うらかすみ便り

第15回「浦霞を楽しむ夕べ」を開催いたしました

こんにちは!企画課のさいとうです。

先日、第15回目となる「浦霞を楽しむ夕べ」を開催いたしました。

pic18.jpg


会場は、塩釜市にあるフランス料理の名店「シェヌー」。
この会では、浦霞のお酒と旬の宮城の食材を使用したシェヌーさんの料理を参加者の皆さんにお楽しみいただくイベントです。
イベント開催前より打合せを重ねて、当社の日本酒を赤間シェフや吉田ソムリエら皆様が事前にテイスティングされ、ペアリングでベストマッチの特別メニューが考案されています。

そんな「浦霞を楽しむ夕べ」の特別メニューをご紹介します。


今回は赤間喜久シェフが3品、赤間善太スーシェフが3品担当されました。
赤間善太スーシェフは赤間喜久シェフの息子さんです。
スーシェフはシェフを支える副料理長です。

第15回 浦霞を楽しむ夕べ
---
日時:2017年11月4日(土)18時~
会場:フランス料理「シェヌー」 http://www.cheznous.co.jp/
人数:34名
会費:7,400円

~アミューズ・ブーシュ~
生春巻き、ベトナムの思い

pic4.jpg                                    

赤間喜久シェフのお料理です。
弊社冨谷と話をしていた時に、シェフがベトナムに行くという話をしたところ、冨谷がその思い出みたいな一品があると良いですねと言ったところから、生春巻きを作ろうと思ったそ
うです。

生春巻きはベトナムから購入し、季節を狙って柿と和梨を使用し、オリジナルというよりはなるべくベトナムに味に近くしたそうです。

低アルコール純米酒「萩の白露」

pic19.jpg

~シェフのコメント~
萩の白露は、和梨のような香りがし、すっきりとした味わいのお酒です。
生春巻きの具材を引き立たせ、ソースの酸味や辛みを柔らかくする印象です。

~前菜(1)~
仙台味噌のフランとライスミルク

pic5.jpg

赤間善太スーシェフのお料理です。
シェヌーさん定番メニューの海の幸のロワイヤルスープををアレンジし、和の食材とあわせると日本酒にあうかなと考え、仙台味噌とライスミルクをあわせたそうです。
                               

「生酛 きもと 特別純米酒 浦霞」:
特別に準備しました。


~シェフのコメント~
生酛特別純米酒は、ヨーグルトのような香りがし、ふくよかな味わいのお酒だと 思います。
お酒の風味が味噌やライスミルクの味わいときれいに重なります。



~前菜(2)~
つぶ貝と帆立貝のポワレ、バルサミコ風味のブールブランソース

pic6.jpg

赤間喜久シェフのお料理です。
つぶ貝と白ワインバターソースにバルサミコで絵画のように演出したそうです。


特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞」:

pic20.jpg

~シェフのコメント~
生一本は、お米本来の香りが感じられ、甘味と酸味が調和した上品な味わいのお酒です。
バルサミコを使ったブールブランソースの酸味とお酒の酸味がうまくまとまります。


~魚料理~
鮃のヴァプール、マッシュルームと海老の二色ソース

pic7.jpg                    

赤間喜久シェフのお料理です。
季節のお魚としては鮃を初めて使ったそうです。
ソースはマッシュルームのソース、オレンジソースは海老のソースだそうです。
                

「蔵の華 純米大吟醸 浦霞」:

pic22.jpg

~シェフのコメント~
蔵の華純米大吟醸は、メロンのような香りとフレッシュ感のあるお酒です。
鮃の繊細な味とソースがバランスよく楽しめます。

~肉料理~
仙台牛と牡蠣のコンソメ仕立て、リゾットとばら干し海苔添え

pic10.jpg          

赤間善太スーシェフのお料理です。
お茶漬けをイメージしたそうです。
注いでいるのは鰹節の風味が日本酒にあわせられるかなとコンソメに鰹節を入れたものだそうです。
      

純米吟醸 浦霞禅」:

pic21.jpg

~シェフのコメント~
浦霞禅は、パイナップルのような香りがし、ミネラル分を感じるキレがよいお酒です。
仙台牛や牡蠣との相性もよく色々な食材を引き立ててくれる偉大なお酒です。

~デザート~
枝豆のムース、梅酒のグラニテ添え

pic11.jpg

赤間善太スーシェフのデザートです。
枝豆のムースはずんだ餅をイメージしたそうです。
添えてある梨は和梨を使いたかったそうですが、和梨はシェフが生春巻きで使うと言うことでシェフに譲り、洋梨を使ったそうです。


食事が終わったところで赤間喜久シェフ、赤間善太スーシェフからメニューについての説明を頂き、吉田ソムリエからあわせたポイントについて説明を頂きました。

pic17.jpg

左から 吉田ソムリエ、赤間喜久シェフ、赤間善太スーシェフ、弊社社長佐浦。


今回は、赤間シェフが兼ねてより「訪問したかった」というベトナム視察でうけた刺激を、アミューズ・ブッシュに表現するなど、メニュー決めを入念に取り組んで頂き、また、親子でお料理を分担するなど楽しい構成でした。


pic1.jpg

写真右から
低アルコール純米酒 萩の白露
きもと特別純米酒 浦霞(非売品)
特別純米酒 生一本 浦霞
蔵の華 純米大吟醸 浦霞(流通限定)
純米吟醸 浦霞禅
リーデル 大吟醸グラス