うらかすみ便り

「全国新酒鑑評会」で本社蔵・矢本蔵ともに金賞受賞!


こんにちは。企画課の笠原です。

本日、平成28酒造年度「全国新酒鑑評会」入賞酒の発表があり、弊社は本社蔵・矢本蔵ともに金賞を受賞致しました。

おかげさまで本社蔵は37回目、矢本蔵は14回目の金賞受賞となりました。
本社蔵の37回という受賞回数は単一の製造場としては全国でもトップクラスの回数と言われており、また一つ回数を重ねることができ大変嬉しく思っております。

本社蔵、矢本蔵の杜氏より皆様へ御礼の挨拶を申し上げます。
===
本社蔵 杜氏 小野寺邦夫
「金賞」を受賞することができ、嬉しく思っております。
この度受賞することができたのは、蔵人はじめ社員の皆さんのご協力があって最後まで順調に仕上げることができ、今回の結果につながったのだと思っております。
本当にありがとうございました。

===
矢本蔵 杜氏 赤間 勲
今年の吟醸造りは米が硬く旨味のあるお酒に仕上げることに苦労しました。
製造担当者一丸となり取り組んだことで今回の成績を得られたことを皆で喜んでいます。
ありがとうございました。

170518_03.jpg


また、宮城県からは23製造場が出品、入賞が21製造場、金賞が20製造場の高い評価を受けることができました。
宮城県の金賞受賞数は福島県(22場)に次いでおしくも全国2位でしたが、受賞率では87.0%と2年連続で全国1位となり、また入賞率も91.3%と2年ぶりに全国1位となりました。

今回の受賞を励みに、社員一同、今後とも高品質な日本酒をお届けするため努力を重ねて参る所存です。
「浦霞」そして宮城県産酒への引き続きましてのご愛顧を宜しくお願い申し上げます。


詳しい内容や受賞一覧は独立行政法人酒類総合研究所のホームページから参照ください。
http://www.nrib.go.jp/kan/kaninfo.htm

※「全国新酒鑑評会」とは、その年に製造されました清酒を全国的な規模で調査・研究することにより、清酒の品質向上に寄与することを目的とした鑑評会です。
成績が優秀と認められた出品酒には「入賞」、入賞酒のうち特に成績が優秀と認められた出品酒には「金賞」が与えられます。

170529_04.jpg
170529_05.jpg
170529_03.jpg