うらかすみ便り

第18期「うらかすみ日本酒塾」、第2回講義開催


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、第18期「うらかすみ日本酒塾」の第2回講義を開催しました。

「うらかすみ日本酒塾」は、20歳以上の一般消費者の方を対象とした、
浦霞主催の日本酒セミナーです。
毎年9月から翌年3月の半年間、月1回のペースで毎月テーマと講師を
変えて開催しています。

10月の第2回講義のテーマは「日本酒の香りと味わい」。
講師は、日本酒コンサルタントの松崎晴雄先生です。

161015_01.jpg
松崎晴雄氏(日本酒コンサルタント、プロきき酒師)


講義内容
========
 1.香りと味わいの違い(原料、製法、地域性)
 2.香りと味わいの整理
 3.ラベルの見方・表示されている項目
 4.きき酒について

161015_02.jpg

後半は「きき酒」です。

下の写真左から
【高精白】 蔵の華 純米大吟醸 浦霞
【低精白】 純米酒 精粋 七福神(岩手県)

【辛 い】 蔵の華 芳醇辛口純米 浦霞
【甘 い】 南部美人 All Koji 2016 全麹純米仕込み(岩手県)

【北の酒】 蔵の華 純米吟醸 浦霞
【南の酒】 西の関 美吟 純米吟醸(大分県)

以上の6つの日本酒をきき酒しました。

161015_03.jpg

きき酒の仕方やポイント、よく使われる味わいの用語など、
プロきき酒師の松崎先生の講義に、参加者は熱心に
メモを取っておりました。


講義後は、講師を務めた松崎先生を囲んでミニ懇親会を開催。
今回の講義テーマが「きき酒」だったため、「きき当てクイズ」も
自由参加で開催しました。

161015_04.jpg


161015_05.jpg

161015_06.jpg

講義で使いました弊社の3銘柄。
 ・蔵の華 純米大吟醸 浦霞
 ・蔵の華 芳醇辛口純米 浦霞
 ・蔵の華 純米吟醸 浦霞

こちらを、ラベルが見える状態のものと、新聞紙で包み、ラベルを
隠したもの(A、B、C)と2つ用意して、それぞれをきき酒して頂き、
どれがどのお酒かを当ててもらいました。

会の後半、正解発表と松崎先生からポイントをお話頂きました。
ポイントは、まず新聞紙に包まれたほうのお酒をきき酒する
とのことです。
ラベルを見てしまうと先入観にとらわれてしまうとのこと。

161015_07.jpg

18期生の皆さん、お疲れ様でした。

次回11月は「酒造りと杜氏」です。
講師は、弊社本社蔵杜氏・小野寺邦夫が務めます。
こちらもどうぞお楽しみに!!
18期生の皆さん、こちらもどうぞお楽しみに!!

====>>>
第18期の募集は終了致しました。
第19期の募集要項は2017年6月頃の配布を予定しております。
「うらかすみ日本酒塾」に関するお問合せは下記からお願い致します。
http://www.urakasumi.com/contact/
※一般消費者の方を対象としたセミナーとなります。