うらかすみ便り

2016年度「うらかすみ塾生会セミナー」を開催しました


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、「うらかすみ塾生会セミナー」を開催しましたので、
その様子をご報告致します。

 ====
 「うらかすみ塾生会セミナー」とは、20歳以上の
 一般消費者の方を
対象とした浦霞主催の日本酒セミナー
 「うらかすみ日本酒塾」の卒業生向けのセミナーです。
 ====

「うらかすみ日本酒塾」 3期から17期までの卒業生、
17名の方々にご参加いただきました。


「日本酒塾」を卒業されてからも、「日本酒」に興味を持ち、貴重な
お時間をさいてお越し頂き、私どもも大変嬉しく思っております。


2016年度のセミナーは「若者の清酒の嗜好」と題し、
宮城大学食産業学部の金内誠先生にお話頂きました。

「若者の清酒の嗜好」
 ①飲酒文化
 ②20~30代の若者の飲酒の現状
 ③嫌いな要因の解析、苦味と購買意欲
 ④お酒と料理の相性

161026_01.jpg


金内先生の論文「清酒の苦味度の予測について」(日本醸造協会誌)
で研究されたこと、導き出された結果をもとにお話頂きました。


若者にインタビュー調査をした結果、味に関するキーワードで
ある特徴が出たそうです。
お酒を飲む方は「Sweet(甘味)」、お酒を飲まない方は「Bitter(苦味)」
というワードが多く聞かれたそうです。

若者は苦味に関して強いセンサーを持っていて、「苦味=危険」
と感じるとともに、若者が好きな「甘味」が「苦味」によって
消されてしまうと感じているのではないかと仮定。
「疎水度測定方法」で出た分析値と官能評価を比べた結果、
官能的な苦味度とANSの蛍光強度には極めて高い相関関係
が認められたそうです。

アカデミックなお話を聴かせて頂きました。

講義後半は、「お酒と料理の相性」。
こちらも食材の成分や温度、お酒のタイプ別とアカデミックに
整理して、お話いただきました。

161026_02.jpg


講義の後は、金内先生を囲んでのミニ懇親会。

161026_03.jpg


皆さん、講義を聴いた感想や質問等を金内先生にされており、
ミニ懇親会も盛り上がり、「塾生会セミナー」は終了。

ご参加頂きました皆さん、金内先生、ありがとうございました。


====
「うらかすみ日本酒塾」は、卒業後も引き続き日本酒へ興味を持って
頂き、知識を深めて頂きたいと、定期的にイベントを開催しています。
ご興味ある方は、まずは「うらかすみ日本酒塾」へご参加ください。

第18期の募集は終了致しました。
第19期の募集要項は2017年6月頃の配布を予定しております。
「うらかすみ日本酒塾」に関するお問合せは下記からお願い致します。
http://www.urakasumi.com/contact/
※一般消費者の方を対象としたセミナーとなります。