うらかすみ便り

平成29酒造年度「全国新酒鑑評会」で矢本蔵金賞受賞!


こんにちは。企画課の笠原です。
本日、平成29酒造年度「全国新酒鑑評会」入賞酒、金賞酒の発表があり、弊社は矢本蔵が15回目の金賞受賞となりました。

矢本蔵 杜氏 赤間 勲の喜びのコメントです。
==
今年度原料米「山田錦」の米質についての情報が諸説あり、また充分ではなかったので、麹、酒母、醪(もろみ)それぞれの作業工程で状態を都度細かく確認・判断しながら仕込みました。
例年より苦労致しましたが、製造担当者全員の頑張りもあり想定していた酒質に仕上がり、今回の成績を得ることができ、大変嬉しく思います。
これからも製造担当者一同酒造りに励みますので宜しくお願い致します。

180517_3.jpg


今回の金賞受賞もひとえに皆様方のご支援の賜物と深く感謝しております
引き続き「浦霞」へのご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


詳しい内容や受賞一覧は独立行政法人酒類総合研究所のホームページから参照ください。
https://www.nrib.go.jp/kan/h29by/h29bymoku_top.htm

※「全国新酒鑑評会」とは、その醸造年度(7月から6まで)に製造されました清酒を全国的な規模で調査・研究することにより、清酒の品質向上に寄与することを目的とした鑑評会です。成績が優秀と認められた出品酒には「入賞」、入賞酒のうち特に成績が優秀と認められた出品酒には「金賞」が与えられます。