うらかすみ便り

「藻塩焼神事」が執り行われました

こんにちは!企画課の小野寺です。

7月4、5、6日は御釜神社で「藻塩焼神事」が執り行われました。

160708_1.JPG

この神事は古代の製塩方法を現代に伝える神事として
宮城県の無形民俗文化財に指定されています。

その製塩方法とは、海藻を用いて濃度の高い塩水を作り、煮詰めて作るというもの。

この一連の工程を、3日間に分けて儀礼として執り行われるのが「藻塩焼神事」です。

【7月4日 藻刈神事】
隣町の七ヶ浜町・花淵浜沖付近から、海藻のホンダワラを刈り採ってきます。

【7月5日 水替神事】
神社敷地内にある神釜の水を入れ替える神事です。
松島湾釜ヶ淵から満潮時の海水をくみ、神釜の水を新しい水に替えます。

【7月6日 藻塩焼神事】
敷地内にある製塩用の鉄製平釜で塩を作り、参列者に振る舞われる他、
御釜神社、7月10日の鹽竈神社例祭に供えられます。



神事が行われる御釜神社は、弊社のすぐ近くにあります。
鹽竈神社の末社で、鹽竈神社に祀られている盬土老翁神(しおつちおぢのかみ)が
製塩に用いたとされる四口の「神釜」が泰安されています。


7月6日の藻塩焼神事の日は、朝から雨が降ったり止んだりと不安定な天気。
それでも神事は執り行われました。

160708_2.JPG

まずは、平釜の上に竹の棚をのせてホンダワラを広げます。
その上から海水を注ぎます。

160708_4.JPG

火打ち石で釜に火入れする作業は、雨により火のつきが心配されて
いましたが、無事に火がつきました。

160708_3.JPG

釜に火をつけたら、竹の棚をはずし、榊でお祓いをします。


160708_5.JPG
遠くにいても熱が伝わるほどの火の強さの中、
神職の方々はアクを取りながら釜の海水を煮詰めていきます。
このアク取りでは、釜のアクを取りつつ「悪」も取っているそうです。

160708_6.JPG

それからしばらくすると、少し灰色がかった藻塩が出来上がりました。


160708_7.JPG

出来上がった藻塩が供えられ、神事が終了すると、
弊社のお酒も含めた御神酒や藻塩が参拝者にも配られました。
雨の中でも、多くの人が藻塩を求めて並んでおり、地域に根付いた神事だと感じました。

160708_8.JPG

7月10日(日)の鹽竈神社例祭、7月18日(月・祝)のみなと祭と
塩釜の夏のお祭りはまだまだ続きます。
せひ遊びにいらしてください!