うらかすみ便り

「藻塩焼神事」が執り行われました


こんにちは。企画課の笠原です。

毎年、7月4、5、6日は弊社本社蔵にほど近い御釜神社で「藻塩焼神事」が執り行われ、今年も開催されました。

鹽竈神社の境外末社・御釜神社では、毎年7月4日から6日迄の3日間御祭神・塩土老翁神にゆかりの「藻塩焼神事」が斎行されます。
この神事では、海藻を用いて濃度の高い塩水(鹹水)を作り、これを煮詰めて塩を作る一連の行程が儀礼として再現されます。
古代の製塩方法を伝える神事として宮城県の無形民俗文化財に指定されています。
御釜神社には塩土老翁神が製塩に用いたと伝えられる4口の神釜が奉安されています。
この神釜は世に異変があるときに水の色が変じるとされ江戸時代には水の色が変化すると藩へ報告がなされていました。
※鹽竈神社HPより http://www.shiogamajinja.jp/


【7月4日 藻刈神事】
隣町の七ヶ浜町花淵浜沖に神事船を出し、ホンダワラと呼ばれる海藻を刈り取ります。

【7月5日 水替神事】
松島湾釜ヶ淵より満潮時の潮水を汲み、神釜の水を入れ替えます。
170706_1.jpg



そして、本日7月6日は【藻塩焼神事】です。
製塩用鉄製平釜の上に竹の棚を設け、ホンダワラを広げた上から海水を注ぎ、これを煮詰めて塩を作ります。

170706_2.jpg

今日は梅雨の中休みで晴天に恵まれ、多くの方が集まりました。

まずは、平釜の上に竹の棚をのせてホンダワラを広げます。
170706_3.jpg

そして、その上から海水を注ぎます。
170706_4.jpg


火打ち石で釜に火をつけたら、竹の棚をはずし、榊でお祓いをします。

170706_5.jpg

170706_6.jpg


神職の方々はアクを取りながら釜の海水を煮詰めていきます。
このアク取りでは、釜のアクを取りつつ「悪」も取っているそうです。

170706_7.jpg


170706_8.jpg

火をつけて、約1時間30分後、少し灰色がかった藻塩が出来上がりました。

170706_9.jpg

出来上がった藻塩が供えられ、神事が終了すると、弊社のお酒も含めた御神酒や藻塩が参拝者にも配られました。

170706_10.jpg

塩釜は、7月10日(月)の鹽竈神社例祭、7月17日(月・祝)のみなと祭と夏のお祭りはまだまだ続きます。
せひ塩釜へ遊びにいらしてください!