うらかすみ便り

第17期「うらかすみ日本酒塾」、第6回講義開催


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、第17期「うらかすみ日本酒塾」の第6回講義を開催しました。

「うらかすみ日本酒塾」は、20歳以上の一般消費者の方を対象とした、
浦霞主催の日本酒セミナーです。
毎年9月から翌年3月の半年間、月1回のペースで毎月テーマと講師を
変えて開催しています。

3月の第6回講義のテーマは「日本酒の原料と各地の取り組み方」。
講師は、橋本建哉氏(宮城県産業技術総合センター主任研究員)。

160312_03.jpg

講義内容
========
 1.お酒の原料はお米
 2.酒造好適米とは
 3.酒造りに用いられる酵母
 4.代表的な酵母とその特徴
 5.宮城県で開発された各種の酵母

160312_04.jpg

そして、今回の「きき酒」は、原料米別と使用酵母別にみて頂きました。
下の写真左から
原料米別
 【山田錦】 山田錦純米大吟醸 浦霞
 【五百万石】 大那 純米吟醸 那須五百万石
 【亀の尾】 鯉川 純米大吟醸 KOIKAWA

使用酵母別
 【7号酵母】 眞澄 山廃純米大吟醸 七號
 【9号酵母】 香露 大吟醸
 【ほの馥酵母】 蔵の華 純米吟醸 浦霞


160312_05.jpg

6回目の講義ということもあり、皆さん、きき酒の際には迷うことなく
コメントを書き込んでいて、半年間の成長を感じました。

皆さんがひと通り「きき酒」をされた後、挙手により気に入ったお酒の
投票を行い、橋本先生から各お酒の特長をお話し頂きました。

160312_08.jpg

半年間に渡って開催してきた第17期「うらかすみ日本酒塾」
も今回の講義をもって終了です。
講義終了後に修了式を行いました。

160312_06.jpg

修了式では、弊社代表取締役社長佐浦より、一人一人に
修了証、受講証明証、オリジナル巾着、そして酒造り体験で
受講生の皆さんが仕込んだお酒を手渡し致しました。

受講生が仕込んだお酒は、オリジナルラベルにての
弊社からのプレゼントです。

160312_09.jpg

月に1度、テーマ別で勉強して、実際に酒造りを体験され、
塾生の皆さんにとっても特別なお酒になったことと思います。



修了式の後には会場を移動して、懇親会を開催。

160312_07.jpg

懇親会では、一番楽しみにしていた「受講生の皆さんが仕込んだお酒
を酌み交わしながら、思い出話に花が咲きました。


第17期の同期会幹事様も決まり、今後もこのご縁・酒縁が
広がっていくことが今から楽しみです。

17期の皆さま、半年間ありがとうございました。
そして、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

====>>>
来年度「第18期うらかすみ日本酒塾」 受講生を募集しております。
応募締切:2016年5月31日必着
6月に入りましたらご応募頂いた方に開講スケジュールと申込書
を送付致します。
「うらかすみ日本酒塾」に関するお問合せは、下記からお願い致します。
http://www.urakasumi.com/contact/