うらかすみ便り

小野寺杜氏 優等賞首席受賞/南部杜氏自醸清酒鑑評会


こんにちは。企画課の笠原です。

先月、岩手県花巻市にて「第99回南部杜氏自醸清酒鑑評会」の表彰式が執り行われました。

180525-1.jpg

明治44年から今年で99回目を重ねる歴史と伝統のあるお酒の品評会です。
「南部杜氏」は日本三大杜氏流派のひとつであり、主催する一般社団法人南部杜氏協会は682名(平成29年時点)の会員が登録する、全国規模の酒造り職人の組織です。
その中でも高い酒造りの技術を持ち蔵人達を束ねるプロフェッショナルである「南部杜氏」の資格の保有者は、全国の酒蔵で活躍しています。

その南部杜氏たちが新酒の出来映えを競う「第99回南部杜氏自醸清酒鑑評会」で、このたび弊社本社蔵が「吟醸酒の部」「純米吟醸酒の部」「純米酒の部」で優等賞受賞。
特に「吟醸酒の部」においては小野寺杜氏が「首席」を受賞しました。


180525_12.jpg


180525-8.jpg

180525-9.jpg

◎浦霞醸造元はトップクラスの受賞回数!
吟醸酒の部において、浦霞醸造元としては計6回目の優等賞首席受賞となり、また、本社蔵の優等賞受賞回数も65回目となりました。
65回の受賞は酒蔵としてはトップクラスの受賞回数です。

180525-10.jpg

180525_14.jpg


◎小野寺杜氏 、2度目の首席受賞!

小野寺杜氏としては、第96回(平成27年開催)に純米吟醸酒の部での優等賞首席受賞に続く、2度目の首席受賞となりました。



「吟醸酒の部」優等賞首席受賞に際し、弊社本社蔵杜氏 小野寺邦夫よりの喜びのコメント
==
平成29年産の酒造好適米の品質に関する事前情報が十分ではなく、また新しい洗米設備の導入もあり、今期の吟醸づくりは不安と期待を抱きながらの取り組みとなりました。
そのような中、丁寧にこつこつと酒造りをしてきた製造社員および蔵人一同の努力、そして応援して頂いた皆様のおかげで今回の首席受賞を得ることができたと思っています。
深く感謝しております。今回の受賞を糧にまた新たな「浦霞」の歴史を重ねていきたいと思っています。
引き続きご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

180525-11.jpg

180525-6.jpg


「第99回南部杜氏自醸清酒鑑評会」の受賞結果
・吟醸酒の部、優等賞「首席」受賞
・純米吟醸酒の部、優等賞受賞
・純米酒の部、優等賞受賞