うらかすみ便り

「純米吟醸生酒 浦霞 春酣」が飲める店(仙台編)

こんにちは。企画課の笠原です。

2月下旬より発売している「純米吟醸生酒 浦霞 春酣」、お飲み頂けましたでしょうか?
今回は「純米吟醸生酒 浦霞 春酣」が飲めるお店(仙台市内)を弊社営業部の中村がご紹介致します。


「お寿司と旬彩料理 たちばな」様
https://www.tachibana-sushi.com/
仙台市青葉区一番町3-3-25 たちばなビル5F
TEL 022-223-3706

たちばなさんは、弊社の先代社長の時代より、仙台における代表的な弊社商品の取扱い飲食店として懇意にさせていただいております。
本日は早い時間におじゃまさせていただきましたので、いつもお忙しいイケメンの直哉専務とゆっくりと話すことができました。

180307_01.jpg

さて、本日はまず旬のおすすめの「白魚の柳川風」をオーダーしてみます。

180307_02.jpg

卵にやさしく包まれた可憐な小さな命を感謝していただきます。
これを春酣と合わせますと、東北の春はまだもう少し先ですが、口の中がひと足先に春たけなわな訳なんですわ(笑)


そして、こちらではロール寿司も楽しまなくてはいけません。
ドラゴンロールはふっくらした穴子さんとコクのあるクリームチーズがとても良く合うんです。
直哉専務のアメリカ修業時代はウナギを使っていたとのことですが、アナーキスト※のオイラとしてはこの方が身の脂が軽くて好ましいと感じます。

180307_03.jpg

老舗ですが、決して敷居は高くありません。ぜひたちばなさんに足をお運びください!

※アナーキストは穴子好きという意味で使用しておりますが、本来は無政府主義という意味です