でもぜひ試してみてください。


塩竈の食の魅力を新しい視点から堪能出来た素敵なイベントでした。
ご参加頂いた皆様、並びに間宮塩蔵様、宮城大学藤原研究室の学生の皆様
ありがとうございました!

160213_7.jpg

【2/19~25】仙台駅2階催事場で浦霞商品を販売


こんにちは。企画課の笠原です。

2月19日~25日まで、仙台駅2階 ステンドグラス前にて
「新酒地酒まつり」が開催されています。

弊社商品もお取扱いいただいておりますので、
お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください!

====
新酒地酒まつり
====

会期 2月19日(金)~25日(木)

時間 午前10時~午後9時
    ※最終日は午後7時まで

場所 仙台駅2階ステンドグラス前

弊社販売予定銘柄
本醸造 しぼりたて浦霞 720ml
しぼりたて純米生酒 浦霞 720ml
大吟醸 浦霞
純米吟醸 浦霞 寒風沢(さぶさわ)
特別純米酒 生一本浦霞 180ml
浦霞 本格焼酎につけた梅酒 720ml
蔵の華 芳醇辛口純米 浦霞


仙台駅やお近くにお越しの際には是非お立ち寄り頂ければと思います。

「しぼりたて純米生酒 浦霞」明日2/13発売!


こんにちは。企画課の笠原です。

浦霞 酒ギャラリーでは、明日2月13日(土)より
しぼりたて純米生酒 浦霞」を発売致します。

150205_02.jpg

しぼりたて純米生酒 浦霞
厳寒期に造られた「しぼりたて」特有のフレッシュ感と
純米酒ならではのコク、ほど良い酸味と旨味が
心地良い味わいの新酒です。

 原料米 まなむすめ
 精米歩合 65%
 アルコール分 17度

1月発売の「本醸造 しぼりたて浦霞」に続いて、
純米酒のしぼりたてとなります。
それぞれの味わいを飲み比べてみてはいかがでしょうか?

※発売日は地域や店舗により前後することがございます。
販売店に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

  浦霞醸造元 株式会社佐浦
   TEL 022‐362‐4165
   メールでのお問い合わせはこちら

第17期「うらかすみ日本酒塾」、第4回講義開催


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、第17期「うらかすみ日本酒塾」の第4回講義を開催しました。

「うらかすみ日本酒塾」は、20歳以上の一般消費者の方を対象とした、
浦霞主催の日本酒セミナーです。
毎年9月から翌年3月の半年間、月1回のペースで毎月テーマと講師を
変えて開催しています。

1月の第4回講義は「酒造り体験」。

こうじ室での作業や蔵内での仕込み作業等、実際に酒造りを
お手伝い
頂きます。

日本酒塾の中でも最も人気の講義です。


講義内容
========
 1.蒸し米の引き込み作業(こうじ室)
taiken_01.jpg

 2.出こうじ作業(こうじ室)
taiken_02.jpg

 3.櫂入れ作業(仕込み蔵)
taiken_03.jpg

 4.分析に関するミニ講義(会議室)
taiken_04.jpg

 5.洗米作業(蔵内)
taiken_05.jpg


櫂入れ作業をお手伝い頂いた、仕込み番号30号のお酒は、
3月の最終講義の後に開催する懇親会にて、皆さんとともに
乾杯、これまでの講義を振り返りつつ楽しむ予定です。

次回2月はフードコーディネーター福留奈美先生による
「日本酒のある豊かな生活」です。
17期生の皆さま、こちらもどうぞお楽しみに!!

====>>>
来年度「第18期うらかすみ日本酒塾」 受講生を募集しております。
応募締切:2016年5月31日必着
6月に入りましたらご応募頂いた方に開講スケジュールと申込書
を送付致します。
「うらかすみ日本酒塾」に関するお問合せは、下記からお願い致します。
http://www.urakasumi.com/contact/

「第21回浦霞しぼりたてを楽しむ会」を開催しました


こんにちは。企画課の笠原です。

1月16日(土)、17日(日)の2日間、
ホテルキャッスルプラザ多賀城」にて
「第21回 浦霞しぼりたてを楽しむ会」を開催、
両日とも210名の方々にお越し頂きました。

160120_01.jpg

会は「櫻 ~sakura~」さんのミニコンサートで開会。

「櫻 ~sakura~」さんは、各種津軽三味線の大会で日本一
になった
織江響さん、須貝麻由さん、佐藤史織さんの3名
からなるユニット。

160120_02.jpg

「花吹雪」「花メドレー(ハナミズキ~春よ来い~花は咲く)」
などを演奏頂き、一足早い「春」を演出頂きました。

160120_03.jpg

津軽三味線以外にも、篠笛、太鼓、踊りも披露頂き、
また、演奏中はウェルカムドリンク「純米吟醸 浦霞禅」を
お飲み頂きながら、演奏をお楽しみ頂きました。

160120_04.jpg


ミニコンサート後、弊社代表取締役社長 佐浦弘一より
ご挨拶を申し上げ、乾杯、開宴へと移りました。


160120_05.jpg

乾杯の音頭は、土曜は「うらかすみ日本酒塾」の卒業生の方に、
日曜はミニコンサートを演奏頂いた方にお願い致しました。

160120_06.jpg

お酒は、前日に発売したばかりの「本醸造 しぼりたて浦霞」。
皆さまと新酒で乾杯致しました。
160120_26.jpg

今年の本醸造 しぼりたて浦霞」は、
新酒らしい華やかでフレッシュな香り、例年よりやや
すっきりとした味わいのキレの良いお酒に仕上がりました。


しばらくの間、お料理と新酒本醸造 しぼりたて浦霞
をお楽しみ頂き、続いては杜氏・蔵人による
「浦霞流仕込み唄」の披露です。

160120_07.jpg
 本社蔵 杜氏 小野寺 邦夫

160120_08.jpg
 矢本蔵 杜氏 赤間 勲

160120_09.jpg

酒造りの様子がイメージできましたでしょうか。
南部流仕込み唄を浦霞流にアレンジしたものです。

会の中盤、「バーカウンター」「カクテルコーナー」で
お酒の提供が始まりました。

160120_10.jpg
一般発売していない「発泡性純米吟醸酒 浦霞」。
このお酒を目当てにご参加頂いてる方も多いです。

160120_11.jpg

その他、「本格焼酎 浦霞」や「浦霞 本格焼酎につけた梅酒
といった数量限定品のお酒もご提供致しました。

160120_12.jpg

カクテルコーナーでは、「低アルコール純米酒 萩の白露
を使ったカクテルを2種類、お楽しみ頂きました。

160120_13.jpg

①ベリーの雫
カシスリキュール、ラズベリー、ブルーベリーを使った
甘酸っぱいカクテル。

160120_14.jpg

②白露マリンブルー
グレープフルーツにオレンジピールの香りをプラス、
さっぱりとした口当たりのカクテル。

160120_15.jpg

また、日本酒カクテルベース用のお酒「MOTOZAKE」
をトニックウォーター「サキニック炭酸」で割ったカクテル
「サキニック」も提供致しました。

160120_16.jpg

弊社は昨年、「蔵の華 芳醇辛口純米 浦霞」を使用して
「浦霞 MOTOZAKE 純米」を発売、そのお披露目と
MOTOZAKEカクテルのご紹介を致しました。

「浦霞 MOTOZAKE 純米」とトニックウォーター「サキニック炭酸」
のお取扱店様等につきましては下記よりお問合せ下さい。
http://www.urakasumi.com/contact/


続いて、皆さまお楽しみの「抽選会」へ!
160120_17.jpg

浦霞の限定酒各種を用意致しました。

160120_18.jpg

160120_19.jpg

当選者が次の賞品の当選者を引きます。
最後の1等「白鳥 浦霞」だけは社長の佐浦が引きます。


160120_20.jpg

さあ、「白鳥 浦霞」はどなた様の手に!!

緊張の当選者の発表です!!

と、その前に、和太鼓演奏を皆さまにお楽しみ頂き、
当選者発表は演奏の後に。


今年の和太鼓演奏者は「閾(いき)」さん。
160120_21.jpg

宮城県内の各和太鼓団体の枠を越えて集まった
和太鼓ユニットです。

160120_22.jpg

太鼓の音や響きに会場も大いに盛り上がりました。

太鼓演奏の後、佐浦より御礼を申し上げ、
お待ちかねの1等「白鳥 浦霞」の当選者発表です!!!

160120_23.jpg

160120_24.jpg

当選されましたお二方、おめでとうございます。
お酒を飲んだ後も、器を飾ってお楽しみ下さい!

「白鳥 浦霞」を当選された方に手締めをお願いして、会は終了。

160120_25.jpg

ご参加頂きました皆さま、ありがとうございました。
2016年もどうぞ「浦霞」をよろしくお願い致します。