うらかすみ便り

archive [2016.03]

「浦霞&蒼天伝の酒の会」参加者募集中(酒蔵レストラン宝主催)


こんにちは。企画課の笠原です。

弊社もオフィシャルパートナーとなっている
東京・有楽町の「酒蔵レストラン宝」様にて、
宮城県気仙沼市の株式会社 男山本店(銘柄「蒼天伝」)様
とご一緒にお酒の会を開催することとなりました。

一夜で宮城の『美味しい』を堪能できるイベントです。
たくさんのご応募をお待ちしております。

【浦霞&蒼天伝の酒の会】

●日時:4月9日(土) 開宴18:00(受付17:30)~閉宴20:30(予定)
●場所:酒蔵レストラン宝
   東京都千代田区丸の内3-5-1  東京国際フォーラムB1
●定員:80名様(先着順)
●会費:8000円(税込)
●お申込み・問合せ:
 酒蔵レストラン宝  TEL 03-5223-9888
●お料理:
 気仙沼市唐桑・戸羽平の畠山正則さんがつくる「もまれ牡蠣」や
 "めかぶ王"小野寺庄一さんの絶品!採れたてめかぶ、
 「元祖厚切り鰹の塩タタキ」を中心に今回のお酒に合うコースを
 ご提供いたします。
 ゲストとして食材の生産者も参加する予定です。
●お酒:
 株式会社 男山本店様、 「蒼天伝 純米大吟醸」 ほか3種

 弊社、 「
花は咲く 蔵の華 純米吟醸 浦霞」 ほか2種 
 ゲストとして、株式会社男山本店 菅原社長、弊社社長 佐浦
 も
参加する予定です。

             
160322.jpg

第17期「うらかすみ日本酒塾」、第6回講義開催


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、第17期「うらかすみ日本酒塾」の第6回講義を開催しました。

「うらかすみ日本酒塾」は、20歳以上の一般消費者の方を対象とした、
浦霞主催の日本酒セミナーです。
毎年9月から翌年3月の半年間、月1回のペースで毎月テーマと講師を
変えて開催しています。

3月の第6回講義のテーマは「日本酒の原料と各地の取り組み方」。
講師は、橋本建哉氏(宮城県産業技術総合センター主任研究員)。

160312_03.jpg

講義内容
========
 1.お酒の原料はお米
 2.酒造好適米とは
 3.酒造りに用いられる酵母
 4.代表的な酵母とその特徴
 5.宮城県で開発された各種の酵母

160312_04.jpg

そして、今回の「きき酒」は、原料米別と使用酵母別にみて頂きました。
下の写真左から
原料米別
 【山田錦】 山田錦純米大吟醸 浦霞
 【五百万石】 大那 純米吟醸 那須五百万石
 【亀の尾】 鯉川 純米大吟醸 KOIKAWA

使用酵母別
 【7号酵母】 眞澄 山廃純米大吟醸 七號
 【9号酵母】 香露 大吟醸
 【ほの馥酵母】 蔵の華 純米吟醸 浦霞


160312_05.jpg

6回目の講義ということもあり、皆さん、きき酒の際には迷うことなく
コメントを書き込んでいて、半年間の成長を感じました。

皆さんがひと通り「きき酒」をされた後、挙手により気に入ったお酒の
投票を行い、橋本先生から各お酒の特長をお話し頂きました。

160312_08.jpg

半年間に渡って開催してきた第17期「うらかすみ日本酒塾」
も今回の講義をもって終了です。
講義終了後に修了式を行いました。

160312_06.jpg

修了式では、弊社代表取締役社長佐浦より、一人一人に
修了証、受講証明証、オリジナル巾着、そして酒造り体験で
受講生の皆さんが仕込んだお酒を手渡し致しました。

受講生が仕込んだお酒は、オリジナルラベルにての
弊社からのプレゼントです。

160312_09.jpg

月に1度、テーマ別で勉強して、実際に酒造りを体験され、
塾生の皆さんにとっても特別なお酒になったことと思います。



修了式の後には会場を移動して、懇親会を開催。

160312_07.jpg

懇親会では、一番楽しみにしていた「受講生の皆さんが仕込んだお酒
を酌み交わしながら、思い出話に花が咲きました。


第17期の同期会幹事様も決まり、今後もこのご縁・酒縁が
広がっていくことが今から楽しみです。

17期の皆さま、半年間ありがとうございました。
そして、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

====>>>
来年度「第18期うらかすみ日本酒塾」 受講生を募集しております。
応募締切:2016年5月31日必着
6月に入りましたらご応募頂いた方に開講スケジュールと申込書
を送付致します。
「うらかすみ日本酒塾」に関するお問合せは、下記からお願い致します。
http://www.urakasumi.com/contact/

新商品「浦霞 伊達な苺酒」発売します!

こんにちは!企画課の小野寺です。


いよいよ3月18日(金)、仙台駅が新しく生まれ変わります。
「エスパル東館」と「仙台駅東西自由通路」が新規オープンし、
宮城県の魅力をより多くの人に発信できる場所が増えます。

その開業に合わせ、新商品「浦霞 伊達な苺酒(だてないちござけ)」を
318日(金)より限定発売
することとなりました

Ichigo_Set_s.jpg

 浦霞 伊達な苺酒  (数量限定商品)  
 
  内容量 500ml
  原材料名 清酒・苺・糖類・クエン酸
  アルコール分 9度以上10度未満
  価格 1,800円(税抜)
  
  販売場所 地酒とワインの店 ケヤキ(仙台駅1F)
       酒仙蔵 吉岡屋(エスパル仙台本館B1F)
       
藤原屋 みちのく酒紀行(エスパル仙台東館2F)
       
上記店舗をはじめ、仙台駅構内の酒類取扱店舗 ※一部取扱いの無い店舗もございます。

この商品は、「純米酒 浦霞」に宮城県山元町産の苺「もういっこ」を漬け込んだ
「食材王国みやぎ」の美味しさが詰まった苺リキュール。
フルーティーな苺の香りと、上品な甘み・ほどよい酸味が調和したなめらかな味わいに仕上がりました。

 

おすすめの飲み方は【ストレート】、【オン・ザ・ロック】、【ミルク割り】。

オン・ザ・ロックにすれば、さらにさわやかな苺酒の風味をお楽しみいただけます。
氷が溶けてしまうと味が薄くなってしまいますので、
氷も苺酒もしっかり冷やして、小さめのグラスで飲むのがポイントです!

ミルク割りは、まろやかで優しい甘さがくせになる美味しさです。
弊社おすすめの割り方は、ミルク:1に対し苺酒:6という割合。
ミルクと苺のバランスが丁度良く、どちらの美味しさも味わえますよ。
皆様もぜひいろいろ試して、自分の丁度良い割合を探してみてください!


新しい宮城県のお土産として、「浦霞 伊達な苺酒」をどうぞよろしくお願いいたします!


「純米吟醸生酒 浦霞 春酣」本日発売!


こんにちは。企画課の笠原です。


本日3月12日、「純米吟醸生酒 浦霞 春酣」が発売されます。
 ※地域や店舗により発売日は異なります

160312_01.jpg

純米吟醸生酒 浦霞 春酣

 純米吟醸酒らしい米の旨味と果実のような香り、
 生酒のフレッシュな味わいがお楽しみいただけます。

  原料米 トヨニシキ、山田錦
  精米歩合 50%
  アルコール分 16度以上17度未満



担当した本社蔵杜氏 小野寺は、
「香りと味のバランスの良い出来になりました!」
と自信の仕上がりになりました。

160312_02.jpg

是非、春の食材と合わせてお楽しみ頂ければと存じます。

販売店に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

  浦霞醸造元 株式会社佐浦
   TEL 022‐362‐4165
   メールでのお問い合わせはこちら

「帆手祭」が執り行われました


こんにちは。企画課の笠原です。


昨日3月10日、鹽竈(しおがま)神社で、
陸奥に春を告げる 火伏せの祭り「帆手祭(ほてまつり)」が
執り行われました。

午前11時30分、神輿が202段の急な階段(表参道)
一歩一歩ゆっくりと下り始めました。

間近で見ると迫力は倍増。
御神輿の重さと急階段で左右に動きながらも
慎重に降りてくる姿が印象的でした。

160310_03.jpg

160310_04.jpg

160310_05.jpg

12時前に無事、下に到着。
見物をしていた方々から拍手がわき起こりました。

その後、塩竈市内を渡御、弊社本社蔵前も午後6時頃に通りました。

160310_06.jpg

160310_07.jpg


午後7時前、鹽竈神社、表参道に再び戻り、
202段の階段を登っていきました。

160310_08.jpg

160310_09.jpg


参加された皆さま、1日お疲れ様でございました。

次回の御神輿は、4月の第4日曜日に行われる「花まつり」です。
桜が咲く鹽竈神社の階段を上り下りする光景も迫力があります。

4月も是非塩竈へ遊びにお越し下さい!


「帆手祭」の詳細はこちらをご覧ください
http://www.shiogamajinja.jp/topics/201602hote.html