うらかすみ便り

「純米夏酒 浦霞」が飲める店


こんにちは。企画課の笠原です。

季節商品が飲めるお店を紹介しているコーナー。
今回は6月中旬より発売している「純米夏酒 浦霞」(季節限定)
が飲めるお店(仙台市内)を弊社営業部の中村がご紹介致します。

(1)「土井親方のこだわり料理 縁」様
http://kodawari-en.com/
TEL 022-263-1030
宮城県仙台市青葉区大町2-13-9 幸田ビル 1F
 地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩約6分

170630_02.jpg


仙台の料理界の中でも、押しも押されぬ重鎮の土井親方のお店。
出汁がでしゃばらず、文字通りいい塩梅なんですわ。
いつ食べても安心できるというか、ホッとしますねえ。
その出汁をたっぷりと含んだ自慢の出汁巻き玉子はオーダー必須です。
旬を迎えつつあるカツオの刺身も、角がピンと立って美しいなあ。
奥様と二人三脚で切り盛りされる店内は、いつも常連さんでいっぱい。
今日は、その常連さん方にも純米夏酒を振る舞わせていただき、楽しく賑やかに時間が過ぎてゆき
ました。


(2)「和食と天ぷら ぜふ」様
TEL 022-268-8485
宮城県仙台市青葉区国分町2-1-20 うめはらビル2F
 地下鉄南北線「広瀬通駅」より徒歩約7分
 地下鉄東西線「青葉通一番町駅」より徒歩約6分

170630_01.jpg


ねこ舌のこちらにとって、揚げ物とは諸刃の剣。
大好きなのだが、舌は焼け、口中は切れるという厄介なシロモノである。
しかしながら、天ぷらときたら、それこそ池波正太郎センセがエッセイの中で「親の敵にでも会ったように揚がるそばからかぶりつくようにして食べなきゃならぬ」である(笑)。
塩で食べると上品な感じだけど、天つゆにどっぷりとつけても食べたいな~
おお、なんとも粋な職人さんが一品一品テーブルまで運んでくれますよ。
ほんのりと中だけ火を入れたホタテが甘いわ~。
才巻きはもちろん、旬の野菜も美味いわ~。
もちろん、アナーキストのこちらとしては、穴子の一本揚げをオーダーせねばならぬ。
そして、一緒に楽しむ「純米夏酒 浦霞」が口の中の油をサラリと洗い流してくれるのだよ。

※アナーキスト 本来の意味は無政府主義者



「和食と天ぷら ぜふ」様からイベント開催のお知らせ
===
夏彩の賞味会 ~浦霞 夏酒と一緒に楽しむ会~【要予約】

開催期間:7月24日(月)~31日(月)※毎日開催
時間:
月~木 17時~1時(L.O.24時半)
金・土 17時~3時(L.O.2時半)
日・祝 17時~24時(L.O.23時半)
お一人様 5,400円(税・サ込み)
献立一例
先付 真つぶのずんだ和え
御造 がぜうに、かつお、白身
焼物 仙台名物厚切り牛たん、浅漬け、味噌南蛮
冷し煮物 夏野菜・穴子有馬煮・南瓜ソース
揚物 天ぷら、海老、ホタテ、アスパラ
酢物 金華山沖 毛ガニ酢
御食事 冷しあかもくうどん
2時間飲み放題付き

※2名様~受付
※仕込み状況により内容が変更となる場合がございます
※御予約のお客様全員に自家製とり味噌プレゼント

お問合せ、お申込
和食と天ぷら ぜふ
電話:022-268-8485

夏限定のお酒「純米夏酒 浦霞」を「土井親方のこだわり料理 縁」様、「和食と天ぷら ぜふ」様でお楽しみ下さい!